入試不正???

私立大学医学部の入試の合否判定が不適切だと、文科省が次々と指摘しています。

全国81大学を対象に調査して10校が引っかかったそうです。
各大学は謝罪コメントを出しています。

さて、この一連の報道で一番の問題は何なのでしょう?
・合否判定が不正だった?
・女性軽視??
・多浪生軽視?
・医学界の闇???

どうも世間やマスコミ各社の論調を見ているとこの辺りを問題視しているようですが、根本に迫る報道は皆無です。


一番問題にして欲しい部分・・・
『なぜどの大学も男子を確保したがっているのか?』
『なぜ多浪生は避けられるのか?』
を検討していません。

 

おそらく入試成績だけで選別すれば、男子より女子の方が多くなるのは目に見えています。
女子が増えると医療界は若干困るのです。(私、院長は喜びますが・・)

女子が医学界から嫌われる理由の第一は継続性でしょう。
仕方ないことなのですが、生理周期に伴って仕事の効率が変化してしまう。

あるいは結婚退職、長期育児休暇・・・女性には仕事に打ち込むには多くの障壁があります。
もちろん環境を整えれば解決可能な部分もありますが、日本がそうなるにはまだ10年以上必要です。

 

多浪生が嫌われる理由は単に勉強しないから・・・もしくは努力が足りないから・・と見なされているせいでしょう。要領が悪そう・・というのもあるかも知れません。

 

ただでさえ医師数が不足している日本。
厚労省が発表している医師数というのは、『医師免許を所持している人の数』であり、『実働医の数』ではありません。
その中にはリタイヤした高齢の医師やママになって子育ての傍ら、週に1回だけどこかの病院でバイトしている女医さんも含まれています。
実働の医師数を長期にわたって増やすには、男性医師が必要なのです。

 

国は医療費を削減したくて仕方ありません。
そして医療費削減の決め手は、医師を減らす・・なのだそうです。
今回の騒動も、女子学生を増やして、将来の医師数を減少させるための方策の一つではないかとさえ思えてきます。
結果、医療を受けられない国民が増えることで、医療費は頭打ちになる・・という国策ですかね。

 

なんで医学界はそうなんだ???という疑問はあるでしょうが、そういう世界だから・・としか答えようがありません。
あまりに環境が特異すぎるので、一般社会の常識は通用しません。
だって国が統制してる世界ですから・・・無尽蔵に人がいる中でのお話とは違います。

プロ野球のドラフトと同じと考えると理解しやすいかも・・・

その中で少しでも良い環境を作るためには仕方ないのでしょう。

 

 

そもそも医師の労働環境をきちんと見直してれば、わざわざ男子に限らなくても良かったんです。

私が研修医時代から、『医師は労働基準法の範囲外だ』とよく言われてきました。

時間外労働も月200時間程度はこなしていました。

すべて人(医師数)がいないからです。

 

文科省や厚労省の政治家や役人達に言いたい。

『何を今更言ってやがんだ!

 

 

0 コメント

9月の北海道地震

9月に北海道胆振東部地震が発生しました。

マグニチュード6.7という大きな地震でした。

幸い、都市部には大きな被害が及びませんでしたが、多くの家屋が倒壊しました。

川越救急クリニックでは、救急救命士を1名現地に派遣し、むかわ町で3週間のボランティア活動を行ってきました。

 

お隣の厚真町はニュースで繰り返し報道されていたため、ボランティアも多く集まっていたようですが、むかわ町は大きな被害だった割には人が少ない状態だったようです。

写真は倒壊家屋と家の中が散乱した様子。

 

医療的なニーズはあまり無かったため、各家屋を巡り、片付けやゴミ出しなど、肉体労働だったようです。

 

日本という国に住んでいる以上、自然災害は避けることが出来ません。

忘れた頃にどこかで発生します。

『自分なんかが行っても何もできない』とか思わずに、一度行ってみてください。

たとえ今回力になれなくても、次の災害の時にはその経験や知識を生かせる可能性が高いのです。

 

私、院長も神戸の震災、東日本大震災と医療ボランティアに行きました。

そういう経験が次の時代を担う人達に、『行ってこい』と言える原動力なのです。

 

是非、皆さんも一度ボランティアに行ってください。

現場を見て実感するだけでも違います。(観光的に行かれると迷惑ですが・・・)

 

 

 

0 コメント

日本救急医学会で発表してきました

11月19日〜21日に横浜で日本救急医学会が開催されました。

国内の救急では一番権威のある学会で、全国から救急専門医が集まって来て、各種議題について議論をします。

 

今回は私、院長がランチョンセミナーと『地域包括ケアシステムの中の救急医の役割』というセッションで発表してきました。

 

ランチョンセミナーというのは、学会会場内で昼ご飯が食べれるように、各医療機器メーカーや製薬会社などの協賛各社が、それぞれ独自の話題とお弁当を提供するセミナーです。

聴衆は準備されたお弁当を食べながら、各社の依頼を受けたDr.がお話をするのです。

今回、私は、日本光電というモニターの会社の依頼で、モニターの未来像』というお題で

講演しました。

TOYOTAやmicrosoft社、さらには日本光電のライバルに当たる、PhilipsやDragerの方針なども紹介しつつAI 化の必要性を説明しました。

 

地域包括のセッションでは、かかりつけ医があるにもかかわらず、当院に搬送されてくる患者さんの背景を検証し、地域包括ケアシステムが機能していないことを示しました。

 

当院は医学会の中では、風が吹けば飛ばされるような小さな存在です。

機会あるたびに当院の活動をPRし続けて、皆さんから『あそこ頑張ってるなあ』と思わせなければ・・・と院長は考えているのです。

学会のたびに、診療日に影響が出てしまうことをお許しください。

 

2018年の学会もこれで終了です。

いよいよ年末に突入ですね・・・

 

インフルエンザが流行ってきました。

ご注意くださいね。

 

 

 

 

 

0 コメント

ワクチン行政の失政

HP表紙にも書きましたが、今年もインフルエンザワクチンの入荷が難渋しています。

夏過ぎに、厚労省は『今年は十分なワクチンを準備している』と発表したのですが、ふたを開ければ、何のことは無い・・・昨年同様、不足です。

 

インフルエンザワクチンは、ワンシーズンしか使えない(来年の流行予想株は今年のウィルスとは異なります)ので、製薬会社としてもできるだけ売り切りたいのでしょう。

今年の製造本数は昨年の出荷数をベースに決めているそうです。

覚えていますか?昨年は厚労省が一旦ウィルスの方を決定した後に変更したため、製造が遅れて、11月、12月には全く不足していました。

にもかかわらず、製薬会社はその不足した数をベースに今年の製造本数を決めたらしいので、今年も不足しています。

 

さて、現在国内で猛威を振るっている風疹。

WHO(世界保健機構)では、『妊婦が日本を訪問することは推奨しないとしています。

国内の妊婦さんは毎日、大変なリスクにさらされている状況です。

連日TVなどのマスコミが報道するので、風疹ワクチンの需要が沸騰しています。

そうなることは1ヶ月以上前からわかっていたはずなのに、行政は全く手を打っていなかったのかしら?

現在、風疹ワクチンは入手出来ません。

 

こういう現状に対して、もっと市民の皆さんが声を上げても良いのではないかと思いますが・・・

明らかに失政ですよ。。。

 

 

1 コメント

祝!!! ホークス2年連続日本一!

やった!

やりました!!

ソフトバンクホークス、パリーグでは2位だったけど、クライマックスで下克上!

そして日本シリーズで勝ちました!!!

 

おめでとう、ホークス!

おめでとう、工藤監督!!!

 

そして、11月5日月曜日に、工藤監督の背番号にちなんで・・先着81番の方まで。(友達同士、家族で、同僚と・・・1つの番号で2人までOK)

インフルエンザワクチン2500円/人で出します!

何時まで残ってるかは不明です。

お早めに・・・

 

1 コメント

ホークス頑張れ!

今日もソフトバンクホークスは打ちまくりました。15点ゲット!

これで2勝2敗の5分になりました。

明日の一戦が山でしょうか・・・

 

このままの勢いでクライマックスに勝って、日本シリーズ優勝したら!

今年もインフルエンザ割引しますよ〜!

皆さんもソフトバンクホークス応援してね。

(でも西武ライオンズが相手だから埼玉県では大きな声で言いづらい・・・)

 

 

2 コメント

いよいよ始まりました

今年も始まりました・・・インフルエンザワクチン接種。

 

厚生労働省は『今年は十分な本数を準備しているので不足しません』とか言ってるけど、製薬会社が各医療機関に卸してくる本数は前年度の本数を基準にされるそうで・・・

つまりはどこも前年度並みの本数しか来ない。

ということはしばらくは不足気味に推移していく・・と言う事です。

 

8月からインフルエンザが流行しており、すでに10月1日の段階で川口市内の小学校で学級閉鎖だそうで。

今年は例年より流行が1ヶ月前倒しだ・・とTVでも偉い先生が言ってました。

 

今シーズンも早めにご準備を・・・

 

ソフトバンクホークスがクライマックスで優勝して、日本シリーズで勝ったら、優勝セールしようかな・・(笑)

でも今年の西武には勝ち越せないだろうなあ・・・

 

 

 

西武ライオンズ優勝おめでとう!

