サッカーワールドカップ開幕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ4年に一度のワールドカップが始まりました。

日本には是非頑張ってベスト8を目指して欲しいですね・・・

また眠れない夜が続きます・・(笑)

 

さて、WCに関して気になったニュースがあります。

 

英紙ガーディアンの報道によれば、2010年にカタールでWC開催が決定されてから今日までに、スタジアム建設現場の作業員6500名が命を落としたそうです。

原因は過酷な労働環境による事故と熱中症。

カタールの人口の9割は海外からの出稼ぎ労働者。

インドやパキスタン、バングラディッシュからの出稼ぎ労働者が、気温50℃の中で働き、飲料水もすぐにお湯になる様な環境だったそうです。

 

バルセロナのスペイン人DFエクトル・ベジェリンは、今回のWCに対して次のように述べています。

「僕たちを断絶させるような出来事ばかり大きくなっていくし、それはすれ違いや不公平を伴う。この壁を取り払う唯一の方法は、自分たちの中に人情や共感、愛情を見つけ出して、自分たちのコミュニティを信じ、その中につながりを生み出すことだ。僕たちは今の偏った社会の中で、お互いを人間として見つめ合う必要がある」

 

和の精神の根底には、「相手を尊重すること」「他人を気遣えること」があるそうです。

和の精神を世界中に広げたいですね。

そして我々は、WCでお気に入りのチームを応援しながらも、その影で犠牲になった人たちがいた・・ということを忘れてはなりません。

 

 

 

0 コメント

インフルエンザ発生数

毎週厚生労働省のHPにインフルエンザの発生数が掲載されています。

発熱外来をやっている関係上、この辺の動向には敏感に反応できるようにしています。

ついに大阪府では1週間の発生数が3桁に到達しました。

東京都でも85まで増え、毎週次第に発生数が増加傾向です。

埼玉県は先週1週間で3人の報告。

でもその前の週は2名だったので、これも徐々に増加傾向です。

だいたい埼玉県は東京都が増加してから数週後に引っ張られるように増加傾向になるんです。

 

海外のいろいろなデータからは、インフルエンザとコロナの同時感染をした人は、重症化率、死亡率とも激増します。

「俺、いままでインフルエンザは罹ったこと無いからワクチンは打たなくて良い」

は自分の命を賭けた博打かも知れません。

今年はインフルエンザワクチン数は十分にあるようです。

是非皆様、インフルエンザワクチン、そしてオミクロン株対応コロナワクチンを接種しといて下さい。

 

ワクチン接種無しに、重症化して医療機関に来ても、我々医療従事者からすると、「それってある意味自己責任じゃん」と考えてしまう部分があります。

出来る予防は早めにして下さい。

 

私、院長もワクチン嫌いなのですが、インフルエンザも4回目のコロナも打ちました。

昨年、身をもって体験しましたから・・・

 

0 コメント

皆既月食

火曜日の18時過ぎから皆既月食が始まり、19時15分頃に皆既食状態になって、小1時間続くそうです。

今回を見逃すと次は3年後の予定・・・

 

しかも今回の月食に付属して、天王星食という惑星食も見られるとのこと・・・

この月食と惑星食が同時に起きるのは非常に稀で、次は西暦2235年!!

同様に前回、月食と惑星食が同時に起こったのは442年前・・・なんと戦国時代のことでした。

1580年というと、織田信長が大阪の石山本願寺を降伏させた年。

あの姫路城が建設された年です。

 

さて、2235年にはどのような世の中になっているのでしょう?

そんなことを考えながら、21世紀の天体ショーを見てみましょう。

 

あ、でも院長は診療中で見れないかな? 

いや、ちょっとその時間は患者さんも外で月を見ようよ!!

 

落ち着いてたらいいなぁ・・・

0 コメント

大阪 南部の方々に朗報

11月1日に、大阪府泉大津市に、「よしはら・すずきクリニック」が開業しました。

標榜科は内科・消化器内科・救急科・麻酔科です。

そう!救急科を標榜するクリニックが出来たのですよ。

しかも急患は夜21時半まで診てくれるそうです。

 

鈴木先生は岸和田徳州会病院で救急を専門にやってこられたDr.です。

これで南大阪周辺も救急事情が改善されると良いですよね〜。

 

大阪の皆様も是非、応援してあげてくださいね。

HP:https://ys-clinic.miyuki-kai.or.jp/

0 コメント

川越マラソンの派遣医師になりました

来る11月27日日曜日に、川越市制100年記念 2022小江戸川越ハーフマラソンが開催される予定です。

2011年から始まった川越マラソンですが、2020、2021年とコロナの影響で開催されませんでした。

従って、今年のマラソン大会が第10回のanniversary大会となります。

ま、それよりも市制100年というのを川越市は大々的に言いたがっているので、そっちが優先なのでしょうけど。

 

そして過去に散々文句を付けてきた、マラソン大会の医療体制ですが、今年もたいして変わりません。

医者が常駐しているのは、スタート&ゴールである、川越水上公園と、中間地点である資源化センターの2ヶ所だけです。

東京マラソンでは5km毎(コース後半に至っては2km毎です!!)に救護所が設けられて、各救護所には医師、看護師らが常駐しています。

さらに医療関係の大学生らが、自転車にAEDを積んで、走者とともに数百m間隔で併走します。

また、HP上で半年前から参加者に対して医療情報を掲載し、自己管理をお願いしています

https://www.marathon.tokyo/participants/medical/

 

なんで2番煎じの川越マラソンでは出来ないのかがよくわかりません。

それならば、実際に現場に出てみよう!と思い立ち、今年は院長が医師会の公募に手を挙げて、中間地点の資源化センターの救護所担当医師に立候補しました!

 

もしかすると、ランナーの方々が救護所医師から施しを受けると、違反とかリタイヤ扱いになってしまうかも知れません。

でも、ランナーの方々が救護所医師に施しをしても違反では無い気がします。

なので、当日ハーフを走られる方は、是非!院長に何か差し入れを!!

きっと寒いだろうし・・・心だけでも温めてください。

 

皆さんが楽しそうに目の前を通過していくのをお待ちしております。

 

0 コメント

梅毒流行してます

本日10月27日木曜の読売新聞オンライン」トップニュースです。

昭和20年〜30年あたりにかけて国内でも流行が見られた梅毒。

最近徐々に増加してきているのは知ってましたが、今年は例年に無く増加したようです。

 

感染経路は性交に伴うものが多く、コロナによる自粛ムードが解禁されはじめて、SEX産業に通い始めた人、SNSやマッチングアプリで不特定多数の人との性交渉が増加しているため・・です。

とくに年代別に見ると20歳台が圧倒的に多くなっています。

 

梅毒は症状がわかりにくく、進行しないと見つからないケースが多い病気です。

症状などの詳細は、

https://medicalnote.jp/diseases/%E6%A2%85%E6%AF%92?utm_campaign=%E6%A2%85%E6%AF%92&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

とか、

https://medicalnote.jp/contents/151112-000008-JHQULH

をご覧下さい。

 

ちなみに先週1週間に埼玉県で新たに発覚したインフルエンザ患者数は4人ですが、梅毒は6人です。

東京都に至っては、インフルエンザが2人に対して梅毒は31人も見つかっています。

 

不特定の相手との性交渉はできるだけ控えましょう。(特に20代男子!気をつけろ!)

予防にはコンドームを使用する・・・が一番です。

 

 

0 コメント

クレーマー

爪楊枝メーカーに、「爪楊枝から木の匂いがする!!」というクレームが入ったそうです。

いま、TBSごごスマでやってました。

 

そういえば最近、骨折の人に対して、順番が来るまで待たせた後(約2時間くらい)、X線撮影後に説明しようとしたら、ご家族が「何時間待たせるんだ!」「名札をしてないなんて信じられない」「傷病者が痛がってるのにこんなに待たせるなんて!」と機関銃のようにクレームを付ける方がいらっしゃいました。

結局骨折部の整復は拒否。外固定のみで怒って帰られました。

 

受付してその場で診れるかどうかは、その時の状況によって変わります。

他にも苦しい、辛い患者様が順番に待たれているので、よほど生命の危険が無ければ順番に診ていってます。

どうしても優先的に診て欲しければ、お抱え医師を雇えば良いのではないですか?

年俸で2000万円くらい出して頂ければ雇われるお医者さんいると思いますよ。

 

自分以外の方々の気持ち、立場になって発言して頂けるとありがたいし、世の中はそうやって良い社会になっていくと思うのですが・・・

 

他人を思いやる気持ち、持って欲しいです。

当院スタッフにも浸透させたいです。

 

0 コメント

昨夜は・・・

ウエスタ川越の広場で、千葉県のお酒を味わう会が催されたので、クリニックの仲間3人と行ってきました。

まあ、我がクリニック内の酒飲みな人達が集まって行ったのですが・・・

 

左の写真の様な各種日本酒が飲み放題。

ちょっとしたおつまみはありましたが、これだけでは腹の足しにはなりません。

事前に19時から川越駅前の「雑魚や」さんで0次会。。。

みんなは生ビールを2−3杯飲んでましたが、銘柄が院長の嫌いなやつだったので、私は芋焼酎をロックで3杯・・・

 

そして21時からウエスタに乗り込んで1時間飲み放題でした。

と言っても3杯しか飲めなかったけど、みんなでいろんなお酒を味わってきましたよ。

 

中には「これうんめー」というお酒(獺祭みたいなちょっと甘めの美味しさ)や、すっと入ってくるやや辛口のお酒などもあり、「おっ、千葉県産のお酒も侮れんな・・・」という感じでしたよ。

 

埼玉県もこういうのをやれば良いのに。。。。音頭取りが居ないんでしょうかね?

どうも翔んで埼玉じゃないけど、千葉が気になってしまう・・・

そして埼玉県より千葉県の方がまとまってきてる気がするなぁ。

 

 

1 コメント

ソフトバンク負けました・・・

オリックス!おめでとう!!  今年はインフルワクチンの割引無いな・・・

0 コメント

よし!勝った!

クライマックス第1ステージ。

vs 埼玉西武ライオンズ・・・

 

埼玉県に住んでおいて、福岡SBHを応援するのも申し訳ありませんが・・・・無事、勝利しました!

 

第1戦、第2戦と、主砲柳田選手が3点、4点と大活躍。

 

この調子でオリックスにも勝ちたい!

そして日本シリーズで勝ったら、インフルエンザワクチン割引きしまっせ〜!!

 

ペナントレースで優勝すると思ったから、もう大入り袋買うてますがな・・・(なぜかえせ大阪弁)

 

皆さんもソフトバンクホークス応援したってや〜!!

 

 

0 コメント

ま・・負けた!

なんと!

最終決戦で、引き分けでも良かったのに!

オリックスが引き分けでも良かったのに!

 

負けました・・・・・

 

オリックス2年連続優勝・・・おめでとうございます。

 

ああ、くやしい。。。

 

 

ということで、せっかく大入り袋購入したのに、使えませんでした。

くっそーーー

 

あとはクライマックスシリーズで下剋上しかないぞ!!

 

そして日本一になったら、大入り袋使えるし・・・

 

皆様もクライマックスシリーズの応援を!!!!!

 

0 コメント

ついに最終戦決戦になっちゃいました!

本日、パリーグ最終戦です。

我らがソフトバンク・ホークスは、勝つか引き分け、あるいはオリックスが負けるか引き分けで優勝します。

でも、ホークスが負けてオリックスが勝つとオリックスの逆転連覇になってしまいます。

本日夕方からの試合にご注目!!です。

 

もちろんホークス優勝の暁には、インフルエンザワクチン接種を予約されている方々に、2022年優勝記念大入袋を配布致します!!(500円/人還元)

 

ん?明日の予約枠ってまだ残ってるんじゃない?

 

さあ、みんな!ホークスを応援しよう〜〜〜!

0 コメント

One of the Ns.

昨年12月から当院にいらっしゃる看護師です。

 

なんでも日本全国を自転車で回ろうと思ったらしく、実家のある川崎からチャリで西に向かったらしいのですが、広島で挫折・・・

関東に戻ってきて、なぜか当院に来たらしいのです。

 

雇用目的でやってきて、当院の看護部長が面接し、本人は採用されたと思い、12月から働いているのですが・・・

よーく考えてみたら院長はまだ面接していないのでした。

 

なので、院長的には未採用者でして・・・と言うことは解雇も出来なくて・・・仕方ないから置いてやってます(笑)

 

皆さんが来院された際に、この顔にピンときたら、「あんた、まだ採用されていないんだって〜???」と優しい言葉をかけてあげて下さい。

 

現在、院長の厳しい中途採用試験を実施中です。すでに数回不合格になっています・・・

酒ばっかり飲んでないで、勉強しろよな!

 

 

0 コメント

虫歯!

私、院長の汚い口の中の写真で恐縮です。

左の写真が左下第6歯、右の写真が右下親知らずの写真です。

いずれも虫歯になっていたので、当院の魚系歯科医師および酒系歯科衛生士のお姉さんに治療してもらいました。

 

親知らずは抜け!と言われましたが、かたくなに拒否・・・

(だいたい医療系の人間が患者としては一番質悪いんですよ・・・)

そしたら抜かずになんとか治療してくれてます。

 

当院では、患者さんの意向にできるだけ則した治療を心がけております。

怖いから・・・痛いから・・・不安だから・・・で全身麻酔での抜歯なども行っています。

仕事に影響を及ぼさないように土日の治療もやってます。

 

歯や口腔のお悩みある方は是非一度ご相談下さいね。

 

 

 

0 コメント

医療安全勉強してます

① 基本的に、これを行えば安全というものは存在しない

② リスクを的確に把握し、それを回避することが安全である

③ リスクの把握には状況に応じた柔軟な対応が必要

 

特に①は響きました。

いろいろな病院では、医療安全委員会ってのがあって、いろんなマニュアルが書かれているんです。

たとえば、見えない静脈を穿刺する際はエコーで評価しながらこうやって刺せ・・みたいな。

そうするとマニュアルオタクが発生して、「マニュアルどおりにやらないとダメ!」って言い始めるんです。

「マニュアル通りにやれば良い」

「マニュアルから外れてはいけない」

 

もちろんマニュアルは知ってく必要はありますが、それに捕らわれてはいけないんですね。

基本的な方針を知っている上で、状況に応じて的確な対応をする。

それが一番安全・・・と。

 

たしかにマニュアルだけやれば良いなら、医師とか看護師とか薬剤師とか各種の国家資格は必要なくて、高校生のアルバイトを雇ってマニュアル配れば良いですもん。

国家資格を持つと言うことは、自分の判断で対応出来るということ。

もちろんそのための知識や技術を持っていると言うことです。

 

我がクリニックのスタッフにはいつもそういう話をしているのですが・・・

他の医療機関でやってきた看護師達は最初は非常に戸惑います。

でも自分の責任の下にいろいろな場面での対応をしていく・・わからなければ他の人からの助言の元に、さらに考えて動くことで、次第にプロフェッショナルな人間になっていきます。

 

他の施設から見学に来る方々も結構いらっしゃるのですが、多くの方々が当院のスタッフの動きを見て驚きます。

「え?そこまで看護師さんが判断しちゃうんですね?」

「スタッフがここまで動いてくれるとお医者さんとしては楽ですよね〜」

 

医療安全学を学べば学ぶほど、マニュアル通りにやらなくて良い!自分の頭で考えろ!という風土を今後も維持したいと思っています。

 

0 コメント

インフルエンザ流行るらしいですよ

新学期が始まって、再びオミクロンの艦船数が増えてきているような印象がありますね。

 

でも、今年はインフルエンザも流行する予想が立てられています。

実際、すでに散発的に患者さんは出てきたようです。

 

 

長野県内の学童施設ではインフルエンザのクラスターが起きました。

左の表を見て頂くと、各県で数名の患者さんが発生している状況がわかります。

 

そして南半球のオーストラリアやニュージーランドでは今年の冬(日本では夏)に、インフルエンザが猛威をふるったという情報が・・・

 

最近2年間はコロナの影響でか、まったくインフルエンザは流行しなかったので、日本人の身体には、すでにインフルエンザに対する免疫力がだいぶ低下しているものと思われます。

この冬は、コロナとインフルエンザの「ツインデミック」が発生するリスクが高いと言われています。

 

いつもは動きの遅い日本政府も、今年はインフルエンザワクチン生産をいつもより増産させたそうです。

本当に入荷するかどうかはわかりませんが・・・当院は12月初めまで接種可能な本数を確保しました。

 

「今年も流行しないよ・・・」という根拠の薄い発言を信用して重症化するより、転ばぬ先の杖・・・是非ワクチン接種を!!

 

 

0 コメント

ポチと呼ばれる男

当院にはポチと呼ばれているNs.がいます。

ま、犬の名前でよく付けられる名称ですが・・・

 

彼が当院に赴任してきた頃、以前から働いていたNs.の一人の後ろをずっと付いて歩いている姿から、『ずっと〇〇君の後ろを付いて行ってるね・・』『飼い犬みたいじゃん?』

 

そこで彼に付いたあだ名が『ポチ』・・・

 

皆さんが患者さんとして来院された際に、ポチ!という声が聞こえたら、『お手!』って言ってみてください(笑)。

間違って、『ハウス!』って言うといなくなります。。。

 

もうすぐ彼も当院に来て1年が過ぎます。

そろそろポチも一人歩きさせないとかなぁ・・と考えております。

 

あ、餌はやらないようにお願いいたします。

クセになるので・・・

 

0 コメント

雨の夜は読書でも・・・

続きを読む 0 コメント

我がクリニックの職員も心がけて欲しい

 

患者さんがここを受診して良かったと満足してもらえる対応を・・・

福井大学救急科・総合診療部 教授 林 寛之 先生

0 コメント

マスメディア出演のギャラ・・・

当院開業以来、様々なメディアで取り上げて頂きました。

TV、ラジオ、新聞、雑誌など、いろんなメディアに出演させていただき、皆様にもたくさん観ていただきました。

 

で・・・よく皆様から聞かれる下世話な話題ですが・・・「ギャラっていくらもらえるの??」

 

すっごくたくさん聞かれるんです。

中には、「あなたお医者さんやってるよりTVに出続けた方が儲かって良いんじゃない?」とまで言う方もいらっしゃいます。

今日はその辺の裏事情をお話ししましょう!

 

まず、よくあるニュース番組・・・

当院を一番最初に取り上げてくれたのは、NHKの夕方のニュースの地域ニュース枠でした。

その後も、報道特集とか救急医24時とかスーパーJチャンネルとか・・・いろいろなニュースに登場させて頂きましたが、基本、ニュース番組は出演料は出ません。0です。

だって、ニュースですもん・・・・火災現場を見た人(やじうま)とか水が吹き上がってるのを見に来た観光客と同じ立ち位置ですからね。

ただし、何らかのコメントを求められたり(コロナ禍で電話対応が増えました)、スタジオで出演したりする場合はお車代(数千円から数万円)を頂けます。

 

次にバラエティ番組・・・

これは番組毎に予算が割り振られているので、だいぶ差があります。

BSの番組は予算少ないので数万円(本当に1−2万円程度)ですが、有名な番組では結構な額をいただける場合もあります。

最高額は金スマの〇十万円でしたっけ・・・?

まあ、現場撮影に3週間、スタジオで6時間撮影しましたので、時給にするとだいぶ安いんですけど・・・

 

ニュースは生放送が多いんですけど、バラエティなどは収録なので、通常放映時間の倍程度の時間の撮影を行いますね。1時間番組なら2時間程度・・・

んで、不要な場面をカット・・・

 

たいてい私、院長の偶像を「現代の赤ひげ」とかにしたがるので、クリニックの廊下で踊っている姿やパンツ姿で歩く姿はカットされます(笑)。

また、生放送で医療以外の話題を振ると私、爆弾発言する可能性があるので、生放送はできるだけ真面目な話題に終始しますね・・・

「逆転人生」では山里さんとの会話の中で何度か「カットされるかな?」と思った場面がありましたが、NHKは使ってくれましたね。

 

さて、ラジオもそこそこ出演しました。

でもラジオって基本、スタジオに行かないとダメなんですよ。

院長はラジオのスタジオ、大好きです。

できればパーソナリティやってみたいくらい・・・

現場に行ってお話しするので、お車代(1万円程度)は出してくれます。

 

雑誌の取材は逆に出版社には行きません。

なのでお車代は出ませんし、謝礼として数万円程度いただければラッキーです。

一度、週刊誌の取材で阿木燿子さんとの対談があったのですが、あれは都内の某会議室に行って対談したので、お車代くれました。

でも、むしろそんな有名な方とお話させていただけるなら0でも行きます!って感じで・・・

たった一度お目にかかっただけの、馬の骨医師にもかかわらず、阿木燿子さんは今でも年賀状を送って頂けます。

そういうところ、すごいなあと思っております。

 

書籍出版・・・

「救急で死ぬ人 命拾いする人」という刺激的な題名の本を出しました(出版社が付けましたが・・)。

筆者が思っていたよりも遙かに売れたようで、印税130万円もいただきました。

おかげで当院の救急車をヤフオクで85万円で落札。さらに往診車を35万円で落札しました。

でも、作家の人って年収500万円を稼ごうと思ったら、ああいう本を年に4冊も著作しないといけないんですね。

いや、大変だわ・・・・

 

結論・・・スタジオなど、どこかに行ってお話をする場合はお車代(ギャラって言わない)をいただけますが、メディアの方がクリニックに来て収録する場合は0です。

ギャラって言うのは、メディア側から出演依頼が来て、事務所とかと出演交渉の上で決まる出演費のことなので、院長もどこかの事務所に所属しないとダメですわ・・・

なので・・・マスメディアに沢山出させていただいても、まったく儲けにはつながらないのでした。。。。

 

よし、次は大河ドラマにでも出演させてもらうか・・・・!

 

 

1 コメント

当院のコロナ関連のよもやま話

お盆中もたくさんのコロナ疑いの発熱患者さんがいらっしゃっています。

16時からの診療受付のために13時頃から並ぶ方々が後をたちません。

発熱している方が並ぶのは避けていただき、できるだけ健常な方が受付していただけますようお願いいたします。

 

 

そんな状況なので、『どこの医療機関も診てくれない』という理由で救急車を呼ぶ方がいらっしゃいます。

当院にも受け入れ要請来ますが、外来受診に長時間並ばれた方々を差し置いて、救急車だから優先的に診るということはしていません。

残念ながら緊急性が低いと判断した場合は、救急車の受け入れをお断りしています。

 

さて、受診されても、診察して処方できるのは単なる感冒薬です。

いわゆる対症療法という、咳があれば鎮咳薬、熱があれば解熱薬という具合のお薬なので、市販のルルとかパブロンとさほど効果は変わりません。

あえて言えば、『医者にもらった』というあんしんかんが違うくらいでしょうか?

あ、たまにコロナだと思って受診された患者さんが違う疾患だったりもしますね。

それは医者じゃないと判断難しいかも・・・

 

今日も朝9時から受付開始前に、午前、午後の定員をオーバー・・・11時過ぎには夕方からの定員にも達し、本日の診療可能上限になってしまいました。

あぶれてしまった方々・・・ごめんなさい!

 

 

0 コメント

コロナを扱う医者の生活

今週末の私の生活は右のような感じ・・・

診療(仕事)と睡眠ばかりで、日曜の夜にようやく自由時間が少し。

 

後の楽しみは食事時間ですけど・・・これも診療中のわずかな食事時間には救急車からの要請がくるし。。。

土曜日は翌日(日曜)の明け方6時まで患者さんがいたので、わずか2時間半睡眠で日曜の朝9時から外来再開。

 

それでも毎日コロナの患者さんは後を絶ちません。

 

政府は抗原検査を配布することで医療者の負担を軽減させる・・とか言ってますが、結局診断確定のためには受診が必要ですので、外来患者数が減ることはあまり無いのです。

 

昔から日本の医療システムは、現場の医療従事者の献身的な努力無しには成り立っていません。

患者さんたちが発熱や頭痛などで辛いのは理解しています。

でもこの状況では医療従事者も辛い毎日を過ごしているのです。

お互いに相手の立場を慮って、笑顔で診療&受診できる環境を作りましょう!

 

どこぞの医療機関では患者さんの怒号が響いているようです。

我がクリニックに来られる方には笑顔を忘れないでいてほしいです。

我々スタッフも、皆様が笑顔になれるように頑張ります。。。。。

 

 

 

0 コメント

熱中症が急増!

ここ連日、35℃以上の猛暑日が続いていますね。

できるだけ屋内の涼しい場所で過ごすことを推奨します。

やむを得ず外出する場合は、水分をリットル単位で飲むことをお勧めします。

 

当院でも熱中症で搬送されてくる方が急増しています。

中には熱中症が原因と思われる心肺停止の方まで・・・

当院を受診される熱中症疑いの患者様に『ちゃんと水分摂取はできてましたか?』と聞くとほとんどの方が『水分は十分に摂っていた』と言われます。

みんな自分はしっかり摂取している・・と思い込んでいらっしゃるようですが足りてないんですね。

 

熱中症の対応についての記事もたくさん出ています。

参考にしてください。

 

熱が出たら、感冒症状がないかどうか考えましょう。

特に喉の症状や咳があるならコロナの可能性があります。

 

熱、嘔気、ふらつきなどだけなら熱中症も疑います。

まずは自分でできる応急処置を・・・

 

0 コメント

いよいよ外来も閉鎖かな?