ソフトバンクホークス負けました・・・

マジック1だった西武ライオンズ・・・北海道日本ハムに負けましたが、見事今シーズンの優勝が決まりました。

今年のライオンズは打線の破壊力が半端なかったですね・・・

逆に我がホークスは試合後半の抑えの投手がイマイチでした。

 

さて、クライマックスシリーズはどうなるんでしょう??

意外と日ハム強いんですよね〜。

 

ソフトバンクホークスはむしろ弱いです。。。。

 

ま、今年は西武で決まりで良いのではないでしょうか?

 

ワクチン優勝セールはやらないけどね・・・(笑)

 

2 コメント

川越にもおしゃれなお店が・・・No.3

続きを読む 0 コメント

そろそろ熱中症にご注意を・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年ニュースになる熱中症・・・じつは5月あたりから発生してるのです。

特に6月の梅雨の時期に、患者数が急増してきます。

もちろん7月の梅雨明けから激増するのですが・・・

 

熱中症は環境温はもちろんですが、湿度にも大きく左右されると言われています。

湿度の高い時に運動をしたりすると、気温はそれほど高くなくても熱中症症状を来すことはあるのです。

 

熱中症のベースには脱水症状があります。

ひとの体温コントロール、特に体温を下げるためには

皮膚の発汗が非常に重要です。

ところが脱水症状が出てくると、汗をかくことが難しくなり、体温が上昇してきます。

息が荒くなり、頭がぼーっとして、ふらふらしてきます。

また、筋肉や皮膚の血流が減るため、筋肉の痙攣(いわゆる『つる』という状態)が起こります。

 

さらに悪化すれば意識を失ったり、重要臓器の障害が発生してきます。

 

高温環境や高湿度で過ごす場合は、できるだけ頻繁に水分摂取をすることが必要です。

また、水分だけで無く、適度な塩分もとった方が良いでしょう。

経口補水液などが適しています。

少しでも体調がおかしかったら、早めに涼しい日陰などで休みましょう。

 

 

3 コメント

川越にもおしゃれなお店が・・・・第2回

川越から我がクリニックへと走る西武バス『川越グリーンパーク』行きに乗って約5分。

喜多院入口バス停から少し先の左側にしゃれたイタリアレストランがあります。

ここがまた、地元の野菜を使って料理を作っていまして、美味しいんですわ。

 

ランチタイムは人気で店内は満席です。

 

是非一度行ってみてください。

 

我がクリニックのお食事会を1回やりましたが、予算内でたらふく食べて飲んで大満足でしたよ!

 

あ、店の名前を紹介してない・・・・『とちの木』です。

食べログ、またはFacebookで検索してみてください。

 

 

 

0 コメント

毎日新聞の社説に違和感

マスコミが取り違えているのは、伝統と救命を同じ土俵で語ることである。
女人禁制は大相撲の伝統であり、歌舞伎だって女性が舞台で演じる事はない。
逆に宝塚では男子が舞台で演じないのも伝統であろう。

たしかに時代にそぐわない・・・修正するのはその伝統を守るのか維持するのか、関係者が決定すれば良いのであって、外部がわいわい言うことではない。

今回、きっかけになったのは救命の場面でのアナウンスで、これはあきらかにおかしい。
人の命がかかっている場面に伝統を持ち出すのは間違っているのだ。

この教訓からは、『女性を土俵に!』ではなく、『救命は積極的に全員参加!』でなければ意味が無いだろう。

世界的に見ると救命の場面でも消極的な日本人の姿勢を変えていくことこそ、マスコミに必要な対応ではないか??

1 コメント

ああ、浦和レッズ・・・

1. 広島

2. 東京

3. 川崎

4. 札幌 ・・・

 

現在のJリーグの順位です。

 

あれ??浦和レッズは??

 

なんと清水・湘南・鹿島と並んで12位!

一昔前まで、これらのチームと優勝争いしていたのに。

時代は変わったんですかね?

 

奢れる者は久しからず・・・なんでしょうか?

 

新監督の下で巻き返しを期待していたのですが・・・

 

ローマは一日にしてならず・・・

 

レッズが強くないと埼玉県京浜東北線沿線は元気が出ませんな。。。

たとえライオンズが強くても。

 

そうそう、埼玉県内の小学校にライオンズの帽子が配られているそうです。

小学生にとってはうれしいプレゼントでしょうね。

県内にライオンズファンを増やすのには役立つでしょう。

 

でも私はホークスファンです!!!(笑)

 

レッズもホークスもガンバって欲しいなあ。

 

0 コメント

TOKYO FM出ます

本日、半蔵門のTOKYO FMに行ってきました。

番組の収録です。

来週の木曜日(4月26日)の午前10時過ぎから始まる、「Blue Ocean Professional」で、Personalityの住吉美紀さんとお話ししてきました。

テーマは・・・健康診断と救急医療・・・(笑)

いやあ、難しいテーマですね。

方や予防医学、方や救急医学ですから・・・

 

まあ、なんとかお話をまとめてきましたよ。

詳細は番組内で・・お楽しみに。

 

それにしても、私、『FM東京』だと思っていたのに・・・正しくは『TOKYO FM』なんですね。

周波数は、80.0MHzです。

 

 

 

0 コメント

証人喚問って・・・

ロッキード事件

ダグラス・グラマン事件

リクルート事件

住専・薬害エイズ・鈴木宗男事件・・・

 

そして今回の森友。

 

証人喚問で国民が納得できたことってあっただろうか?

 

「記憶にございません」という言葉は当時小学生だった私たちの流行言葉になっていた。

今回も「刑事訴追に関わるのでお答え出来ません」っていう小学生が増えるかな?

 

官僚も国会議員もこの国のために働きたいと思って職に就いたはずなのに・・・

自分が国家・国民を欺く事に荷担したことに良心は痛まないのか?

いや、すでに良心という物が枯れ果ててしまったか。

 

 

私が親にたたき込まれた数ある教訓の一つ・・・

他人の振り見て我が振り直せ

 

医師を目指した初心をいつまでも忘れたくない。

0 コメント

川越にもおしゃれなお店が・・・第1回

MILKY WAVE

カフェレストランという分類になるんでしょうか・・

私が大学病院で働いていた頃から時々利用させていただいているお店です。

一歩店内に入ると、Jazzが流れており、店の奥にはピアノが鎮座しています。

左の写真で・・入口の右側にある席はテラス席のように外に張り出していて、晴れた日中にはとても気持ちいい席です。(私、いつもこの席に座ります)

 

年に数回、夜、このお店に有名なJazzミュージシャンがやってきてLIVEがあります。

昨年、行こうと思ったLIVEがあったのですが、あっという間に売り切れ・・・行けませんでした。

もし今年も誰か来るようなら行きたいなあ・・・

 

肝心のメニューですが・・・

これまた美味しいのが並んでおり、目移りするのです。

詳しくはHP、Yahoo食べログなどで・・どうぞ。

 

ランチ時に行くと、たまーに、私が看護師や救命士と一緒に食べてますので、声かけてくださいね・・・

 

下のマークを押すと店のHPにリンクします。(無断です・・・すみません)

 

 

続きを読む 0 コメント

学校での突然死ゼロを目指して・・

ご存じですか?

現在、国内では年間20〜30人の学童が体育活動中の事故で死亡・重度の障害を来しています。

つい先月も京都でマラソン大会中に中学生が心肺停止に陥りました。

このような事故の際に、学校現場で、そこにいる人たちが何ができて、どうしなければならないのか・・・そしてそのためにどのような準備をしておくべきなのか??

 

2月10日にさいたま市の小学校で、日本AED財団が主体となり、「学校での突然死ゼロを目指して  〜「ASUKAモデル」と小学校からの救命教育の推進」という集まり(シンポジウム)が開催されました。

 

 

 学童が倒れた際に、一番近くにいるのは、お友達・・・・

だからまずは子供たち自身に救命法の基礎を教える。

じつに理にかなった方法です。

もちろん担任の先生が保健の先生とペアで、応急手当普及員の資格を取得してもらいます。

そして授業として、救命講習を教える・・・

 

ところが、実際は地方自治体の予算不足、教育長の認識不足、教職員の時間不足、資機材購入費用の不足等々、様々な理由で実践できていない市町村の方が圧倒的に多いのです。

ASUKAモデル発祥の地、さいたま市では全小中学校で救命教育が授業として行われています。

しかし、お隣の上尾市、川越市、富士見市などではまだ行われていません。

 

仮に人間が心肺停止に陥った際、その人の救命率は時間との勝負になります。

すぐに救命処置が開始されれば9割の人が救命可能と言われていますが、だいたい1分経過するごとに10%ずつ救命率が低下。

8分経過すると救命率が2割を切ります。

この8分・・というのは、日本国内で119から救急隊が現場に到着するまでのおおよその平均時間です。

 

子供たちは、「お友達の命を助けたい!」と願っているのに、「予算不足、人員不足、時間不足」など大人の理屈で話が進みません。

出来ない理由を並べるのではなく、どうやるかを考えませんか?