左の記事を見て下さい。

カロナール(アセトアミノフェン)が出荷調整になるそうです

カロナール・・・解熱鎮痛薬で、流行中の。Covid-19感染症に最も処方されている解熱鎮痛薬です。

 

第7波で急激に患者数が増えたため、製造&出荷が間に合わず、各医療機関への配分を調整しますよ・・って事ですね。

当然、大学病院や大病院を優先的に配分するので、当院のようなクリニックには入荷がきびしいかも・・・って思ってたら、すでに当院の残薬数があと2000錠程度。

これ以上の入荷は未定だそうです。

 

1回2錠、頓用で5回分の処方で、1人当たり10錠使用するとして、200人分しかありません。

現在、毎日50人は診療しているので、4日しか持たない計算です。

 

しばらくは院外処方で行けるかも知れませんが、いずれ不足するでしょうし・・・

 

すでに子供用の制吐薬とか抗アレルギー薬とか品薄になってるし・・・

 

そうなったら発熱外来出来なくなるなぁ。

 

厚労省や県はどう考えてるんだろう??

 

0 コメント

埼玉新聞、Yahoo Newsに載せていただきました

7月24日(日)の埼玉新聞に当院の状況が掲載されました。

全国の各クリニックでこんな状況が続いています。

 

経済優先で行動制限しなかったらこうなってしまいました。

やっぱり行動制限って必要ですね・・・

経済界、政界、マスコミの皆さんにも今回の出来事を覚えておいて欲しいです。

 

あとは、国民の皆様がどっちを選ぶか・・ですね〜

https://news.yahoo.co.jp/articles/abf05c23f655465b62095c58d1d177fe07176d29/images/000

0 コメント

最近は・・・寝不足で・・・

ここ数日、毎日16時の開院前に写真のような状況です。

開院と同時に20-30名の患者さんが受付します。

 

無尽蔵に受け付けても、診察が0時を回ってしまうので、当日内に終了できる範囲で受付を締め切っています。

だいたい診療終了が30名で22時、40名で24時ですね。

なので、ここ数日は40名限定です。

まあ、40名ではなく、40組なので日々50-60名の患者さんの診療をしていることになりますね。

 

他院でも「発熱は受け付けない」とか「かかりつけでないと受けない」などで救急車の受け入れもかなり悪化しています。

おかげで夜中に4−5台以上の救急車がやってきて・・・ここ数日は連日、細切れ3時間程度の睡眠時間です。

なんだか大学生の時とか20才台の時以来の寝不足だなぁ。

 

毎日他のDr.のSNSを見て、「ああ、みんな頑張ってるな〜」とモチベーションを上げつつ頑張っております。

待ち時間が長時間になってますが、ごめんなさいね。

 

2 コメント

またコロナか〜!

昨年の7月末・・私、院長が当時流行していたデルタ株に罹患してしまいました。

当時私はまだワクチンには懐疑的立場でしたので、1回も接種してませんでした。

29日に発症。8月に入ると高熱を出し、39.9℃という人生最高値をたたき出し、その後に酸素飽和度88%という入院基準を確実に満たす状態に陥りました。

さいわい、私自身の処方が著効して8月の2週目には復活を遂げましたが・・・

 

今年も!!クリニックのスタッフから陽性者が出ました。

なので本日と明日は臨時休診です。申し訳ありません。

 

でもね、毎日、毎日、30人以上の陽性の方々と接している仕事なので、まあ、移ることもありますよ。

マスクしてたって、飛沫は防止できても、ウィルス自体はブロックできませんしね。

 

院長のPCR結果が陰性なら、15日金曜から通常診療の予定です。

院長も陽性なら・・・また10日間休業ですかね・・・借金溜まる一方だな・・・

 

いま、PCR唾液取りました。

陰性であることを祈ってください。。。。結果は金曜日、当院が診療しているかどうか?ですね。

 

 

 

 

0 コメント

救急車はすでに有料なんですよ

深夜ならびに休日に救急車で受診すると、救急搬送を受け入れた医療機関に保険点数600点(6000円分)が加算されます。さらに看護師の救急専従体制が取れていればプラス200〜400点(2000円〜4000円)が加算されます。

 

保健所があって3割支払いと考えても3000円は必要。

これって医療機関での支払時に明細に掲載されるはずです。

つまり、救急車を使用して来院すると、自力で来院した人より3000円は多く取られる・・と言うことです。

なんとすでに救急車の利用にはお金が余分に取られていたんですね。

にもかかわらず、自力で無く救急車を軽症で利用する人が後を絶ちません。

 

救急車を呼んで、家族が自家用車で迎えに来るくらいなら、最初から家族の車で受診した方が数千円安いんです。

これをご存じない方がまだまだ沢山いらっしゃいます。

 

自力で来れるなら、自力で来るのが安い!!

 

のです。

以上、ご承知おき下さいませ・・・

 

0 コメント

12周年

我がクリニックも開業して12年が経過しました。

思えば2010年7月・・・「こんな開業してやっていけるかいな?」と不安いっぱいで始めましたが・・・

やっぱり続けるのはなかなか難しい程度に採算が取りにくい医療ですね。

なんとか12年・・・干支が1回転しましたね。

 

いろいろな事がありました。

でも今思うとあっという間に過ぎました。

皆様のおかげで続けて来れたと思います。

ありがとうございます。

 

そもそも院長は50歳過ぎたら無医村や離島で医療に困っている田舎に行って、釣りしたりピクニックしたりしながら悠々自適に医者しようと思ってましたのに・・・

何の因果でこんな忙しいのに儲からない、面倒な仕事してるんだろう?と自問することはよくあります。

 

しかもまた4億円も借金して新しくクリニック建てちゃったから辞められないし・・・

 

はぁぁぁ・・・・誰か変わってくれないかなぁ???

まあ、でも後継者が出来るまで(または破産するまで)がんばりましょう!

 

 

 

0 コメント

熱中症にご注意を

あっ!!という間に梅雨が去り、日本は夏になりました。

梅雨の無いはずの北海道に梅雨前線がかかっており、あたかも例年の梅雨のような天候だそうです。

 

もう、みんな、認めてしまいましょう。

地球は温暖化してます。

私が幼少の時に比べて、熱帯、亜熱帯部分が南北に広がってます。

日本も温帯→亜熱帯に変わってきてますよ。

 

さて、そんな21世紀の日本。

熱中症で倒れる人が年々増えてきています。

 

いろいろな所から熱中症対策とか、熱中症になったら・・とかたくさん出てますよね。

いまさら院長は同じ事は繰り返しません。

ご自分で学習して下さい。(ご参考まで↓)

https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/necchushoyobou.pdf

 

 

ただ、一言・・・・我がクリニックを受診する熱中症疑いの患者さんの9割が、

「水分は結構摂ってたんですけどね〜」

と言います。

 

気温40度とかいうと、外に出ている場合は水分摂取が1Lとか2Lじゃあもう足りないんですね。

でも4L飲んでください・・は無理ですよね〜。

 

熱中症予防対策として、点滴バー始めようかな〜 (保険外診療となります・・笑)

 

 

 

0 コメント

腰痛いです

「頼朝は最近眠れない日々が続いている・・・天に生かされてきたこの男は、気づいているのである。自分の命が残りわずかだと言うことを・・・」

 

前回の大河ドラマのラストシーン・・長澤まさみさんのナレーションです。

 

あ、俺もおんなじ。

「院長は最近眠れない日々が続いている・・・勝手気ままに生きてきたこの男は、気づいているのでアある。自分の腰がやばいことを・・・」

ということで、毎晩1−2回、腰が痛くて目覚めます。

 

「先生、本来入院&安静なんですから、動いてたら痛いに決まってますよ」と整形外科のDr.から・・・

痛みをこらえつつ、よく言われる、「患者の気持ちに寄り添えるように」を実践しています。

 

でもね、痛いっていうのは、自分の白血球が働いて修復機転が働いている証拠なんですよ。

修復の際にプロスタグランディンという発痛・発熱物質が分泌されるので、痛かったり熱が出るんです。

これは風邪の時も一緒。。

 

だから「熱が出た!」ほら、解熱薬。。。ってやってると、修復も遅くなってしまうのです。

なのであまり鎮痛薬使用したくないので、昼間は痛いのを我慢してるんですけど、さすがに夜中に目覚めると眠いのと痛いのとで・・・鎮痛薬服用してしまいますね。

 

 

全治2−3ヶ月・・・でかいコルセットを巻いてますので、通常通り座って診療しにくいので、立ったままの診療になることがあります。

患者さんが座ってて医師が立ってる・・・変な図!と看護師に言われてますが、仕方ない。

がんばります!!

 

 

0 コメント

Happy Birthday !

我がクリニックのNs.manくんがBirthdayです。

アラフォーに突入する年齢だそうで・・・

あ、ちょうど院長が福岡から川越に移ってきた年齢だ!!と懐かしく思い出しました。

あーあ。あれからすでに21年・・・

院長の人生で川越市民が一番長くなってます。

 

40代に突入したら、なかなか九州から関東への移動、そして救命センターへの移動なんか出来ないと思って、清水の舞台から飛び降りる気持ちで埼玉医大総合医療センターへやってきたのでした。

いまでも覚えているのは、4月2日、はじめて救命救急センターに勤務した日に、イチローが大リーグデビューの日だったなあ・・・

 

きっとNs.man君もいつか今日の日のことを思い出して、後進に伝えるのかなあ・・・

 

でもね・・40代はあっという間に過ぎたよ・・・

君も気づいたら50代さ(笑)

今、目の前のこの一日を大切に生きて行って欲しいと願いつつ、ほっこりしている院長でした。

 

くっそー、歯磨いてしまったからこのケーキ明日の朝までおあずけですぅ!!

 

0 コメント

こんな所に・・・

NHK大河ドラマが人気ですね。

さすがは三谷幸喜さん・・・毎週非常に楽しく見させていただいております。

 

先日お昼を食べに行ったお店で、隣のテーブルのビジネスマンらが、

「今年の大河面白いらしいね」

「え?でも鎌倉時代でしょ?わかんね〜よ」

「ちょっと古すぎるもんな」

「平清盛とか出てくんでしょ?結局、源平の戦いですよね?」

などと話してましたが・・・いや!見て下さい。

すっげえ面白いから・・・

 

さて、とある水曜日・・・某病院にアルバイトに向かっているとき、ふと道端を見たところ、眼に入ってきたのが上の写真。(左上)

なんと、狭山市の国道16号線沿いに「源義高終焉の地」と出ていました・・・

ちょっと朝から感動!!

 

さらに川越という名の元になった、河越氏・・・その菩提寺が院長の自宅の近くに!!

なんと源義経の正妻、郷御前(大河「鎌倉殿の13人」では里)はこの河越氏の娘だったんですね〜

 

そして側室だった有名な静御前のお墓も埼玉県久喜市に・・・

 

すげえな埼玉県にも沢山の爪痕が残ってるじゃんか!!

 

毎週日曜日に、870年前に想いを浮かべている院長です。

 

そろそろ源頼朝の命が・・・

0 コメント

腰・・・やっちまいました!

続きを読む 1 コメント

大阪に行ってきました

日本臨床救急医学会が大阪で・・・2年ぶりにオンラインで無く、現地開催されました。

まあ、ハイブリッド形式でオンラインでも診れたんですけどね・・・

 

我がクリニックからは、院長を初めとして、木川副院長、さらには当院の救急救命士2名と当院を卒業した研修医、元当院の救急救命士などなんと弱小クリニックにもかかわらず、7題もの発表をしたのですよ!!