いま大人たちのやる気が試されています。

 

埼玉医科大学総合医療センターの先生を始めとする多くの方々とともに、我々は、まず私立(予算とかのしがらみが少ないので・・)学校法人星野学園小学校で救命教育を開始しました。

今後、川越市立の小学校教育でも導入されることを夢見ながら・・・

 

是非、下記HPをご覧ください。

http://aed-project.jp/movies/movie5.html(下の写真をクリックすればリンクします)

 

続きを読む 1 コメント

大雪

数年ぶりの大雪が関東に降りました。

その影響で公共交通機関が麻痺・・・弱いですね都会は。

 

私も茨城の病院に行くのに、圏央道が通行止め・・・下道でも通常なら2時間で行ける距離なのに、圏央道を走れないトラックなどがすべて下道に降りてきている・・・

しかも渋滞の中には、ノーマルタイヤで立ち往生しそうな車がノロノロ、ノロノロ・・・

結局、先方の病院に着いたのは4時間後でした。

 

雪で怪我をする方が非常に多くなっています。

川越をはじめとして、埼玉県全域で病院のベッドが満床になっています。

特に整形外科。。。どこも受入困難な状況になっています。

救急搬送も外傷系は大変なようです。

みなさん、雪が降った日より、その後の数日間の路面凍結の方が怪我につながりやすいので、十分注意してください。

そして、もし動けるようなら、救急車ではなくご自分で病院へ。

その方が診てくれる病院は多いはずです。

 

 

3 コメント

年末ジャンボ宝くじ

毎年、年末は忙しいのです。

 

有馬記念、年末ジャンボ宝くじ、お歳暮、お年玉準備、インフルエンザワクチンの調整、薬品等の在庫確認、職員のボーナス、そして12月分の給与振り込み・・・・

さらにはいろいろな忘年会に招かれたり、主催したり・・

 

そんなこんなで、年が明け、今年も3賀日は大忙しでした。

連日100人を超える患者さんが殺到。

半分くらいはインフルエンザ・・・残りが胃腸炎やら外傷やら・・・

 

ようやく幕の内が明けたと思ったら成人の日連休・・・

これまた連日80人以上の患者さんが・・・

最大4時間待ちになってしまいました。申し訳ありません。。

 

そして机の上に忘れられていた年末ジャンボ宝くじ・・・

15日に気づいて当選番号と照合しました。

こういう時は当たってるんだぜ〜!!!と想いながら。

 

見事に外れました。

300円しか当たっていない・・・・

せっかく大きく当てて、クリニックの規模を大きく、より広い範囲をカバー出来るようにしたかったのに・・・・

 

 

さて、次はバレンタインジャンボだ!!

 

0 コメント

あけましておめでとうございます

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

いろいろ心配な社会情勢もありますが・・・一人一人の力と笑顔で、不安を吹き飛ばして明るい新年を作っていきましょう!!!

2 コメント

ありがとうございました

2017年もあっという間に終わりましたね。

歳をとっていくほどに、1年が過ぎ去るのが次第に早く感じてきました。

思えば小学生の頃は1日も過ぎ去るのがゆっくりだった気がするなあ・・・

 

さて、いろいろあった酉年も終わり、もう犬の便りが聞こえてきています。

来年はオリンピックイヤー。

選手達に負けないように我々クリニックスタッフも頑張りたいと思っています。

 

新年は1月1日から診療致します。

お正月に体調を崩された方・・・遠慮せずにお越しください。

 

2017年もお世話になりました。

ありがとうございます。

また、引き続き2018年も宜しくお願い致します。

 

 

0 コメント

有馬記念

年末恒例の有馬記念が開催されますね。

我がクリニックでは、毎年、有馬記念だけ馬券を購入します。

スタッフの数名が予想して、1000円券を10枚。

たいていは馬枠の連勝複式です。

開業して7年・・・まだ1度も当たっていません。

今年こそ!!!

 

でもキタサンブラックは誰も予想しないんだよね〜・・・

今年もダメかしら??

穴狙いだからね。

 

1 コメント

社会貢献者表彰式

続きを読む 4 コメント

We Are the REDs !

やりました!浦和レッズ!

今年はストレス溜まるような結果が多かったのですが・・・

10年ぶりにアジアチャンピオンをゲットしました!

 

どの試合も圧勝・・とはなりませんでしたが、負けない試合運びが出来ていたように思えます。

こういうサッカーを続けることで得られるものも多いのではないでしょうか?

 

とりあえずは、おめでとう!!

 

で・・・チャンピオンゲットセール!しようと思ってましたが・・・・

インフルエンザワクチンが無い!

入荷予定も無い!

ううむ・・・・残念。。。。

 

 

2 コメント

いやあ、良い日だったね・・

スポーツの国際大会で、日本勢が良い試合を繰り広げましたね。

まずはサッカー。

ACLで浦和レッズが敵地、サウジアラビアで 1 vs 1で引き分けました。

アウェイでの得点により、次戦埼玉スタジアムでのホームゲームで、0vs0で引き分けても勝ち!

ま、ホームなんだから勝って決めたいけどね・・

 

次にラグビー。

トンガ相手に圧勝しましたね。

トンガはランキングでは格下になるのですが、以前は良い試合になって、負けたこともあります。

この日は完全に実力が上回っている試合運びでした。

次のフランス戦もちょっと期待しちゃうな・・

 

そして写真の、稲葉ジャパン(野球)。

アジアナンバー1決定戦の、vs韓国でこれまた圧勝。

予選では延長でのぎりぎり勝利だったので、もっと競った試合になるかと思ってましたが・・・

これは東京オリンピックも期待です。

 

また、卓球のワールドツアー戦では、早田ひなの&伊藤美誠のペアが、中国のペアを破って優勝!

こちらもオリンピックに期待出来そうですな。

 

 

0 コメント

ウィルス

最近、当院のメルアドを公開しているためか、左のようなメールがたくさん来る。

開けるとウィルスが感染する仕掛になっているらしい。

こちらとしては全く身に覚えのないものなので、開けないし、セキュリティはかなりのものが入っているので大丈夫なのだが・・・

 

そもそもこういう輩は何なのだろう?

自分の私欲だけを満たそうと生きているのか?

せっかくこのような知識や技術を持っているのに、社会のために、他人のために使用できないというのは可哀想だとは思う。

 

それにしても・・・

こういう連中がのうのうと生きていられる日本は幸せなのかも知れないな・・・

明治から大正、昭和の激動の中で、我々の先達が、命をかけて手に入れた平和を無駄に享受している。

 

せめて後世の人達から、後ろ指を指されない生き方を選びたい。

 

昨今、子供の将来なりたい職業に、「YouTuber」を挙げる子がいるそうだ。

そりゃYoutubeは見てて面白いものはあるが、世の中に何も生産していない。

それを仕事とするために、人の道に外れた行為を繰り返している連中もたくさんいる。

自分の子供に「将来Youtuberになる」と言われて、諭すことが出来ない親も問題だ。

他に出来るものがないならいざ知らず・・・まだたくさんの可能性を秘めている子供が、そんな夢で良いのだろうか?

 

もう少し、自分の為、家族のため・・だけじゃなくて、社会のため、日本のため・・も思って欲しいなあ。

 

 

 

2 コメント

11月12日に出ます

6 コメント

健康な若者達の死

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また若者が一人亡くなりました。

スポーツに伴って起こり続ける、健康な若者の死亡事故。

多くは、不整脈に伴うもので、AEDなど適切な対応を行えば、改善が望めるものです。

 

当院にも2ヶ月前、サッカーでゴールキーパーの練習中、強めに蹴られたボールを胸でキャッチした次の瞬間にいしきを失って倒れた少年が来ました。

幸い彼は数十秒後に意識を回復して、お母さんに連れられて当院を受診出来たのですが、受傷時にはコーチ、グランドの管理人など周囲の大人は誰も応急対応が出来なかったのです。

もし彼が自力で不整脈から回復出来なかったら・・・今回の大学生と同じ道をたどっていた可能性が高いです。

 

日本は市民レベルでの応急対応の後進国なのです。

少子化が問題になっている今こそ、大人達が正しい応急対処の知識を付ける必要があるのではないでしょうか?

特に、スポーツに係わる大人達・・・選手の両親も含めて・・・誰かが倒れたらAEDを装着する、スポーツが行われる場所の一番近くのAED設置場所を確認しておく、そんな当たり前のことをやりませんか?

それだけでも、年間に数名の若い健康な命が救える可能性が高いのです。

 

 

 

0 コメント

たまには学術的な話題も・・・

毎年5月頃に、その冬に流行るだろうインフルエンザの型を厚労省が決定します。

それに基づいてワクチンが作られるのですが・・・

 

今年は7月に厚労省が型を変更。

通常より2ヶ月遅れてワクチン生産が始まったのです。

 

おかげで全国的にワクチン不足に悩んでいます。

 

これを「ワクチン行政の失政」と言わずしてなんなのでしょう??

こういうのを野党は追及して欲しいなあ。

財務省も医療費削減ばかり言ってないで、予防医学は将来の医療費削減につながるんだから、ワクチン行政に予算を付けるくらいの理解があってしかるべきだと思いますね。

 

さて、ワクチン不足に際して、こんな医学論文をみつけました。

Half- vs Full-Dose Trivalent Inactivated Influenza Vaccine (2004-2005)Age, Dose, and Sex Effects on Immune Responses

Arch Intern Med. 2008;168(22):2405-2414. doi:10.1001/archinternmed.2008.513
一言で言うと、インフルエンザワクチン、足りなかったら、通常の半量でも結構効くよ!
というのを証明した内容です。
また、良く聞かれるのですが・・・「妊娠しているのですけど接種して大丈夫ですか?」と言うのに対する一つの答えが・・・
Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants.
 2008 Oct9;359(15):1555-64. doi: 10.1056/NEJMoa0708630. Epub2008Sep 17.
妊娠後期の母体にインフルエンザワクチンを接種すると胎児にも抗体が移行し、出生後6ヶ月までの期間のインフルエンザに罹患する率を下げた・・・という論文です。
調べてみるといろいろ出てきますね。
1 コメント

3勝2敗

楽天戦の勢いそのままに福岡で2連勝、横浜でも初戦を勝ち、「こりゃ4連勝かな??」と思わせたホークス・・・

 

その後2連敗してしまいましたね・・・

 

今年はインフルエンザワクチンが足りなくてみんな困っています。

当院も例外ではありません。

おそらくこの3連休中にはワクチン品切れになるでしょう。。。

 

だから、早く決めて欲しいんだけどなあ・・日本一。

このまま最終戦とかまでもつれたら、優勝セール・・・やりたくてもできない状態になっていそうで・・・

 

今夜も負けました。

明日は移動日。

土曜の福岡で決めて欲しいなあ。。。。と切に願う院長でした。

 

 

0 コメント

まずは1勝

Softbank Hawks 10 vs 1 DeNA Baystars

まずは1勝しました。

理想的な勝ち方でした。

あと3つ勝ったら・・優勝セールだよ〜!!!

明日もみんなで応援しよう!

 

 

0 コメント

衆議院選挙落選して文句言っている方々へ・・

小池百合子のネームバリューにすがって希望の党入り。

ろくに有権者に政策も語れず、自民の揚げ足取りに終始し、希望の未来像を我々に提示出来なかった方々・・

落選は小池さんの一言のせいでは無いですよ。

あなたの力が・・・小池さんの発言をひっくり返すだけの説得力が欠けていたんです。

 

前原辞めろ!と言っているあなた・・・

じゃあ、誰が民主党を引っ張れるんですか?

あなた方が多数決で選んだ党首でしょ?

自分たちで決めたことを誰かの責任のように言うのは幼稚すぎます。

そういう気質が国民から嫌われているのが分からないんですね?

 

まあ、落ちる政治家はみんな国民の常識とはかけ離れているぞ。

その自覚さえ持てないんだろうな・・・

秘書も、ちゃんと教えてあげたらいいのに・・・あ、もしかして多くの議員さんは秘書に向かって、「うるさい!このハゲー!!」って言ってるのかな??

豊田さんだけじゃ無いだろうとは思ってるけど・・・

 

さて・・・この選挙を受けて安倍さんがどう出るか・・だな。

本当に森友・加計の説明を真摯にするだろうか??

いやあ・・・あの人はしないね。

 

それにしても、自民が大勝したら安倍がやりたい放題になるよ・・って心配している人が周りにいっぱいいるのに自民党大勝するんだね〜。

埼玉県なんて小選挙区、大宮の枝野さん以外、全部自民党だもんね〜

びっくり!!

 

じゃあ、自公政権に納得出来る政治をしてもらいましょうか。。。。(まあ、納得できる政治は他の党には難しそうだし・・・)

 

 

 

0 コメント

日本救急医学会

24〜26日にようやく日本救急医学会が終了しました。

今回、「LOVE EM 救急への想い」というセッションに発表させて頂きました。

あ、木川副院長も2題発表がありました。

なので、この間、我がクリニックを休診にさせていただきました。

皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

 

じつは救急医学会にもTVカメラが付いてきて、撮影されていました。

来る11月12日日曜の19時半から・・・TV東京で特番やるそうです。

その番組にちょっと出ます。

お暇ある方は観てください。

 

さて、いろいろな勉強もしてきましたし、懐かしい面々にも会えたし・・・

リフレッシュ出来ました。

また今日からばりばり働きます。

 

 宜しくお願い致します。

 

 

統制社会の始まり

8月末に厚生労働省が、医業等に係るウェブサイトの監視体制強化事業の開始」というプレスリリースを発表しました。

 

医療機関のウェブサイトにおいて不適切な表示が認められる等の指摘を踏まえ、8月 24日より、「医業等に係るウェブサイトの監視体制強化事業」を開始し、医療機関の ウェブサイトの監視体制を強化します。

とされております。

ま、要するに、不適切な広告表示を取り締まる・・というのが建前です。

 

「この〇〇法で、長年悩んでいたシワが消える!」とか、「シミが嘘のように消えます!」みたいな・・・

 

不適切な広告の取り締まりに乗り出すのはいいのですが、もっと取り締まってほしいのはいっぱいあるでしょうに・・

 

例えば雑誌、「週刊〇〇」の「いい病院特集」とか「信頼できる医師特集」とかあるじゃないですか。

あれって、事前に出版側から打診があるの知ってますか?

 

今回、週刊〇〇で「信頼できる医師特集」という内容で出版を考えております。

編集局内で貴院がノミネートされました。

週刊〇〇は発行部数が・・・冊で全国で販売されている週刊誌です。

ぜひこの機会に貴院を全国にご紹介させていただけませんか?

 

みたいな内容の手紙が来ます。

で、最後に・・・

 

掲載料:A4サイズ全面・・・3,000,000円

          半面・・・2,000,000円

デザインにご希望ある場合は画像ファイルを添付してお申し込みください。

 

みたいなのが書かれているのですよ。

 

なので、ああいう企画ものを信用したらダメですよ。

お金持っているところが載っているだけですから・・・

 

医療機関のHP取り締まるより、むしろこういう特集とか、web上でよくある「痩せる薬」みたいなの取り締まれよ!と思ってしまうわけです。

厚労省の本当の狙いは広告の取り締まりじゃなくて、こういう院長の国家体制に対する反抗心をチェックしているのかもしれませんな・・・

ああ、我がクリニックの評価は最悪だ。。。。。。(◞‸◟)

 

 

 

 

 

 

6 コメント

衆議院解散&選挙

この大変な世界情勢の中で、よくも自分たちの都合だけで解散&総選挙を断行するもんです。

このタイミングなら民進党は新代表で安定していない・・小池新党も候補者が少ない・・・安倍内閣は支持率がやや持ち直した・・・

だから今?!

 

まあ、日本の政治家が自分の地位確保に躍起になる、「政治屋」だということは知っていましたが、まさか北朝鮮とアメリカが一触即発のこの中で、のうのうと選挙をするとは・・・

 

さて、野党も筆頭の民進党はいきなり解党・・しかも小池新党に合流と言う名の吸収だそうです。

前原代表の言い分もわかりますが、打倒安倍政権だけ掲げられても、そりゃあんたたち政治家の都合でしょ?と言いたくなります。

ちゃんと日本の未来、世界の中の日本の立ち位置をきちんと政策として示していただかないと納得できませんやね・・

まだ自民党の方がはっきり出していますよ。

その自民党の政策に反対したい国民はどこに批判票を持って行けば良いんでしょう???

 

私なんかは、医療費削減を掲げて、年々診療報酬が削られていく自民党の政治には反対です。

かと言って、民進党は医療費をどうしたいのか?未来の日本の医療をどうしていくのか??

同じように共産党は??希望の党は?

どこも野党は具体案を出しません。

ただ、安倍政権を倒す!だけです。。。そんなかけ声に踊らされる国民は今時いないですよ。

 

できるだけ早期に将来の日本を描いたマニフェストの提示をお願いします。。。政治家の皆さん・・・

 

 

 

 

 

1 コメント

インフルエンザワクチン決定!