応援者と称して大阪に付いてきた看護師数名らを合わせて16名の大所帯で行ってきました。

 

人数が人数なのでマイクロバスをレンタルし、救急救命士が交代で運転。8時間かけて大阪に到着。

 

まず最初に大阪城へ・・(笑)

流石に秀吉が愛した城ですね。

今まで行ったどの城よりも立派で大きい。

何よりも眼下に大阪平野が一望できる・・・いやあ、良い景色です。

 

そして2泊3日で、昼は学会、夜は飲んだくれ・・。

大阪のお好み焼き、串揚げ、土手焼き、ネギ焼き・・・ああ、美味しい。

 

最終日に木川副院長、そして院長も発表してきました。

 

年に1−2回は当院の存在を全国の救急医療従事者たちに見せて来るのは大事だな・・と改めて感じました。

 

3日間も休診にして申し訳ありませんでした。。。

土曜日から、また頑張ってます。

 

0 コメント

GW

久しぶりの行動制限の無いGWだそうです。

まあ、気持ちはわかりますが、冷静になって考えれば危険と隣り合わせだと言うことはすぐ理解できます。

いまだに東京のコロナ患者発生は毎日5千人いるのです。

そして明かな症状が出ていない患者さんもそこそこいます。

それらの方々が全国にウィルスをばらまきに行くのですから・・・・そりゃ危険だわ。

 

院長は、GW終了後に第7波が来るのは確実だと思ってますよ。

 

そんな中、4月から保険点数が減額になったPCR検査に対して、埼玉県は1例当たり1500円の補助を出してくれることになりました。

おかげでPCR検査をすれば黒字がでる計算になったので、6月いっぱいまで当院でもPCRを続けることにしました。

なぜ6月? それはね〜、埼玉県が補助してくれるのが6月いっぱいの予定だからです!

 

さて、今年のGW・・・皆様はどんな過ごし方?

もう一度3密の防止、石けんでの手洗いを見直しましょう!

 

0 コメント

問題発言・・だそうです

大人と会話できない子供が増えている印象があります。

朝から学校、帰ればTVゲーム・・・親以外の大人から隔絶されて育っているためでしょうか?

おかげで診察の時でさえ、

「こんにちは」「・・・」

「今日はどうしたのかな?」「・・・(一緒に来た親を見る)」

「いつから頭痛くなったの?」「・・・(親の顔を見る)」

「気持ち悪いかな?」「・・・(親の顔を見る)」

といった状態。

 

おそらく大学生、新社会人になってもその傾向は残っているのでしょう。

おじさん達から見ると、若者は「覇気がない」「反応が薄い」「何を考えているのかわからない」と言った意見が多く見られます。

 

講演などで壇上からお話する際に、会場の雰囲気を把握するため・・さらには聴衆の気持ちをほぐすために「ぶっちゃけ話」や「自虐ネタ」などを披露するケースがあります。

とくに反応の薄い方々を相手にお話しする場合は、刺激の強めな話をすることが多くなります。

それが時に問題発言ととらえられるケースが最近は非常に多いようです。

自民党のお偉いさん然り、吉野家の重役然り、どこかの大学教授然り・・・

どこまでが笑って許されて、どこがレッドゾーンなのかという部分も世代間や男女間で差があるし、その人の立場でも変わってきます。

その辺の嗅覚を磨かなければいけないですね・・・

 

それにしてもそういう台詞をSNSで世界に発信して、一人の人間を社会から追放することにどんな意味があるんでしょう?

単にいろんな人からの「いいね」が欲しいためにやったんでしょうかね?

各マスメディアでも批判が相次いでいます。

でもみんな似たようなこと言いますよね?

正義を振りかざすなら、自分も正義を貫く人生を歩んで欲しいと思う院長です。

 

とかく昭和の人間にとっては生きにくい令和だな・・と思います。

0 コメント

遅っせ〜!!まあ、いいか・・・

以前からお伝えしてきましたが、4月1日から全国で新型コロナのPCR検査の保険価格が13,500円から7,000円に値下げされる事になっていました。

2年前、コロナが流行しだした頃は18,000円出してくれてたのに、検査人数が多くなってくるに従って値が下げられてしまいました。

もちろん仕入れ値も検査会社と交渉して安く、安くしてもらってきたのですが、ついに7,000円では人件費、危険手当、各種必要経費を引いたらほぼ収入無し。

なので4月1日からは当院はPCRを止めます!と掲示してきました。

 

そして今月、予定通り1日から今日まで、『PCRを受けたいのですが・・』という問い合わせに対して、『申し訳ありません。当院は4月からPCRは止めてしまいまして・・』と説明しご理解をお願いしてきました。

 

が!!!なんと今日(4月4日)、埼玉県知事名で連絡が・・・(右参照)

3月吉日に書いた文章を4月になってから届けるんじゃないよ! もう何人かお断りしたじゃないか!!

 

でも、価格の低下が少ないなら少しは収入になるかしら?

しかもまだまだPCR希望の患者さんも多いし・・・

 

ということで、当院でも6月いっぱいまでPCRを続ける事にしました。

今日までにお断りしてしまった皆様、本当にごめんなさい。

明日からは今まで通りにPCR検査を行う予定です。

 

 

0 コメント

惜別のランチしました

いよいよ3月も大詰め・・・4月から新たな職場へ旅立っていく人たちとランチしてきました。

 

川越市内のとある隠れ家的なレストラン・・・我がクリニックの御用達です。

パスタ、カレー、リブステーキなどのランチを食べた後、普段はランチに付いているデザートで帰るのですが、今日は特別な日。

シフォンケーキセットにしました。

 

横にアイスが乗ったシフォンケーキが運ばれて来たら、可愛い絵が。。。。

くま、うさぎ、猫(虎か?)・・・

 

そしてシフォンケーキの美味しかったこと!!

旅立つ人たちも、きっと今日ここで食べたシフォンケーキの味は忘れないでいてくれるでしょう。

そしてその度に我がクリニックを思い出してくれたら良いなあ。

いつの日か出戻りすることを期待してます。

 

長いこと一緒に働いてくれて、そして院長と遊んでくれてありがとう。

またね♥️

 

0 コメント

救急救命士の学会ができた?

平成3年(1992年)に救急救命士法が成立し、日本に救急救命士という仕事が出来ました。

それから30年が経過し、ようやく救急救命士の集まり・・学会の元になるかも知れない集会が開催されるに至りました。

 

以前から救急医の間では、「いつまで医者に頼ってるんだ?」とか「救命士が救命士を教育して育てないとプロとは認めない」とか厳しい意見が出されてきました。

2013年に総務省消防庁から「指導的立場の救命士の運用の必要性」が提示され、各地に指導救命士が誕生。

川越にも3名の指導救命士がいて、後身を指導している・・・はずなんだけどな?

 

指導救命士の要件は結構厳しくて・・・

1. 救急救命士として、通算5年以上の実務経験を有する者。

2. 救急隊長として、通算5年以上の実務経験を有する者。

3. 特定行為について、一定の施行経験を有する者。

4. 医療機関に於いて、一定期間の病院実習を受けている者。

5. 消防署内の現任教育、講習会等での教育指導、学会での発表など、教育指導や研究発表について豊富な経験を有する者。

6. 必要な養成研修を受けている者。もしくは一定の指導経験を有する者。

7. 所属する消防本部の消防長が推薦し、都道府県MC協議会が認める者。

とされています。

 

でもね、たとえば5.の学会発表なんか、公務員って未だに隠蔽体質で、なかなか自分達の組織のデータとか、発生した事案とか外部に出したがらないんですよ。

でも、今回、新たに救命士だけの集まりが出来たことで・・・しかも所属にとらわれずに参加できる集まりなら・・・新しい展開が開ける可能性が充分に出来ますよね。

そういう意味でも、院長はこの集まりに期待しています。

新しい職種だからこそ、無限の可能性を秘めていると思ってます。

みんな!がんばれ!!

 

1 コメント

あなたは自国のために戦いますか?

続きを読む 2 コメント

卒業と新入

いよいよ今週末から最高気温が20℃になる様で・・・桜が咲き始めますかね・・・

また今年も桜が見られると思うだけで、幸せな気分になりますね。

ああ、日本人で良かった・・・

 

さて、それに伴い、各学校や職場で卒業、転勤、そして新たな入学、入社のシーズンになります。

 

わがクリニックでも、今月いっぱいで卒業していく人、来月から入社(クリニックが社って言うのかわかりませんが。。。少なくとも入院ではおかしいし・・)する人がいます。

当院で3−4年働いて、4月から他院へ移動する人。

なんだか娘を嫁に出す気持ちって言うんでしょうか・・・不安と期待と、寂しさとうれしさと。。。

そしてやっぱり思ってしまうのが、『上手くいかなかったら戻っておいで。ここが君たちのホームグラウンドさぁ』って。

でも次の職場でがんばって欲しい。

『さすがに川越救急クリニックにいただけあるよね〜』って言われて欲しい。

 

そして4月から新たに仲間になってくれる諸君。

わがクリニックは厳しいよ〜。

医療的能力より社会人としての常識から問われますので・・・(笑)

みんなで一緒に働いて、勉強して、笑って、泣いて・・・沢山の思い出を作りましょうね!

 

全国の卒業生、転勤者、転職者・・・新入生、新人諸君・・・みんなの人生を応援します!

がんばれ!

 

0 コメント

なんでこんなにわがまま??

一部の患者さん、ならびにご家族への文句です。

いつも一方的に文句言われているので、たまには言い返します。

 

「具合が悪くて来てるのに、なんで待たされるんですか!」と言われます。

時間がかかるのは、我々が遊んで待たせているわけではありません。

他にも同様に具合が悪い方々がたくさんいらしているのです。

順番に診療しており、あなたに意地悪をしたくて待たせているわけではありません。

もし、とても具合が悪いようなら、近くのスタッフにお知らせいただければ対応いたします。

 

待たされるのが嫌で、当院から救急車を呼ぶ人がいます。

不要な救急車の利用であり、社会の迷惑です。

本当に具合が悪いなら当院スタッフに言っていただければ対応します。

当院の付近から救急車を要請しても、順番を飛ばして診ることはありません。

救急隊から引き継いで、ベッド上で診察の順番まで待っていただきます。

それが嫌なら他院へどうぞ・・・・

 

「専門医の診察ではありませんよ」とお伝えすると「それならなんで診るなんて言うんだ!」と怒る方がいます。

平日昼間の診療と、時間外の診療を同じと考えられること自体が間違ってます。

時間外は専門医ではない医師が、頑張って専門以外の領域も診療しているのです。

時間外だろうが専門医の診療をお望みの方は自分で探してください。

当院の医師の専門は、救急科(4月から歯科口腔外科が始まります)です。

内科でも外科でも、ましてや耳鼻咽喉科や小児科ではありません。

診れる範囲で診ますが・・・

 

医師と患者さんはお互いに契約関係に基づくものです。

契約書にはたいてい書かれていますよね・・・

「双方の誠意を持って協議の上・・・」って。

医者だって誠意の無い患者さんとの契約は避けたいのです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

0 コメント

対岸の火事では済まされない

ウクライナがロシアに侵略されようとしています。

日々領土が爆撃されている映像がマスメディアに流れています。

 

我々はこれを対岸の火事と見ていて良いのでしょうか?

 

ロシアには、『北方4島だけでなく、北海道もロシアの土地で良いじゃ無いか?』と考えている政治家はそこそこいるようです。

また、韓国はあいかわらず『竹島は我々の土地だ』と主張していますし、『対馬も韓国のものだ』と考えている政治家もいるようです。

中国も『魚釣島は我々のものだ』と言ってはばかりません。

どこの国境地域でも領土問題は多かれ少なかれ存在するのですが、はたして日本政府はこれらの国が突如として侵略してきた場合のシナリオを考えているのでしょうか?

 

実際には起こっていないことを、想定して対策を立てておく・・まさに危機管理能力です。

 

じつは救急医療ってそれに似ていて、目の前の患者さんに何が起こっているのか?想像しながら、いろいろな疾患が存在する場合に対応出来る様にシミュレーションしながら治療していきます。

決して新しい症状が出現してくるまで指をくわえて見ている・・ような事はしません。

 

どうも平成以降の(いや、昭和後期からかな?)日本の政治家、財界の方々には、この危機管理能力が伴わない方々が増えている様に思えてなりません。

平和ぼけ・・・の中でも、考えておくべき事項は沢山あるのです。

 

コロナ対策も、第5波から第6波の間に対策を考えておけば、同じまん延防止政策の繰り返しにならずにすんだでしょうに・・・

また、医療も再びここまで逼迫せずにすんだでしょうに・・・

総裁選挙だの、衆議院選挙だので無駄な時間を過ごしてしまいましたね。

 

我々はウクライナを教訓に、日本を守ることが出来るでしょうか?

 

 

 

0 コメント

いよいよ塩野義・・・

2月25日に塩野義製薬が厚労省に、コロナウィルスに対する薬剤の国内での製造認可申請を出しました。

これが承認されれば、インフルエンザのタミフルのような位置づけで、コロナに対する治療薬になり得ると思われます。

つまり、コロナにかかっても、この薬を服用することで軽症で済む・・・・

 

ボールは厚労省に投げられましたので、あとは認可がいつ降りるのか?です。

やっぱり国産に対しては厳しいのか?