ながらくすったもんだしていたワクチン接種・・・10月10日火曜日から行います。

どうやら今年はワクチンの生産が少なくなるようで、入手も難しくなる可能性があります。

さいたま市北区ではすでに学級閉鎖になった学校もあるので、早めに接種した方が良いかも・・・

 

当院でも一応、昨年同様の本数を発注していますが・・・

 

 

しばらくみなさまからのコメントが書けない状況になっていました・・・すみません。

どうもHPのシステムが変わったのに付いていけてませんでした・・・

なんとか復旧しましたので、みなさまも書きたいことを勝手に書いて、ストレス発散してください。。

 

ただし院長が読んで、不適切と判断した発言は取り消させていただきます。悪しからず・・・

 

0 コメント

ソフトバンク優勝!

今年も我がソフトバンクホークスが優勝できました。

昨年は良いところまで行けたのに、日ハムの猛烈な追い上げで逆転されました。

そのリベンジを果たせたのは非常にうれしいことです。

 

さて、今後、クライマックスシリーズを戦って、勝ち上がって日本シリーズとなるのですが・・・

さて、問題は西武だな・・

 

日本一になったら、またセールやります。

ワクチン一律2000円で・・・

さあ、みんなで応援しようね!!

0 コメント

恒例の本のご紹介

続きを読む

インフルエンザワクチン

やってきましたインフルエンザの季節。

すでに東京の一部ではインフルエンザが出ているとか・・・

そもそも医者は夏の発熱・咽頭痛・関節痛でもインフルエンザはまず疑いませんので、検査はなかなかしません。

もしかすると、「夏風邪」と言われていたのが実はインフルエンザだったのかも・・・??なんてことも。

 

さて、当院では恒例通り、10月1日からワクチン接種を開始する予定です。

価格も昨年同様に抑えようと思っています。

 

さらにプロ野球パリーグでは、ソフトバンクホークスが首位を走り始めました。

もし優勝すれば、今年もやりまっせ! 優勝セール!!(クリニックの院長以外の職員はみんな嫌がってるけど・・・)

さあ、みんなでホークスを応援しましょう!!

 

お盆

いよいよ今年もお盆期間になりました。

なぜか、お盆期間は医療機関もお休みのところが多いんです。

当院は休まず診療していますので、困ったらお越しください。

 

さて、お盆・・・日本では8世紀の頃から行われていた記載があるそうです。

8世紀というと、小学校で習った、「大化の改新」とか「平城京」が行われた時代ですね。

その頃から脈々と引き継がれている風習・・・なんだか素敵ですね。

こういう風習が時代の中で風化していかないように、後世に伝えるのも我々の役目なのだと思います。

 

新しいもの、グローバル化も良いけど・・・やっぱり日本人としての心は持ち続けたいですよね。

 

 

 

水被害

九州で記録的な豪雨により、水害が広がったニュースが記憶に残っています。

最近は東北から北海道あたりに大雨被害が移ったようです。

 

さて、一方で関東は逆に水不足で取水制限がかかっています。

このままでは夏の生活用水の確保も危機状態だそうです。

 

そういえば、東日本大震災後に、東電の発電量が不足した時、東北や中部辺りから送電線を経由して、電気を分けてもらう・・・という案が浮上していました。

あれ、水道ではできないのかしら?

 

調べてみましたが、水道管は全国でつながっているわけではなく、水の融通は難しいようで・・・

でも、これこそライフライン。

新幹線の高架の下とかに水道管をつなげておけば、融通可能になるんじゃ??

 

本当に必要?と思うような公共投資が多い中、「ああ、それいいね」と思えるようなものがあってもいいなあ・・・

とニュースをみながら考えてみました・・

 

 

7周年です

7月7日に我がクリニックは開業7周年を迎えました。

 

この間、いろいろなことがありましたが、まあ、無事に7年間続いたのは、皆様のおかげと感謝いたします。

 

最近、ちょっとクリニックが手狭に感じるようになってきたので、もう少し規模を広げようかと考えております。

現在、土地とか建物とか医療機器とか・・いろいろなことを画策中です。

またまた多額の借金しないといけないので、ローンの総額&返済期間、そして私の寿命と相談しつつ・・・

 

また8周年を迎えられるよう、職員一同頑張っていきたいと思います。

 

今後もよろしくお願いいたします。

 

 

獣医学部新設だあ???

国会閉鎖中審議をTVで観ました。

その中で、国家戦略特区ワーキンググループの原委員が答弁しました。

 

従来の獣医師はまだしも、新薬の開発や行政的な仕事をする獣医師などは全く不足しており、今後の需要を考えると獣医学部を増やす・・・云々

 

へえ、この人たち、獣医師の不足は大々的に取り上げるけど、医師不足は全くお構いなしなんだ・・・・と思ってしまった。

ご存じかもしれませんが、病理の医師が不足しており、病因、死因等の解明に影響が出ている。

麻酔科医の不足により、外科医や産科医など、術者が自分で麻酔を行って、手術中は看護師だけで管理している医療機関が多い。

等々、人間様の医療に関してもだいぶ困った問題が起こっているのですが・・・

その辺は国家戦略では無いようですね。

 

まったく、人間様より動物様を優先させる国家戦略ってなんなのよ?

 

ちなみに日本はOECDデータによると、人口当たりの医師数は、先進国36ヶ国中、下から9番目の(28位)です。

 

東京オリンピック

先日、学会で2020東京オリンピックの話題が出ました。

着々と準備が進んでいる部分と、全く手つかずの部分があることが改めてわかりました。

 

準備が進んでいる部分は、主に建設、いわゆるハード面です。

そして大会事態に関わる、コアなところの警備とかテロ対策とかその辺も話し合われているようですが・・・・そこに医療はほとんど関わっていないようです。

オリンピック準備委員会と国と都、そして警察&消防・・・

でも医師会はまだ蚊帳の外だそうで・・・

 

川越に目を向けると、警察、市はなんかやってるのかな?

でも消防の計画はまだ机上の空論だし、医療機関なんかなんの話も出ていないのが現状です。

どんなに警備や警察がちゃんとやっても、大会会場中心になります。

川越なら霞ヶ関カントリーでしょうか・・・

じゃあ、熱中症になった観客は誰がどうするのか?

日本の夏の昼間にゴルフは行われます。

熱中症患者は1人や2人ではないはず・・・

救急車を会場に1−2台置いても焼け石に水でしょう。

 

また、さいたまアリーナでもバスケットボールの試合があります。

大量に患者が出た場合は川越市にも患者来るだろうに・・・

 

さて、誰が考えて、いつ行動始めるんでしょう???

 

 

 

こんなのんきな国民で良いのか??

4月16日に北朝鮮はミサイルの発射実験を強行したそうです。

4−5秒で爆発し、結果として失敗に終わったそうですが、もし上空高く打ち上げられていた場合は、東シナ海に展開している米軍が迎撃なり発射基地の攻撃なりを行った可能性があります。

 

シリアやイスラム国と言われると、どこか遠くの異国で行われている紛争・・と思ってしまいますが、今回はお隣の国、お隣の海での話です。

おそらく日本人は昔の朝鮮戦争時に日本は巻き込まれず、むしろ軍需景気で経済的に好景気になった・・という記憶があるのでしょうね。

 

でも40年前の戦争と今の戦争では話が異なります。

北朝鮮も、数々のミサイル実験の目標として、在日米軍基地を明確にあげているのです。

 

これまた日本国民は、在日米軍基地というと沖縄だと信じているのでしょうが、佐世保、岩国、三沢など本州にも米軍基地は散在し、最も密度の高いのは、横須賀、立川(横田)、厚木をもつ関東なのです。

さらに正確性の低そうな北朝鮮のミサイル・・・横田基地を狙ったミサイルが、たとえばここ、川越に落ちてしまう可能性なんて普通に考えられるのですが・・・

 

本日の国会でも、安倍首相は「対話による圧力を・・」と言っておりますが、ミサイルを撃ち込まれたときの対応は具体的に考えられているのでしょうか?

埼玉県は何か考えているのでしょうか?

川越市は???

 

むしろ国民に危機感がまるで無くて、あいかわらず急性アルコール中毒の患者が運ばれてくる平和さです。

マスコミもあまりこの問題を取り上げず、しかも日本が戦争に巻き込まれる可能性や対策について取り上げるものはありません。(報道制限されているのか?)

今日も東京ディズニーランドにはたくさんの人が行っていることでしょう。

 

突然のトランプ大統領の攻撃命令、そして北朝鮮からの報復が無い・と断言できる人はどこにいるのでしょうか?

 

6 コメント

今年も桜の季節がやってきました

日本人の心のどこかには桜の美しさ、すぐに散ってしまうはかなさ・・が刻み込まれているように思います。

今年も桜が咲き始めました。

東日本大震災で被災した人たちも、春に咲いた桜で心が少しだけ癒やされたと言います。

皆様もちょっと近所の桜の花に心を奪われてみませんか?

 

大人になってから空や鳥、木々を見上げる機会が減っていませんか?