それともコロナに対する薬品だから早期に認可するのか?

これまた見物ですね・・・

 

現場の医療者としてはひとつでも武器が増えるのは良いことです。

早く認可が降りてくれることを願って止みません・・・

 

 

0 コメント

ワリエワ選手のドーピングに思う・・

ROCのワリエワ選手がのドーピング疑惑で女子フィギュア界が揺れていますね。

トリメタジジンという成分が検出された様ですが、心臓の冠動脈を拡張、糖質代謝を促進して心臓に対するエネルギー効率を上げる作用があるようです。

ただ、小児、妊婦などへのデータは無い・・とのこと。

この薬がどの程度の効果を出すのかはわかりません。

 

まあ、いずれにしても本人の意思では無さそうだし、周囲の大人の悪巧みなのでしょう・・・若年者が大人の犠牲になった形かと思います。

 

ワリエワ側は、「祖父が人工心臓を使用しており・・・練習場に迎えに来る・・・」という供述をしたようですが、院長の知る限り、そんなに動き回れる人工心臓を装着した患者さんは見たことがありません。

 

通常は手術待ちまでの短期間(数週〜数ケ月程度)ですが、できるだけの安静を指示されるため、自分で車を運転して孫を迎えに行く・・などは出来ないと思われます。

 

それにしても、一番の被害者はワリエワ自身なのかも知れませんね。

 

いつも一番弱い者が被害を受けます・・・

1 コメント

少し落ち着いてきたかな・・・

ここ数日、当院の受診者も少し落ち着いてきた感がありますね。

2月初め頃は連日50-70人の受診者がいましたが、ここ数日は30-40人に減ってきました。

 

それでもPCR検査をした方々の中の陽性率は50%を越えています。

 

また、救急車の受入要請数も1日10件を越える日が多く、その半分がさいたま市や上尾市、遠くでは越谷市や三郷市からも要請が来ています。

遠くからの要請の多くは、20件、30件と病院に受入を断られて川越にたどり着く救急隊ばかり・・・

どうやら埼玉県の中央から東側はだいぶ医療崩壊に近い状態のようですね。

 

川越市でも日によっては、他院がベッド満床だったり、院内で濃厚接触者が出ただので病棟閉鎖・・あるいは発熱患者は受け入れてません・・みたいな理由で当院に回ってくることがあります。

一昨日も24時間で14件の救急車を受け入れて、近隣の救急医療機関の中でも2番目に受け入れが多かったりしてます。

医療崩壊は近いかも知れませんね。

 

オミクロン株自体はさほど重症度は高くならないと言われていますが、あまりの拡散度合いと、クラスターを起こしたくない医療機関の思惑から、発熱患者の受入を断る医療機関が多く、逆に受け入れている医療機関はベッド満床・・と。

 

みなさん、今こそ、「不要な119要請は控えましょう」を実践すべき時です。

昼間に近隣の医療機関を受診する方が全然早く診察できると思いますよ。

下手すると救急車内で受入先が決まるまで2−3時間待ち・・・なんてことも。。。

 

 

0 コメント

日本国としての対コロナウィルス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のコロナ対策に影響を及ぼす閣僚はこういうメンツでしょうか・・・そして力関係も・・・

あきらかにコロナ対策大臣&厚生労働大臣より、財務大臣&経済産業大臣の方が力がある。

 

1月からPCR検査に対する保険診療の代金が下がりました。4月にはさらに下がる予定です。

当院の仕入れ値では赤字になるので4月以降はPCR検査は止めます。

たとえ毎日10万人の患者が出ても、緊急事態宣言は我慢する・・・国民の健康より経済界に気を使う。

コロナ関連の助成金・・・申請までのハードルが高かったり、使えるものは内容がプアだったり・・・

ファイザー製ワクチンが無くなっても、国産ワクチンに特例承認はしない・・・あくまでもモデルナを使え!と・・こんなところで貿易摩擦の埋め合わせしないで欲しいな。

 

リーダーシップを発揮して欲しいんだけどな〜岸田さん・・・

 

 

 

 

2 コメント

診療報酬改定

保健医療機関の収入は、それぞれの手技や行った医療行為に対して、国が決めた値段でしか請求できないことになっています。

「あの病院は高い」とか「あそこに行くと安くやってくれるよ」といった事は起こりえないのです。

まあ、検査をたくさんしたり、薬をたくさん出せば当然高くなりますけど・・・

 

さて、そのお国が決める値段・・・診療報酬がこの4月に改定されます。

当院に最も関わっているのは、「コロナに対するPCR検査」の値段です。

4月からはなんと今までの75%に下げられます。

これでは人件費、危険手当などを載せると赤字に近づくため、PCR検査を止める医療機関が出てくるのではないかと思います。

当院も、毎日50件以上の感染リスクを背負って続ける価値があるんだろうか?と考えてます。

毎日必ず「こっちは熱が出て辛いんだから早く診ろ!」という非難を浴びながらなので、もう止めようかな・・・??

 

 

0 コメント

昨日は・・・

昨日は16時から外来患者さん(ほとんどがコロナ疑いでPCR検査施行)が50名。

救急車が9台。

そのうち1名は帰宅させられないような状態で、当院に1泊入院の上、今朝まで輸血治療。

 

外来が終了したのは夜中の2時。

その後、病棟で入院患者さんの状況を確認、指示。

朝7時の時点でだいぶ改善傾向となり、9時に当院を退院。

かかりつけの病院に行っていただくことに・・・

何事もなくて良かった〜

 

朝、7時半から、当院に戻ってきたPCR検査結果(陽性者44名、陰性者12名・・・陽性率78.5%??)を56人分電話連絡(右写真)。

その結果を保健所にファックスで連絡。

 

ようやく9時のNs.の交代でみなさん業務終了となりました。

いやあ、看護師もたいへんだ・・・

 

そういえば昨日、PCR検査受けに来た方々の職種で多かったのは、保育士、教師、看護師だったなあ。

みなさん人を相手にする仕事だから気をつけて下さいね。。。

 

0 コメント

引っ越し大変でした・・・

1月22日から新クリニックで診療を開始しました。

15日から一週間かけて引っ越ししたのですが、お金無いので引っ越し業者には頼まず、自分たちで運びました。

いやあ、結構大変でしたね・・・

 

さすがに医療機器類はそれぞれの専門業者さんにお願いして運んでいただいたのですが、棚だとか各種物品は全て自分たちで・・・

まだ旧クリニックにいくつか物品が残ってます。

徐々に運ばないと・・・

 

新しいクリニックは鉄筋コンクリートで建てたので、しっかりしてますね。

そして広い!

廊下も旧クリニックの1.5倍くらいはあるし・・・

今月末までクリニック前に花輪が並んでます(笑)

目の前がパチンコ屋さんなのでちょっと対抗してみました。

 

新クリニックになって、新たな職員も増え、みんな心機一転頑張っていく所存です。

よろしくお願い致します。

 

 

 

2 コメント

くそ野郎!

オミクロンが流行しておりますね。

埼玉県でも毎日2000人以上のPCR陽性者が出ています。

軽症の方が多いので、通常の感冒薬の処方で自宅経過観察の方が多いのですが、ご高齢の方、持病をお持ちの方は入院になっているケースもそこそこあるようです。

 

毎日当院でも問い合わせ電話が鳴り止まない状態です。

でも、中にはひどい電話があります。

 

「今から診てくれる?」

「今は診療時間外なんです・・」

「そういうことを聞いてんじゃねえんだよ!診ねえのかよ!」ガチャン!

 

ほんとクソ野郎です。

そういう方は診療時間内でも診たくないですね。

 

皆さん、勘違いしてますが、医師ー患者関係って契約なんです。

お互いに納得の上で診療が成り立っているので、態度の悪い患者を診る義務は無いわけです。

もちろん逆もあります。

感じの悪い医師にかかる必要もありません。

 

それにしても他人に罵声を浴びせて傷つけるような輩には傷害罪を適応しても良いんじゃ無いか?とも思いますね。

そんな方は当院には来ないでいただきたい!

と、今日は職員が傷ついたことにお怒りモードの院長です・・・

 

 

 

 

4 コメント

新装開店!

いよいよ今週土曜日夕方から、新クリニックでの診療開始です。

 

じつは院長の友人らには、新規開業に付きものの生花を贈る・・をお断りし、目の前のパチンコ屋さんに対抗して、「新装開業」の花輪をお願いしました。

当初、新装開店」でお願いしたのですが、造花屋さんから「医療機関で開店はおかしいです・・」とやんわりと指摘されたので、「新装開業」にしました。

なので、22日〜31日に、当院前にはあたかもパチンコ屋さんの様な花輪がズラッと並ぶ予定です(笑)。

 

きっとインスタ映えするんじゃ無いでしょうかね?

 

どうせなら16時から軍艦マーチ鳴らそうかしら?

 

小仙波の皆さん、変な集団ですがどうぞよろしくお願い致します。

 

3 コメント

いよいよ引っ越しです

いよいよ明日の診療で終了。

明後日からバタバタ引っ越しです。

古谷上のみなさん、12年間お世話になりました。

ちょうど干支一周しました。

新クリニックもさほど遠くないので、是非お越し下さい。

 

さて、院長は最終の調整に大わらわです・・・

購入品が多々あって、すべて明後日から1週間中に届く様に手配しなければいけないし、電話、電気、ガス、水道の手続きやら、いろんな所への周知も必要だし、ご近所さんへご挨拶回りしなきゃだし・・・・・

 

新しいクリニックの近隣には、ラブホが建ち並び、正面はパチンコ屋さん、少し離れると火葬場、さらに川越警察という、非常に環境の良い(?)立地です。

そういうとこにもご近所さん回りするのかなぁ????

 

まだ中古本があります。

みなさん今日、明日中に買いに来て下さい。

 

ここだけの話ですけど・・・

銀河英雄伝説(文庫版) 全巻 + 外伝 全巻  とかも持ってます。

3000円でお譲りします。

受付で聞いてみて下さい。

 

あとは、銀の匙(漫画)全巻 1000円 とか、「どれでも適当で良いから・・・」と言ってくれれば1冊100円、11冊1000円(笑)

 

よろしくです

0 コメント

川越市成人式

1月9日日曜に川越市の成人式がウェスタ川越で開催されました。

院長の娘も20歳になったので会場に行ったのですが・・・

ご覧の通り。

 

この日、埼玉県のコロナ感染者数は400人を越え、全国で8000人を数えました。

親としても医師としても・・・「もう少し市はなんとか対策を打てないものかな〜と考えてしまいました。

会場でも、密にならない様に・・とか距離を保って・・とかの案内も無く(あったのかも知れませんが、少なくとも会場前の広場には全く届いてませんでした)、この中に1人でもオミクロン感染者がいたら今週末には、「川越市新成人オミクロン大流行!」っていうニュースの見出しが??

 

確かに川越市は対策として、3部に分けて式の人数を制限したりしてましたが・・・デルタ株とは異なるオミクロンの出現に対応出来ていたとは思えないし、その対策って1年前に考えた対策でしょう?

感染症対策に「これで良い!」って言うものは無いんです。

常に「ほかに出来ることは無いだろうか?」って考えることが必要。

まず大人達が率先して考える必要がありそうですね。

0 コメント

1月9日読売新聞記事

オミクロン株「会食でマスク外せば、ほぼ全員感染」予防策は従来と変わらず 

 変異株「オミクロン株」が広がり、感染が急拡大している。予防策など注意点は何か。広島大の坂口剛正教授(ウイルス学)に聞いた。

 急拡大の背景には、オミクロン株の特徴がある。鼻から喉までの気道上部でウイルスが増殖し、くしゃみなどで広範囲に広がり、短期間で発症するので、爆発的に感染する可能性がある。「デルタ株の約6倍の感染力を持つ」と指摘する論文もある。

 医療従事者が、マスクなど対策をしながら感染した事例もある。会食などでマスクを外した場合は、ほぼ全員が感染してしまう。

 一方、肺の奥で増えるウイルスは少なく、重症化しにくい。ハムスターを使った実験でも、肺炎が起きにくいことが確認されている。

 ワクチンの効果について、英国の研究が報告されている。2回目接種の5か月後だと、オミクロン株の感染を防ぐ効果は5%を切るが、3回目接種の直後なら8割に高まる。入院率も9割近く下がるデータが出ており、重症化を防ぐ効果もある。

 予防策は従来と変わらず、会食などを控え、マスク着用や手洗いを励行することだ。過度に恐れたり、混乱したりせず、冷静に日頃の対策を徹底し、積極的にワクチン接種を受けてほしい。

0 コメント

来た〜!第6波!