もう一度頭の上を仰ぎ見て、その美しさに思い切りため息をつきましょう。

365日のうちのわずか1ー2週間だけ・・・そして世界でも日本と一部の国の人だけが経験できる美しさです。

そして花が散った後の寂しさを、去ってしまった人と重ねて少し忍びましょう。

 

でも人は前を向いて歩いて行かねばなりません・・・

新学期、新年度をまた頑張りましょう。

 

くれぐれもお酒を飲み過ぎないように・・・ご注意を。

 

 

0 コメント

スポーツネタをもう一つ・・・

7日から始まるWBC、侍ジャパンの戦い。

ようやく中田に1発が出た・・と喜んでもいられません。

 

壮行試合5試合は負け越し・・・

先発投手もイマイチピリッとせず、打線に至っては貧打。

こりゃ予選敗退も覚悟しとかなきゃ・・かな?と心配な内容です。

 

そもそも、今のチームが最強の日本なのでしょうか?

やはり第1回、第2回と力が入っていた時のメンバーに比べると役者不足は否めないかな・・・と。

当時、大リーグのチーム事情で出場を断った松井に対して批判が出たくらい、野球ファンも世界一決定に夢中でした。

でも・・・回数を重ねるごとに、「なあんだ、今回はあいつ出ないのか・・」とか、日本の球団の事情で温存する選手がいたりで盛り上がりはイマイチです。

 

あれだけ活躍したのに、マエケンは出場しない、田中もダルも出ません。

せいぜい川崎くらい呼んだら??と思うんですけど・・・

大会自体も毎回方式が変わって・・・要するにアメリカが優勝するまで変わるんでしょうなあ・・・

 

昔、F1でホンダが勝ちまくった時、FIA(世界自動車連盟)がヨーロッパ勢が勝てるように規定を変更しました。

WRC(世界ラリー選手権)でも三菱やスバル、トヨタが勝ちまくると規定を変更。

どいつもこいつもトランプとやってることは変わらねえじゃねえか!

やっぱり世界の中心は大西洋じゃないと気が済まない人たちなんだろうなあ・・・

そいつらをギャフンと言わせるようなチームであってほしいと願う今日この頃です。

 

 

2 コメント

新横綱

久しぶりの日本人横綱を!という期待の元に、若干気が急いた感もある新横綱が誕生しました。

なんとこれで横綱4人です。

2000年に若貴、曙、武蔵丸の4横綱以来17年ぶりです。

 

それにしても相撲ファンが一斉に稀勢の里ファンになったのではないかとも思わせるフィーバーぶりです。

ここまで相撲界を引っ張ってきた白鵬、さらには日馬富士、まだ横綱になって間もない(と思ってたらもう3年が経過していましたね!)鶴竜への声がほとんど聞かれなくなってしまったのは・・・・?????

マスコミの報道のせいでしょうかね?

 

さて、昔から人気スポーツ選手を「贔屓の引き倒し」で潰してきた日本ですが・・・今回は??

まあ、横綱というのは、多少騒がれようが実力を見せつけられるものなのでしょうが・・・

現3横綱が昇進した場所の成績は、日馬富士と鶴竜が9勝6敗、あの白鵬でさえ11勝4敗でした。

そういう意味では貴乃花は13勝2敗で優勝しています。立派!

ちなみに15日制になって昇進後の場所で優勝できたのは、大鵬、貴乃花、隆の里の3人だけだそうです。

 

さて、明後日から大阪場所開幕です。

宇良あたりがかき回してくれると楽しいと思うのですが・・・

 

 

0 コメント

ああ!!もう2月だ!

気がつけば2月15日・・・もう2017年も1/8が過ぎました。

そもそも小さい頃から、『どうしてお正月が終わるとあっという間に3学期が終わっちゃうんだろう?』って不思議でした。

イベントが多いからでしょうか?

 

きっと昔から新年を祝って、まだ見ぬ春に向けて気持ちを高ぶらせて行ったのでしょうね。

正月、成人式、節分、梅の便りが聞こえてきて・・・桜前線って言ってるうちに春休み。

でも、医者になってからも1月から4月って早かった気がしますね。

まあ、今は1年中早いんですけど・・・

 

一番長く感じるのはゴールデンウィーク後、7月までの時間です。

山の日も8月とかじゃなくて6月の中だるみ辺りに作ればよかったのに・・・と思います。

 

現在、院長は5月の学会発表に向けて資料作成中。

これまたいつも思います。。。。

『ああ、こんな面倒なことしなきゃいけないなら、応募しなきゃよかった・・・・』

でも、我がクリニックの取り組みを全国のお医者さんたちにアピールするいい機会なので頑張ります。

 

どうも一般の方々にはTV放映で有名になったのですが、医者の間では知られていないか物好き・・と思われていて。

今年は『社会の役に立ってるんだぞ!』というのを宣伝する年にしてみたいなあ・・と。

 

さて、受験生は一番プレッシャーがかかる2月です。

全国の親御さんたちもピリピリする時期ですが、3月の喜びに浸るための準備段階ですから・・皆さん頑張ってくださいね。

周囲でインフルエンザが蔓延している場合は、薬の予防投与というのも可能なんですよ(ただし自費診療です)。

ご相談ください。

0 コメント

川越耳科学クリニック1周年記念パーティに行って来ました

ここ埼玉県川越市には、他の街にはなかなか見られない医療機関がいくつかあります。

もちろん、筆頭は我々の救急クリニックなのですが・・・

 

川越駅前のマイン2Fに医療クリニックモールがありまして、その中に耳鼻咽喉科が存在します。

川越耳科学(研究所)クリニックという名前です。

坂田先生という、めまいの分野では有名な先生のクリニックです。

詳しくは、上の画像をクリックしていただけば、HPに飛びます。

 

先日、このクリニックの1周年記念パーティに招かれ、参加して来ました。

その席上で坂田先生は、「川越周辺のめまいの患者さんを、上原先生の川越救急クリニックとコラボして、24時間体制で診療して行きたい」とおっしゃられました。

おお!爆弾発言!

しかも巻き込まれた・・・・

その後の懇親会で、坂田先生から「上原先生、さっきの話、是非やりましょうね!」と事後承諾をお願いされました(笑)。

 

ということで、今年から、川越周辺のめまいを始めとする、耳鼻咽喉科領域の疾患は、昼は耳科学クリニック、夜は救急クリニックで診ることにします。

ま、当院は本当に応急処置するだけで、翌日に耳科学クリニックを受診してもらうんですけどね・・・・

なので、主体は先方です。

我々は協力する形で・・・

 

でも考えてみれば、埼玉県内には、休日夜間に耳鼻咽喉科を見てくれる医療機関が皆無なので、我がクリニックが坂田先生のところとコラボして受け入れるのも、少しは県民のみなさんに貢献できているような気になります。

いいなあ・・こういう展開。

次は循環器だなあ・・・誰か、循環器の医療機関造ってくれませんかね?

所沢ハートセンターみたいな。

コラボしましょうよお。。。。

 

2 コメント

2016年から2017年へ

2016年が終わり、2017年に変わろうとしています。

 

小さい頃から、冬休み、クリスマス、大晦日・・・そして元旦。

院長の家は本屋さんだったので、親とゆっくり過ごせる元日、2日は大好きでした。

12/31も店は夜10時まで開けていましたが、8時を過ぎると紅白歌合戦が始まって、店にはほとんどお客さんは来ませんでした。

ま、おかげで我が家も紅白を観れたのですが・・・

 

正月は、よく浅草寺や神田明神に初詣に行きました。

今でも毎年、元日か2日に神田明神に初詣に行きます。

日本橋生まれの私の氏神様なのです。

 

神田明神には、平将門が祀ってあります。

かたや、成田山は、将門を撃った藤原秀郷を支援した僧寛明が将門成敗の後に不動堂を建立したのが始まりです。

なので、神田明神と成田山新勝寺は敵対しているのです(笑)。

面白いことに、1000年以上が経過した現代でも、神田明神の氏子は成田山にはお参りしないのが習わしとなっています。

なので、私は成田山には行きません・・・川越にもあるんですけどね。

 

さて、2017年も神田明神へ初詣して、16時から診療開始。

みなさん、2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1 コメント

医療に関する迷信・・・その4『かかりつけ』

かかりつけ医という言葉があります。

定義がしっかりしていないのでわかりにくい言葉の一つです。

患者さんは『あの病院の○○先生に3年前に手術してもらったので、あの先生は私のかかりつけ医』と思っていても、手術後に別の医療機関に紹介されたり、最近はかかっていない場合は、医師側はその患者さんを自分の病院のかかりつけとは思っていないことがあります。

また、総合病院では内科にかかっている人が怪我をした場合など他の科の範疇の場合、『かかりつけ患者』とは認めない場合もあるのです。

 

医者側からすると、定期的に受診している患者さん以外はかかりつけとは思えないことが多いのです。

風邪を引くたびに、この医療機関に行く・・・ではかかりつけとは言えません。

 

患者さんとしては、診察券があって、顔見知りの医者がいればかかりつけと思ってしまうのですが、別の医師から見るとかかりつけではないのです。

しかし、近所の開業医の先生はかかりつけ医にはなれるけど、休日夜間の救急には対応できないことが多いし・・・

 

ま、そんな場合は当院にお越しくださいませ。

検査結果や診断を付けて、かかりつけの・・あるいはご希望の医療機関に紹介いたします。

その代わり、基本、当院はかかりつけ医にはなりません。悪しからず・・・・

 

 

2 コメント

ああ・・・Reds!