いよいよオミクロン株が猛威をふるい始めましたね。

やはり秋以降の流行の一段落、そして気の緩んできた中での年末の忘年会&クリスマス&初詣・・・

感染が急拡大する要因は沢山ありましたね。

 

さて、マスコミ報道では「オミクロン!」「オミクロン!」と言われ続けていますが、沖縄や山口・広島など米軍基地の近くはともかくとして、関東の大部分ではまだデルタ株が主流です。

左図の様にオミクロンが急激に増加しているので、「90%がオミクロンに置き換わられました」的な報道になってますが、じつはデルタ株もここのところ微増してきています。

そして我々医療従事者の心配の種は、①重症化を引き起こすデルタが再拡大しないか・・・、②オミクロンが医療従事者に広がったら、医療機関休診しなきゃだよね〜・・・の2点です。

 

昨年を思い出してください。

毎日重症者が増加し、亡くなる人も連日2ケタ以上。

亡くなるまで、そして亡くなった後も家族にも会えず、荼毘に付されて初めて家に戻される・・・

あれはデルタ株のせいでした。

そのデルタ株がまた微増してきているのです。

 

オミクロンはWHOの発表でも、重症化率は低いようです。

でも、統計的には重症化率が低くても、自分や家族がかかったときに、重症化するかしないかはわからないのです。

 

どうか、2022年も手洗い、マスク・・・特に会食時のマスク着用を心がけてください。

ママ友達の昼食会など・・・マスク非着用で大きな声で談笑している姿を良く見かけます。

あと1年、我慢してください。

1年経てば効果的な治療が充分に行き渡る様になるはずです。

 

いくら医療が頑張ったところで、限度があるのは昨年実証済みです。

皆様方の予防が、日本を救います。

 

 

 

0 コメント

あけましておめでとうございます

0 コメント

2021年もお世話になりました

もうあと数時間で2021年も過ぎようとしています。

今年もお世話になりました。

ありがとうございました。

 

そして2022年は当院にとっても新たな船出となる年です。

2010年に開業して12年目の同じ干支の寅年・・・

新たな気持ちで次の12年に旅立とうと思います。

 

皆様、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

1 コメント

子供の異物誤飲

今朝の「ひるおび」で「水に濡れると大きくなるジェリーボール」を子供が飲み込んでしまったら、腸管内で膨らんで腸閉塞を起こし、開腹手術になったことが紹介されていました。

乳幼児はなんでも口に入れてしまうので、子供の手の届く範囲に小さな物を置かない・・のが鉄則。

その結果、緊急内視鏡になったり、開腹手術になったり・・・はすべて親の責任です。

 

タバコ、ボタン電池、ビーズ、コイン・・・etc.

 

子供の成長に対する親の責任。もう一度立ち止まって考えてください。

0 コメント

事務さん募集

新クリニックに移転するに当たって、事務さんだけが増員集まりません。

看護師さんも、救急救命士さんも、診療放射線技師さんも増えたのですが、事務さんが増えない・・・

このままでは会計や受付が動かないので、新規開始が難しい状況です。

 

確かに医療事務は経験無いと難しいのですが、受付業務は普通に接客経験があれば出来ます。

本気で医療事務を目指すのであれば、一からお教えします。

 

現在、当院で事務仕事を行っている7名のうち、3名はまったくの医療機関での勤務経験無しの状態から始めて来ました。

なので、「私、何もわかりませんけど??」という方でもWelcomeなので、是非!

我々の仲間として一緒に働いてみませんか?

 

ご興味ある方は、当院事務までご一報下さい。

 

0 コメント

第6波

オミクロン株・・・感染力は非常に強いようですね。

ワクチンに対する耐性もあり、2回接種した人にも感染しているようです。

ただ、重症化している人は今のところ少ないようで・・・それだけが救いでしょうか。

そんな中、日本国内ではすっかり「コロナ?収束したんでしょ?」状態の日常が広がっているようです。

ここ、川越でも週末になると観光客であふれかえってます(左写真)。

夜もだんだんアルコールによる転倒や急性アルコール中毒の方の救急搬送が増加傾向。

社会全体が緩んできてるなぁ・・という感じですね。

 

医療者の多くは「第6波は絶対来る!」と思ってます。

そしてオミクロン・・・まあ、2022年は第6波で始まる・・と思ってた方が良いかも。

 

最近はランチに行っても、マスク会食なんか誰もやって無くて、奥様方が大きな声でしゃべっている光景を見ます。

もう少し危機感を維持して欲しいなぁ・・と医療関係者的には思ってしまいます。

 

現在世界中でコロナの流行抑えられているのは日本だけなんです。

これは神風とかご神託とかではなくて、たまたまです。

専門科にも、どうして流行してないのかはっきり説明できる人はいないのです。

だから、この偶然を必然に変えるためにも、みなさんもう少し頑張って、感染対策を続けて下さいね。

 

 

 

0 コメント

新クリニック

続きを読む 0 コメント

古本売却3

クリニック待ち合いの片隅に箱で出してます。

1冊100円です。

わりと最近の本が多いと思いますよ・・・

 

ぼちぼち売れてます(笑)

 

本だけ目当てでもお越し下さい。

 

引っ越しまでにおおむね売り切ります。

0 コメント

まだ院長は走り続けています(笑)

院長がコロナに罹ってから、早3ヶ月が過ぎようとしています。

8月から下肢筋力強化のために走り始めたのですが、11月になってもまだ走ってるんです。。。。私・・・

今日も朝、7km・・約1時間走りました。

朝の伊佐沼(クリニック近くにある、由緒正しき沼)の周囲はとても気持ちの良いジョグコースです。

今朝も沢山の野鳥と、その野鳥を写真に収めようとする人・人・・・

 

 

 

それにしてもさすがに11月になると朝は寒いですね〜

8月は6時頃から走ってましたが、今や6時はまだ暗い・・・そして寒い・・・

今は7時から走ってます。

太陽は顔を出していて、ひなたは温かいのですが、日陰に入ると寒い。

でも走ってれば身体は温まります。

ジョグを始めるにはちょうど良い時期かも知れませんね。。。皆様もいかがですか?

 

糖尿病も高血圧も成人病と称される病気の多くで、「食事療法、運動療法をしましょう」って言われると思います。

現代の日本人はみんな運動不足です。

軽くジョグ始めましょうよ。

わざわざお金払って、アスレチッククラブとかに入るより、安上がり&気持ちいい&屋外なのでコロナも気にならない・・・

 

是非!!

 

 

0 コメント

古本売却2

続きを読む 0 コメント

古本売却1

続きを読む 2 コメント

筑波サーキット医務室

今日は朝から筑波サーキットでレースドクターです。

昨夜は8台の救急車を受け入れ、夜中の3時過ぎまで働いてました。

今朝は6時半起床でここに来ましたので3時間弱しか眠ってませんが・・・

 

各種バイクのレース、「Taste of TSUKUBA」という大きなレースが今日&明日の2日間行われています。

2日とも私、院長がレースドクターですので、昨日16時からクリニック、今朝から筑波、帰って今日も夕方からクリニック、明日も朝から筑波・・・勤務医の連続36時間勤務どころではない、48時間勤務状態なのです。。。。。

 

いやぁ眠いね〜

 

皆様も一度はレース場に足を運んで、生レースを見てみると良いですよ〜。

迫力あるし、排気音が皮膚をビリビリと刺激する感じは映像では得られない感覚です。

 

今日も医務室が穏やかに終われることを期待してます。

0 コメント

出荷調整

薬品の出荷調整が続いています。

いや、どんどん悪化していると言った方が良いでしょう。

現時点で入荷できない薬品が10種類以上あるのです。

そして今回、追い打ちをかけてきたのが・・・

ナウゼリン

我がクリニックでは細粒を採用していました。

いわゆる制吐薬として使用されるもので、細粒は小児の胃腸炎などに処方します。

この薬が今回、出荷調整になるとの通知が来ました。

 

そもそもこの出荷調整の発端は・・・

1.あるジェネリックメーカーが不適切な製造方法を行ったため数週間の営業停止を受けた

2. コロナで人工呼吸患者が激増したため麻酔導入薬などの需要が一気に高まり生産が追いつかなくなった

3. 院長の勘ぐりですが・・・1.が摘発されて、同じような製造をしていた製薬会社が相次いで自社製品を回収し始めた

などが理由です。

 

日本薬剤師会が今年8月に公表したアンケート結果では、入手困難になった医薬品は3173品目にも上るそうです。

 

この状況に対して、厚生労働省は特に何もしてない様に見えます。

 

薬品の製造や販売に関わる官庁は厚労省です。

このような事態が発生したこと、ならびに持続&悪化してきていることは、医薬行政の失政と言わざるを得ません。

 

もうすぐ、皆さんが服用されている薬も、「この薬、今は手に入らないんで、しばらく待ってもらえませんか?」と言われる様になるはずです。

 

当院では、小児の胃腸炎に関して、制吐薬は錠剤か坐薬しか出せなくなります。

どうしても散剤という方は、処方箋を出しますので調剤薬局でもらってください。

ただ、調剤薬局にも在庫分しか残ってないので・・・・あしからず。

 

衆議院選挙が終わったばかりでなんですが・・・これも皆さんが選んだ(選挙にも行かなかった)結果の一つなのです。

 

 

0 コメント

ワクチン打ちました

去る11月1日、ついに私、院長はコロナのワクチンを打ちました。

当院で扱っているファイザー製です。

 

打つ痛さはインフルエンザより痛くありません。

まあ、皮下注より筋注の方が痛み神経の分布が少ないから当然と言えば当然か・・・

昼の12時頃打ったのですが、18時くらいから打った場所が少し痛い・・

ズキズキでは無く、重たい筋肉痛って感じ。

23時くらいにはかなり痛みがはっきりしてきました。

でも腕は普通に上げられます。

寝よ・・・

 

その夜、救急車が2台・・・起きる度に腕の痛みが気になる。

まあ、でも動かせないほどでは無いし、じっとしてれば重たい(だるい?)だけ。

 

翌朝、なんとなく全身の筋肉痛が。

特に走ってるからふくらはぎの筋肉痛が・・・あとは全身がだるい。

とにかく眠い・・・

まあ、でも動けるし腕も上がる。

 

24時間経過。

眠い・・痛みは殆ど無い。

腕を後ろ側に上げるとちょっと痛いくらい。

 

2日後・・つまり本日。

朝から快調!

もう痛みもだるさも消失しました。

 

経過で解熱鎮痛薬は使用しませんでした。(必要なかった)

意外とたいしたことなかったですね。

インフルエンザワクチンの方が、腫れやかゆみが長い間残る気がする。

 

コロナが落ち着いている今!!

第6波が来る前に・・・まだ打っていない皆様、いかがですか?

もうすぐ第3回接種が始まると、また予約が難しくなってきますよ。

 

 

 

0 コメント

スポーツの秋です

今日も院長は走りに行ったのでした。

クリニックを出て川越運動公園の前を通り、工業団地の方へ。

途中、左手に雪をかぶった富士山がきれいに見えたので、思わず立ち止まって写真をパチリ!

今日は雲一つ無い快晴で、北風が吹いてて清々しい感じ。

走るのも気持ちよく、ついつい距離を伸ばしてしまいまして、結局13kmも走りました。

クリニックに帰ってきたら、右膝痛いわ、左ふくらはぎつりそうだわ・・・何事も調子に乗ると失敗しますね。

 

皆さんもこういう気持ちの良い日に、軽い運動をしてみませんか?

少し汗をかくだけでも、身体の機能(特に自律神経系)が活性化されて、体調が整いますよ。

 

0 コメント

最高裁判所裁判官国民審査

いよいよ今週末31日に衆議院選挙が行われますね。

みなさんも誰に投票するのか悩んでいる真っ最中でしょう。

 

その投票の際に、一緒に〇×を付けて審査するのが最高裁判所裁判官の国民審査・・・

毎回『よくわかんないから全部〇付けといた・・』とか、『あ、俺全部✖️』みたいな方が多いのでは無いでしょうか?

 

NHKが今回審査される裁判官の経歴や実際に判決した裁判例などをまとめています。

沖縄基地問題の判決など興味のある裁判について関わっている方々です。

一度読んでみて、考えてみるのも良いと思いますよ。

 

左の画像(どなたの顔でも大丈夫・・)をクリックするとNHKのサイトに飛べます。

読んでみて下さい。

 

 

3 コメント

衆議院解散・・・?

衆議院が解散されたそうです。

我々が前回の選挙から学んだことが1つありますね・・・

どこかの政党に圧倒的な過半数を取らせると、独裁政治に近いことを始める・・と言うことです。

 

前回は自民党が圧勝しました。

その後、安倍総理が行ってきた政治は、数で押し切る政治でした。

たとえ我々国民の大多数が反対したり、不満を持っていたも押し切る・・

 

かといって、過半数取れないと、決めるべき事柄も決まらなくなる・・・

今の野党は単なる反対政党ですから・・・

 

もう少し真剣に日本の未来について議論して欲しい。

そんな政治家を選びたいですね。

 

今回は皆さん、政党じゃ無くて、政治家個人を見て投票しませんか?

自民党候補でも野党候補でも、ちゃんと地域や国の未来に真剣に考えている人・・・そんな人を選べたら良いですね。

 

選挙終わった途端に、○○議員の公職選挙法違反が明るみに出ました」「○○議員は、秘書がやったことであずかり知らぬとコメントしています」ってニュースはうんざりですね。

 

国民の皆さんの良識を政治家にぶつけましょう!!!

 

 

2 コメント

i-phone12 mini

ついに院長は長年使ってきたガラ系携帯をi-phoneに替えました。

まあ、実は5年前からもう一台i-phone持ってまして、使ってたんです。

持ってたのは、5-SE。

i-phone史上、一番小さなやつです。

それでもガラ系に比べると大きい・・・さらに5以降、i-phoneはどんどんサイズが大きくなってきているので、ポケットに入れられない!

ケツのポケットに入れてたら、そのまま座って割りそうだし・・・

ということでガラ系を買い換える踏ん切りが付かなかったのです。

でも、長年使っているガラ系は、電池切れが早くなってきた(2回サードパーティの電池に買い換えてるのですが・・)し、SoftBankが3G辞めちゃうし・・あ、でも院長のガラ系は4G対応だった。。。

新しくガラ系を更新することも考えていたのですが、SoftBankショップに行っても、もはやガラ系は展示されていない。

 

クリニックのスタッフ達との連絡もほとんどLINEになってるし、そもそも院長が愛用しているCPは昔からMacintosh。。。。

ということで、この夏、サイズの最も小さなi-phone12miniに変更しました。

しかも人気のパープルです!きれいでしょ?

 

でも、ガラ系を使い慣れていた院長には、とっても使いにくい!

使い始めて2ヶ月・・・もうガラ系に戻そうかな?と考え始めている院長です。

 

0 コメント

子供のコロナワクチン接種

アメリカではコロナワクチンの下限が5歳に引き下げられたようです。

いずれ日本もアメリカに右へならえするでしょうね。

でもね・・・若い人は罹っても重症化しにくいんだよね・・・

だからすぐに飛びつくのはどうかとも思いますね。

 

ただ、子供が学校で流行させて、家庭に持ち帰る・・・さすがに家庭内で子供を隔離は難しいから親が罹る・・・

そう考えると子供でブロックしてもらうのが一番か?

 

それぞれの家庭の状況に寄るんだと思いますね。

高齢者がいるとか、持病のある方がいるとか、受験生がいるとか・・・・

あるいはご本人が病弱でも当然打った方が良いでしょう。

 

ただ、心配だから・・っていう理由が一番多い気がするなあ。

それって親のエゴ?

親の安心のために子供に痛い思いをさせるのはどうでしょう?

子供を守ってあげるのは医者じゃ無くて親が第一です。

事情があるなら仕方ないけど・・・

 

みなさん、それぞれ考えてみましょう。

0 コメント

PCR検査

世の中のcovid-19は着々と減少してきています。

最近は当院でもPCRの件数自体が減少。

8月終わり頃は、50-60件/日あったのが、現在では1-2件/日です。

もちろん陽性者も毎日数人が陽性になっていたのが、現在では週に1人いるかいないか・・・

 

そんな中、子供の発熱に対して、PCR検査を要求する親御さんがいらっしゃいます。

話を聞くと、会社で『家族に発熱者が出た場合はcovid-19で無いことを確認しなければ会社に出てくることはまかり成らん!!』という規則があるそうで・・・

子供のcovid感染の80%以上が家庭内感染、周囲に全くcovid患者がいないにもかかわらずPCR検査で鼻の中に綿棒を突っ込まれています。

 

どうにかなりませんかね?

 

大人社会の安心を得るために子供が犠牲になっている状況です。

 

まあ、毎年インフルエンザでもそう感じることはありましたけど・・・

 

大人達にもう少し考えて欲しいと思う院長です。

 

 

 

0 コメント

川越藩のお蔵米

本日、当院のサポーターの方から、お米を沢山いただきました。(右側の写真)

5kg × スタッフ人数分!!

「皆さんで食べて、美味しいことを実感してCMしてください!」

と・・・

 

ここに世界中にCMします。

左の写真をクリックしていただくと川島町のHPに飛びます。

見てみてくださいね。

 

 

0 コメント

抗体カクテル療法

 

 

 

 

 

← ワクチンの副反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

← 抗体カクテル療法の副作用

 

 

 

 

 

抗体カクテル療法が在宅診療でも自宅で使用できる様になりそうです。

でも、当院では使用許可が出ないんですよ。。。。コロナ患者を入院させてないから・・・

なんだか納得いかない院長です。

 

上記の様に、抗体カクテル療法の副作用とワクチンの副反応・・・ほぼ同じなのに、ワクチンは接種後15〜30分経過観察で良いのに、抗体カクテル療法は24時間の結果検察が必要とされています。

まあ、電話対応でもば良いとされているのですけど、厚生労働省のHPには、「新型コロナの入院治療を行う医療機関の外来で行う」と書かれてしまっているので。。。。

 

当院にも胸部CTで肺炎像が現れている患者さん、結構いらっしゃいます。

中には透析している人とか、糖尿病や心不全などの合併症のある方も多いです。

何人か保健所を通して、県の調整対策課に探してもらっても入院先が見つからなかった方・・・数名います。

当院で初期に抗体カクテル療法できれば、重症化を防げた方もいらっしゃいます。

 

行政の方も、コロナ禍で大変な中、頑張っていらっしゃるのは分かりますが、現場の状況ももう少し見て欲しいな・・と思います。

 

なんだか納得いかない院長です・・・

 

0 コメント

後遺症消失!!

コロナから回復後も口の中に塩味が広がってる感覚がしばらく続いていました。

いわゆる味覚障害・・・

そこで、『味覚障害には亜鉛やろ?』という意見を取り入れ、亜鉛たっぷりのサプリ&錠剤を1週間服用しました。

 

なんと!!!

治りましたよ。塩味が・・・

プリンも美味しく食べれるし・・・

 

亜鉛が効いたのか、単に1週間で回復しただけなのか・・・?

それは定かではありませんが、治れば何でもいいや!!

 

ということで、一時70kgまで減少した院長の体重は再び増加傾向・・・現在72kgです。

 

0 コメント

自民党総裁選だってさ・・・この状況で・・

さて、菅内閣支持率が史上最低になってるというニュースもちらほら・・・

そして世間では新型コロナが猛威を振るっている状況で・・・ワクチンも打ちたくても打てない・・・コロナの中等症患者さんも入院したくてもできない・・・いまだに「人流の抑制、安心安全な・・・」って言ってる政府。

 

そんな中で自民党は自分たちの総裁選挙をやるそうです。

勝手にやれよ!って感じ・・・

 

しかも自民党の政治家の割と多くの方が、「菅総理を推す」だそうで・・・なんと国民の感覚が分からない人達なんだろう!!!と改めて感心してしまうのです。

 

秋には衆議院議員選挙が行われるので、新たな体制で勝利を!って感じなんでしょうけど・・・災害級だって言ってる割にはあまり災害対応してくれないんですね。

せめてこんな社会情勢の中での選挙は先延ばしできないんでしょうかね?

総裁選、衆議院選挙ともに・・・・

国会で決めればできるんじゃ無いんでしょうか?

 

そして、衆議院議員選挙のやり方も、誰も議論しないけど、良いんでしょうかね?今まで通り対面で・・・

オンラインとかなんか新しい選挙方法とかどうなんでしょう?

たしか現内閣には、デジタル改革担当大臣兼情報通信技術政策担当大臣いましたよね?


ダメだな自民党・・・って思ってしまいます。
でも・・・じゃあ、野党は?・・・うーんもっとダメかも・・・・あ〜あ。
0 コメント

ポイ捨て

院長、毎日走ってます。

ようやくコロナ前と同じ8km走れる様になりました!!

 

今朝も6時に目覚めてスタート。

旧職場の横を通り伊佐沼周回・・

 

無事走った後、クリニックまでの約1kmをクーリングダウンしつつ歩行。

あれ?道端に空ペットボトルが・・・

 

「まったく、平気でポイポイ捨てるやつがいるな・・・」

と拾って歩行・・・

 

あれ?また・・・

 

あれ?・・・またまた。。。。。

 

なんとわずか1kmの間に5本も落ちてた!

 

こういうのをポイって捨てる人は、小学生のまま大人になった様な人なんでしょうね。

身体は大人になったけど、精神的には子供のまま・・・「ママ〜!捨てといてね!」って・・・

 

小学生、中学生をお持ちのお父さん、お母さん・・・全てやってしまうと自立が遅れます。

自分でやらせる習慣を付けましょう!

 

0 コメント

そもそもさあ・・・

医療費削減

医師過剰

ベッド削減

って、長年自民党政権の医療行政の肝だった分野じゃないですか。

 

それじゃあコロナみたいな緊急の事態には対応できません・・・って当たり前でしょ?

だって、一人の医師を一人前にするのに何年もかかるのに、突然医学生かり出したり、全医療機関でコロナを診ろ・・って。

 

政治の失政を現場に押しつけてるだけでしょ?

 

税金を投与してるから命令聞け!って・・・じゃあ全医療機関が保険診療辞めちゃうよ。

 

いい加減な医療行政を辞めるだけで、コロナの状況改善するんじゃないかしら???

0 コメント

コロナ最前線の医療現場の実態

8月24日火曜日のTV朝日モーニングショー」の動画です。

コロナ最前線の現状を見てください。

そして自分の身は自分で守る・・・方針を考えてください。

 

左の画像をクリック!

0 コメント

耳年齢・・

パナソニックのHPにこんなのが掲載されていました。

耳年齢テストなんですけど・・・・

 

なんと!

院長は10000Hzは聞こえましたが、12000Hzは聞こえませんでした!!

最初は「なんだよ、このHP壊れてんじゃん・・」とか思ってたら、我がクリニックの看護師さんには聞こえてた!

 

ああ、壊れてたのは私の耳だったのね?????

 

皆様も是非一度・・・

 

左の画像をクリックすると飛びます。

 

ああ、ショック!

 

0 コメント

息子の中学受験

ここ数日、早朝に目が覚めます。

クリニックの院長室だから眠りが浅いのかな?と思ってたら、昨夜は自宅で眠ったのですが・・・

やっぱり今朝6時半に目覚めました(笑)。

 

こりゃ完全にジジイだな・・・

 

2度寝ももったいないので、今朝もjogging行ってきました。

入間川沿いの遊歩道をjog。

 

そういえば我が家の長男が中学受験の時、塾の先生から、試験時間に合わせて朝起こす訓練を・・・って言われて、受験前1ヶ月間、6時に起きて一緒にここを散歩したなあ・・・

 

あれからもう11年が過ぎ、中学受験でヒーヒー言ってた長男は23歳。

コンピューター系の専門学校に通ってます。

受験時は賢かったのになあ・・・(笑)

 

懐かしい遊歩道をリハビリjogging。

ああ、また愉しからずや。。。。。

 

0 コメント

リハビリテーション

院長はコロナで2週間動けなかったため、全身・・特に下半身の筋力が激減してます。

先週から復帰しましたが、まずまっすぐ歩くのが大変でした。

自分ではまっすぐ歩いてるつもりでも、左右にふらついてるんですね。

階段での踏ん張りも効きにくいし・・・ああ、下肢の筋力を回復しなければ・・・と思って、今週初め頃から少しずつリハビリテーション始めてます。

筋トレとJogですね。

 

しかも良い感じで睡眠障害(単に規則正しい生活になっただけかも・・・)で、朝6時半とかに目覚めるので、ここ3日間連続で朝7時から伊佐沼周辺をjog始めました。

 

初日はわずか2km程度で下肢の筋肉がパンパン・・・前に出て行かない。

2日目は3km行きました。

そして本日、ようやく伊佐沼1周!!

 

わざわざ運動しなくても、日常生活してるだけでも筋力って結構維持出来てたんですね。

逆に日常が壊れると筋力低下・・・いわゆるロコモティブシンドロームってやつになる可能性が上がります。

軽い運動、ちょっとした心がけ・・だけで健康は意外と維持出来ますよ。

 

さて、来週も頑張ろう!!