ある意味予想通りだったのだろうか?

ここ数年、多くのサポーターに終盤まで期待を抱かせた結果、最終的には負け続けてきた。

 

が、今年は違うと予感させてきた。

 

敵地鹿島で1ー0で勝利。

あとは埼玉スタジアムが真っ赤に染まれば賜杯はもらった・・・はずだった。

 

先制点は浦和が奪った。

目の前の優勝に手が届いた。

あとは奪い取られないように守るだけだった。

しかし、守りに入った浦和は脆かった。

今年は攻めの姿勢を貫いてきた年間1位だったのに・・・最後に守らざるを得ない状況になってしまった。

先制点に絡んだ選手をも守備的選手に交代・・・ペドロヴィッチ監督も守りに入っていた。

 

鹿島はホームで0ー1で負けていたので、最初から2点を奪いにきていた。

したがって、浦和の先制点はあってもなくても同じだったのだろう。

90分間落ち着いた王者の戦いをしたのは、年間3位の鹿島だった。

 

『貴重な経験をした。これを糧に進化していきたい・・』ある選手は負けた後にインタビューに答えた。

が・・・もう10年も『いい経験』を積み重ね続けていることも自覚しなければなるまい。

 

 

0 コメント

寒い夜は読書で心を温めましょう

読書をすると脳波にアルファ波が増えるそうです。つまりリラックスできるということ。ストレス解消に有効というデータもあるようで・・・さらに集中力を高めることができるし、想像力が高まります。それはあなたや社会をワンランク上げてくれる効果をもたらすことでしょう。

寒い夜、心に温かみを・・・スマホを置いて、じっくり読書してみませんか?

続きを読む 3 コメント

医療に関する迷信・・・その3『私の風邪には抗生物質が効く!』『咳止めのテープ製剤が欲しい!』

今年も冬になって風邪が流行するようになりました。

この風邪・・・急性咽頭炎の原因となる病原体として多いのは、ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなどのウィルスです。

ちょっと薬に強い方は知っていますが、抗生物質は細菌には有効ですが、ウィルスには全く効果がありません。

なので、急性咽頭炎のほとんどの病原体に対して、抗生物質は必要ないのです。

残念ながらこれらのウィルスに対して有効な薬剤はまだ開発されていません。

したがって、咽頭炎の時には、対症療法・・・今ある不快な症状を抑え込む薬を使用する・・・を行うのが普通です。

でも、これって治す治療ではありませんので、薬を服用しようが、止めようが、完治まで4日かかるものは4日かかることになります。

むしろ服薬に一生懸命になるより、しっかり水分を摂取してゆっくり睡眠をとる・・・これが一番の治療法です。

 

例外があります。

子供達に流行することが多い、溶連菌感染による咽頭炎です。

見てわかるように、溶連は細菌です。

なので抗生物質が効くのです。

米小児科学会(AAP)、米疾病対策センター(CDC)、米感染症学会(IDSA)は、溶連菌に用いる抗生物質として、ペニシリン、アモキシシリン、エリスロマイシン(ペニシリンアレルギーの患者向け)、第1世代のセファロスポリンを推奨しています。

日本の小児科や内科がよく処方するような、第3世代のセファロスポリン系抗生物質(セフゾン、メイアクト、トミロン、バナン、フロモックスなど・・最近はジェネリック薬で〇〇○ピボキシルとかセフジニルとか)は処方すべきではないとされています。

また、不要な抗生物質の使用を抑制するため、処方に先駆けた溶連菌検査の実施を勧めています。

 

さて、『咳が出るから貼り薬をください』という親御さんがよくいらっしゃいます。

ここで言う「咳止めのテープ」とは、ツロブテロールのテープ剤(商品名:ホクナリンテープほか)のこと。

医師からこのような説明を受けて処方されているケースが多いためか、子供を持つ親の間では、この呼び名が口コミで広まっているようです。

親としては、なかなか飲んでくれない飲み薬よりも、張っておくだけで済むテープ剤は使い勝手がよいので、結果として医師へのリクエストも増え、「咳の出る子供にやたら処方されている」現状があります。

ツロブテロールのテープ剤の適応は「気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺気腫」。

そもそも、徐放性のβ2刺激薬であり、気管支拡張作用によって呼吸を楽にすることはできても、咳を止める作用はありません。

副作用として、手の振るえや動悸などの報告もあります。

 

抗生物質もツロブテロールテープも、診察した医師としては、肺炎や気管支炎の見逃しの可能性を恐れて、つい処方してしまうのでしょうが、親御さんには正しく説明して欲しいものです。

『ただの風邪だと思うけど、肺炎の可能性が否定できないので、念のため抗生物質も出しますね』とか、『喘息の可能性が否定できないので気管支を広げる貼り薬も出します』とか・・・

決して、風邪が抗生物質で改善することはなく、貼り薬で風邪の咳が止まる訳でもないのです。

 

ご注意を・・・!!!

 

 

0 コメント

医療に関する迷信・・・その2「頭を打ったとき、たんこぶができれば安心?」

子どもが頭をぶつけて当院に連れてきた時、

「たんこぶが出来てたから大丈夫かと思ったんですけど・・・・」とか

「どこにもたんこぶが出来なくて・・・危ないでしょうか?」

などと言って来られる親御さんがいらっしゃいます。

 

たんこぶ・・・頭部皮下血腫

通常、頭の皮膚の下(頭蓋骨より外側)に内出血して、血液が固まった状態で、表面から見るとモッコリ盛り上がる・・・触るとやや硬めの腫瘤です。

皮下の出血なので、頭蓋骨内の状態には全く関係ありません。

もちろん、たんこぶが出来ない=皮下の出血が無い、なので、たんこぶ無い方が軽症です。

 

ブヨブヨなたんこぶ・・・帽状腱膜下血腫

たまに、触るとたんこぶの中が硬くなくてブヨブヨすることがあります。これは帽状腱膜下血腫という、まあ、たんこぶなのですが、皮下出血よりやや深い部位、頭蓋骨とその直上の膜の間に出血した血腫です。

だからと言って特に治療があるわけではありません。

頭蓋内に影響が無ければ経過観察で十分です。

 

緊急受診が必要な場合

1. 意識障害がある場合

 受傷直後に意識障害があったかどうか?子どもならぶつけてすぐ泣いたか?しばらく泣かず、動かず・・・1−2分経過してから大泣きし始めた? 目が開いていても、顔色が悪かったり、ぼーっとしている、反応が鈍いなど普段と違う状態の場合は早めに医療機関を受診しましょう。

 

2. 嘔吐

 子どもの場合、お母さんに怒られただけでも吐く子どももいます。1−2回の嘔吐は許容(もちろん経過観察は必要ですよ)しますが、3回以上嘔吐する場合は医療機関を受診しましょう。

 

3. 手足が動きにくい、言葉が出にくいなど、自分の体が普段と異なる場合

 いつもの自分と違う・・と感じた時は我慢せずに受診しましょう。

 

4. 痙攣が出た

 

5. ぼーっとしている、放っておくと眠ってしまう、反応が悪い・・・

 

小さな子供やご高齢の方は症状がわかりにくいことがあります。元気だと思っても、24時間程度は気をつけましょう。また、ご高齢の方は数日から数週経過した後に反応が悪くなることがあるのでこれまた注意!

 

ま、【たんこぶの出来、不出来では、内部の状態は予想できない・・】が結論ですね。

 

1 コメント

医療に関する迷信・・・その1「発熱すると子どもの頭がパーになる」

昔からおばあちゃん達はこう言いました。

「そんなに高い熱が出てたら、頭がパーになっちゃうよ!早く頭を氷枕で冷やして、熱冷ましを使いなさい!」

そして、21世紀の現在でも、この言い伝えを信じているお母さん達が全国にいらっしゃいます。

 

発熱

体温管理は主に脳で行っており、体温を上げたい場合は、全身の筋肉を使ってエネルギーを消費し発熱します。体温のコントロールのメインは、手足や体幹部の皮膚に近い部分にある毛細血管を通過する血液が外気と熱をやりとりしながら行っています。

そして、ここが大切なのですが、体温は高い方が自分の免疫力(白血球の働き)は高くなります。すなわち、極論してしまえば、発熱している方が敵(細菌やウィルス)をやっつける力が強いので、早く治る可能性があるのです。

病気になったときに発熱するのは、体内に入った敵を撃退するために、自分の免疫力を上げるためなんですね。

 

熱が高いと頭がパーになる???