0 コメント

コロナワクチン接種

院長自身が感染し、ワクチンのありがたみを身にしみて感じたのです。

だって、同時に感染発症した事務さんは軽症だったのに、「国産ワクチンを待つ!」

って言いながら我慢していた院長は肺炎にまで進行したんですから・・・

 

ということで、今年の秋はコロナワクチン接種もするか考えています。

 

でもね、インフルエンザワクチン接種と異なり、コロナのワクチン接種に至る道筋は長いんですよ・・・

「打ちまーす!」

「はいどうぞ・・」では無いのです・・・

 

まずモデルナ社製はご存じの通り、厚労省が職場接種や大規模接種会場にしか卸していませんので、当院には入りません。

アストラゼネカ社製は可能ですが、製品自体の安全性に若干の疑問があります。

まあ、若い方は大丈夫だと思いますけど・・・

となると川越保健所経由で降りてくるファイザー社製なのですが、低温保存が必要。

その辺の技術的な問題がクリアできても、じゃあ、川越保健所経由で卸したものを、さいたま市民や上尾市民にも打って良いの?とかいう若干政治的な問題がつきまといます。

保健所は「川越市民以外にはできるだけ接種しないでください」と縦割り行政的な回答です。

 

現場は誰彼構わず、できるだけ多くの国民に接種してもらいたい・・・と言うだけなのですけど、いろいろなしがらみがありすぎて困ってます。

 

できるだけクリアして、多くの方々にワクチン接種していただけるように、現在各方向に問い合わせ中です。

いましばらくお待ちください。。。

 

また、後日、アンケート調査とかしてみようかとも思ってます。

皆様からのニーズ、ご意見等お願い致します。

 

 

 

2 コメント

後遺症

ご存じの通り、7月末にCovid19に感染しました。

8月15日現在でほぼ体調は戻り、院内スタッフにも新たな感染者等出ませんでしたので、診療再開しています。

 

院長は後遺症として、

① 口の中いっぱいに広がる塩味・・

② 根本的に倦怠感

③ 疲れやすさ

が残ってます。

 

幸い、嗅覚は問題ないし、塩っぱい以外は味も分かります。

でも、甘いものが若干苦みを感じるかな・・・

プリンが大好きだったのですが、今は食べれません。

 

若い方ほど後遺症はひどいらしいので、みなさんワクチンは打っといた方が良さそうですね。

 

 

 

0 コメント

コロナ感染

皆様、ただいま・・コロナ感染症から復帰しました院長です。

 

コロナ、当初は単なる感冒・・って感じでした。

発熱、咳嗽・・・「ええ〜っ??PCR陽性なの〜??」って感じ。

 

ところが3−4日経過すると、発熱が半端ないんです。

しかも労作時にちょっと息苦しい・・・

胸のCTではこの時点では正常。

うん、まだ大丈夫だ。。。でも使用できる薬が無い・・・ただの感冒薬。。。そりゃ改善しないよね。

 

1週間が経過する頃には労作時の呼吸苦、咳嗽が激しくなり、ついに胸部CTで肺炎像が!!

やばいやばい!!入院考えなきゃ。

近隣のDr.にLINE等で相談してもなかなか入院に対してはベッド余裕が無さそう。

重症化を防ぐためにステロイド薬を服用開始。

これが効を奏したのか、その後ぐんぐん熱は下がり、先週からは全く正常。

体温もSpO2も正常だし、労作時の呼吸苦も改善。

 

おかげさまで明日15日日曜から通常通りの診療に戻れる様になりました。

 

皆様も、症状が少しでも重症化したら、すぐに医療機関を受診する様に気をつけましょう!!

 

 

 

4 コメント

休診

院長は28日付けで新型コロナにかかりました。

なのでクリニックを2週間閉鎖します。

この間にクリニックの隅々を消毒し万全を整えようと思います。

皆様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思います。

 

しっかり回復しましたら、また診療開始しますのでしばらくお待ちください。。。。

 

5 コメント

BLOOM

最近、鳥越アズーリFMというweb.TVに出る機会が増えています。

毎月第2火曜日の夜に出演することが多いのですが、先日出た時に、松永建設(FM Nack5でよくCMしている会社・・・埼玉県民は結構知ってるよね)の社長さんが、高橋美之さんという歌手さんを連れてこられまして・・・

まあ、要するに松永建設の主題歌を歌ってくれてるらしいのですが・・・

 

これがまた上手なのよ!

ということで、リンク張ります。

 

左の写真をクリックすると、新曲「BLOOM」のイメージビデオに飛びます。

 

一度聞いてみてくださいな。

 

感動!創造!松永建設!!

 

0 コメント

東京オリンピック

4回目の緊急事態宣言が施行されます。

とは言っても、もはや緊急感は全くありませんね。

 

いろいろなイベントの中止、お酒類の提供中止、時短要請、不要な外出禁止・・・・

でもオリンピックは中止しない。

 

なんかいつの間にか開催がなし崩し的に既成事実の様に決まってますね。

 

院長は元々(「とうきょう!」と決まった時点から・・)オリンピック開催には反対です。

愛するクリステルが「お・も・て・な・し・・・」と言ってたから容認してただけです・・・(笑)

 

本当ならオリンピックにつぎ込む数億円を福祉につぎ込んで欲しかった・・・

まあ、コロナという敵が現れて、少し医療にもお金が回る様になったんですけど・・・

 

さて、速くも来日する選手の中にボチボチPCR陽性者が出現してきたようです。

バブル方式ったって、バブルの中に陽性者が出たら意味ないだろうに・・・

まあ、こんなに各国から選手団が集まってきて、今更「中止」を要請する度胸は日本の政治家には無いでしょうから、開催されるのでしょうが。。。

 

日本の選手団を初め、各国から東京に来てくれたアスリート達が日本で感染して帰国しない様に祈るばかりです。

そうなったらそれこそ日本の国際的な信用は地に落ちます(そんなことも分からないで推し進める自民党はアホでしょうか?)。

 

川越でもゴルフ競技が行われるようですが、現時点で医療体制がどうなるのか?全く情報は来ません。

無観客にしたら誰も行かない・・と思ってるんでしょうか?

当然駅やゴルフ場の周りには観客(競技は見れなくても選手を見に来る・・)があふれるでしょう。

熱中症患者が出たら・・・通常の救急搬送だけで対応するそうです。

これまたずさんな計画と言わざるを得ませんね。

 

もはや祈るのみ・・・無事に日本の夏が終わります様に・・・

 

 

 

0 コメント

11周年

7月7日に当院は開業11周年を迎えます。

思えば、開業という経験無し・・・

銀行や保健所、建設会社、司法書士さんや税理士さん・・・いままで勤務医時代にはお付き合いしたことの無い職種の方々との打ち合わせ・・・

「救急クリニック」というのも国内初で、成功の見込みがあるんだかどうだか・・・

 

まさに五里霧中の中で始めたクリニックでした。

 

左の写真は11年前の開業時にいろんな方から送られてきた植物たちを廊下に並べた図・・・まだ廊下きれいです(笑)

 

本当は10年目を節目に移転したかったけど、なかなか希望の土地が見つからず、そこにコロナの影響が重なって・・・

結局、今年末に完成、移転という流れになりそうです。

 

開業当初は、「こんな形態の医療機関って他に無いから、ニーズに合ってれば、10年経過したら、俺大金持ちになってるはずだよ!」とか思ってたけど・・・

どうやらニーズに合っててもまともな医療をしててはなかなか儲けは難しい・・・

おかげで移転費用はまたまた全額借金です(涙)。

現クリニックの開業資金は2億だったけど、今回はさらに倍!

完全返済時には院長は80歳超えてるんだけど・・・・・

こりゃ一生、借金生活から抜け出せないな。

 

それでも、開業してからこの11年間で、来院してくれた患者さんは10万人を越えました。

それは院長の自慢の一つです。

本当に沢山の方の役に立った喜び・・・そして沢山の方に支えられてきたという感謝の念でいっぱいです。

 

少しずつ皆様に提供出来る範囲を拡大して行けたらなあ・・と思ってます。

あ、あと借金をきちんと返済して行けたらなあ・・・とも(笑)

 

移転後も川越救急クリニックをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

0 コメント

着工

いよいよ始まりました。

移転&新装開店への工事開始です。

工事関係の皆様・・・暑い中、また梅雨の中、ご苦労様です。ありがとうございます。

 

完成は11月予定。

引き渡し12月。

実際の移転は12月を予定してますが・・・12月はいつも忙しいので、年明けになっちゃうかな〜??

 

 

0 コメント

集団接種手伝ってきました

本日は午後2時から川越市の高齢者集団接種に行ってきました。

問診を任されましたが、市内の高齢者の方々といろいろお話しさせていただきました。

クリニックを受診したことのある患者さんもいて、「救急の先生ですよね?」と言われたり・・・

結構楽しく働かせていただきました。

次回は6月27日予定です・・・

 

0 コメント

筑波サーキットです・・

本日は朝から筑波サーキットで行われている、2輪レースのドクターとして来てます。

パンフレットにもコースドクターとして名前が掲載されてます。

そして、なんと我がクリニックの救急救命士である中路くんがOFFICIAL通信のコーナーに特集!!

生意気な!!(笑)

 

最近のレース界では高齢化が進んでおり、40歳代、50歳代のライダーがメインになってきてまして・・・最高齢は80歳代で走ってる方もいます。

なので、転倒事故とかあると意外と重症化してたりするんです。

医務室も緊張する場面ですね・・・

 

ところが、今日のレースは10歳代、20歳代が多い!

なんか30年前のレースのようです。

最年少は12歳!!

若いと反射神経も良いんでしょうね・・転倒してもたいした怪我無く、また走り出します。

おかげで今日の医務室は落ち着いてますわ。。。。。。

 

レース好きな方、是非一度サーキットに足を運んでみてください。

生で見ると結構すごいですよ〜

 

0 コメント

FM軽井沢2

先日のラジオの内容を送っていただきました。

まあ、たいした話してませんが・・・

 

 

続きを読む 0 コメント

FM軽井沢

突然ですが、明日16日午前中・・・

FM軽井沢に出演してきます。

多分10時半からのコーナーだと思うのですが・・・

 

コロナの状況やワクチン、その他のお話を公共の電波に出してしまいます。

きっと爆弾発言するかも・・・

ああ、炎上しないか怖い。

 

FM軽井沢は、HP上にどこからでも聞けるサイトが貼り付けられていますので、埼玉でも北海道でも福岡でも聞けます。

FM軽井沢HPはこちら↓

 

https://fm-karuizawa.co.jp

 

左の画像をクリックしてもHPに飛びますよ。

 

HP上のをクリックすれば聞けます。

 

 

パーソナリティのお姉さんがどんな話を振ってくるのか?楽しみです・・・・

お暇な方は聞いてみてね。

0 コメント

あれから10年かぁ・・

それまで、津波って馬鹿でかい波が崩れ落ちながら陸に迫って来るもんだと思っていました。

ちょうどハワイとかのサーフィンの映像みたいに崩れてくる波・・・

 

でも違った。

 

海が溢れた・・・・

が正しい津波でした。

 

ちょうどその映像を地震の後、NHKのTVが映し出すのを観てました。

ただ観るだけしか出来なかった。。。。

 

その2週間後、クリニックの看護師、事務さん、近隣消防の救命士らと共に車で石巻に救援に行きました。

保健所からお願いされたのは、釜谷地区から雄勝地区(大川小学校もこの地区でした)の家を1軒1軒回って生存確認を・・・というものでした。

周辺には、我が子の名前を叫びながら泥濘に竿を刺し探す親御さん・・・瓦礫を撤去する自衛隊の方々・・・牛の死骸・・・

 

あの場にいた皆さんは10年経過した今、息災でしょうか?

これからも自分の人生を精一杯生きて欲しいと願わずにはいられません。

震災で亡くなった方々も、きっと残された人たちが人生をまっとうすることを望んでいると思います。

 

日本人一人一人が、自分の人生をしっかり生きることが一番の供養になるのでは無いでしょうか?

 

さあ、明日からまた頑張りましょう!

ウィルスなんかに負けないぞ!

 

 

1 コメント

月給117万円???

すごいですね・・・月給117万円ですって!!

60%の給与を返納しても、まだ40万円残る!

しかも夫も官僚。

夫婦で毎月200万円ですか。。。。

 

真面目に医者やってるのが嫌になりました。

私、開業以来ずっと月給20万円+アルバイト生活でした。

あーあ、なんか真面目に生きていくのアホくさいですな。

 

この国は、ずるい生き方をする人が成功する国なんですね。

それにしても7万円の食事してみたいわ。

3 コメント