昔、まだ医学が発達していなかった頃・・・たとえば江戸時代(と言ってもわずかに200〜400年くらい前のことですから、世代的には皆さんの5−6世代前の話です)に、まだ髄膜炎とか脳炎といった疾患が分かっていない頃、何だか分からないけど高い熱を出して変なことを言い始め、痙攣起こして意識消失、死んでしまう子ども達がいたのでしょう。そういう症状をみたら、お金が無くても医者にかかりなさい!みたいな。。。。これ、院長の勝手な持論ですが・・・

 

発熱時は入浴だめ?

これまた迷信でして、むしろさっと入浴して身体を清潔に保っていただくのは良いことなんですよ。ただ、発熱時は身体はエネルギー消費が亢進していますから、あまり長湯して温まるのは避けた方が良いかも。逆に体力に自信のある方は、長湯して体温を上げる時間を増やしても良いのかも・・・でも思ったより脱水が進むので、必ず水分を1ℓくらい摂りながらやってくださいね。

 

寝るとき身体が冷えないように寝間着や布団は厚めに?

たしかに身体が冷えるのは免疫的にもよろしくありませんが、暑すぎるのも問題が・・・前述したように、外気との熱のやりとりで体温コントロールするため、あまり熱がこもってしまうと「うつ熱」でどんどん熱が上がってしまう可能性も・・・また、大人でも入眠時は良くても、夜中に暑すぎて布団を蹴り飛ばしてしまって、かえって朝方の寒い時間帯には布団が無かった・・・何てことも(院長よくあります)。

 

「寒い」と言っている、悪寒がある場合

前述したように、外敵をやっつけるためにもっと体温が欲しいときには、全身の筋肉を使って発熱します。これが震え・・・震えているときは、身体が「もっと熱を!」と言っているのです。この場合は、厚着させて、体温を保持しましょう。でも、一定時間が過ぎて、ふるえが止まり、少し「暑い」と言い始めたら、通常の保温で十分です。

 

熱より嫌なこと・・・

それは脱水。体温が高くなればそれだけ身体から逃げていく水分も増えます。いつもに増して水分摂取が大切です。そして、脱水になってきたときに、人間の身体は、重要な臓器の血流を維持するため、手足などの不要な部分の血流を絞ってしまいます。そうすると皮膚血流が悪くなって、熱のやりとりができなくなり、うつ熱でさらに体温が上昇してしまう・・・

ご両親に注意して欲しいのは、脱水!今日のおしっこの回数は?色は濃くなっていないか?手足の爪や皮膚の色は正常か?口の中は乾いていないか?眼に涙が溜まっているか?ぐずって泣いたときにちゃんと涙やヨダレは出ていますか?

飲み物は何でも飲めるものなら良いです。良く「ポカリスウェット」とか「OS-1」とか言いますが、子どもが飲んでくれなければ意味ありません。本人が好きなもの・・・これが一番。

 

せっかく天から授かった我が子です。

病気は全て医者任せ・・・では悲しすぎます。

インターネットにもたくさん情報が掲載されていますが、正しい情報源のものを選びましょう。

個人が書いているブログは危ない!(おお!まさにこの文章がそれだ!)

 

 

 

 

4 コメント

銀行各行にも物申しちゃえ!

最近、インターネットで銀行振り込み等行う際に、ワンタイムパスワードなるものを要求されるようになった。

写真のようなハードウェアトークンやスマホのアプリ上に表示されるソフトウェアトークンなどが必要で、画面に表示されたパスワードを入れると取引ができるシステムだ。

確かに、最近のネット上の銀行取引をめぐる詐欺はどんどんエスカレートしてきており、また巧妙になってきている。

これに銀行は顧客の安全のために・・・と取り入れているのだが・・・

 

さて、困ったことに院長には銀行口座が山ほどあるのである。

健康保険支払い(医療費)の入金口座、各業者さんへの振り込み口座、職員の給与を振り込むにも口座が3つある。さらに公費入金口座、個人の口座が5つ。

なにせ、昨年、振り込み手数料が値上げになったために、できるだけ振り込み手数料0で済ませるために、職員の個人のメインバンクの口座は持っているのである。

個人口座は、住宅ローン、自動車ローンが金利の安い銀行で手続きしたため、全く関係のない都市銀行と東北の地方銀行の口座がある。

さて、なかなか時間のない院長は出先でも振り込みを迫られるシーンが多々あるのだが・・・

スマホを持たない身には、写真のようなハードウェアトークンを持ち歩かねばならないのである。

しかも、5行分・・・・

それだけで私のバッグはいっぱいになる。

 

銀行は顧客のため・・と口をそろえるが、何か斬新なアイデアを出す銀行はないものだろうか?

あいかわらずの金融護送船団・・を感じてしまう。

 

ワンタイムパスワード方式・・・どうも、ファミレスのドリンクバーを思い浮かべてしまう。

お客様の好みを把握しようとするのではなく、客任せ・・・・勝手にお好きなものをどうぞ・・・

お客様の安全はどうぞご自分で・・・

似てないだろうか???

 

我がクリニックでもやってみるか?

患者さんのご病気の見落としを少なくするためには、全員にCT、X線撮影、採血検査、エコー、心電図などをお勧めします・・・・全てを行わない患者様で、誤診があっても当方に責任はございません・・・(笑)

 

 

 

2 コメント

市中の薬局、薬剤師さんたち、そして日本薬剤師会に物申す

今日から『薬と健康の週間』だそうです。

今朝の新聞に半面広告で掲載されていました。

お薬手帳の重要性などを述べられていました。

 

確かに、わがクリニックに救急車で運ばれてきた患者さんのお薬手帳を見れば、その方がどんな病気でどのような治療を受けてきているかがわかります。

ちゃんと処方医の名前や薬剤師の名前も掲載されていることも多く、誰の責任でこういう処方をしたかがわかるようになっています。

 

ただ、時々、『どうしてこういう処方してるの??』と思う方がいらっしゃいます。

 

例えば、喘息の治療薬でベータ刺激薬という薬があります。

この薬の副作用には動悸やめまいなどがあるのですが・・・

 

あるおばあちゃんが、体調不良で救急車で運ばれてきました。

主訴は動悸・息切れ、時々目の前が暗くなってフラフラする・・というもの。

1週間前からひどい・・・と。

採血や心電図では異常なし。

ふとお薬手帳を見ると、ベータ刺激薬を1ケ月前から使用している。

『風邪ひいて咳がひどかった時にかかりつけの先生にもらった』

『風邪治っても使ってるの?』

『この薬で咳だけじゃなくて熱も下がったし、また風邪ひかないように予防でね・・』

さらに10日前から動悸を自覚するようになったらしい。

主治医に相談すると、『じゃあ、もう一つ薬出すわ』と言われたそうですが、出された薬はベータ拮抗薬。

『この薬飲み始めてからどうも調子わるいんだよ・・・』

私の治療は・・・『おばあちゃん、薬全部やめたら治るよ』

 

ま、賢明な読者の皆様は読めばわかると思いますが、ベータを刺激する薬と拮抗(ブロック)する薬を同時に処方されていたわけですね。

ちなみにベータ拮抗薬の副作用は喘息の誘発・・というのがあります(笑)

 

こういう処方を行う医師も問題ですが、『薬のことは薬剤師にご相談を!』とキャッチフレーズを出している薬局にも問題があるのではないでしょうか?

薬剤師が病院から独立して、市中に薬局を構え、処方箋に対して調剤&薬剤指導する・・・その意味をもう一度再考してほしいものです。

 

単に薬剤の適応条項だけにこだわるのではなく、その患者さん患者さんに合っている処方なのかをチェックできる薬剤師を求めます。

薬局での薬の説明も通り一辺倒な説明でなく、患者さんの病状や背景まで考慮して説明してほしい。

 

わがクリニックではまだ院内処方をしています。

院外処方した方が、クリニックの売り上げは増えるし、薬剤管理の手間が省けるのでいいのですが、多くの患者さんが、

『えっ?ここで出していただけるんですか?助かります〜!』

って言いますし、患者さんの負担額も院内の方が安く済みますからね・・・

その差額を払ってでも院外処方の方が患者さんの為になる・・と思わせてほしいです。

 

 

 

2 コメント

終戦・・・and おめでとう!

いやあ、負けた負けた・・・残念です。

ペナントレースでも最後の天王山に日ハムに連敗して2位・・・

ファイナルシリーズでもいいところまで行くけど、最後は負けた。

やはり今年のチーム力には実力差があったんだろうなあ。

 

ということで、今年は恒例の『ソフトバンクホークス優勝セール』は見送りです。

また来年、皆さんでホークスを応援してください。

 

 

さて、サッカーでは、浦和レッズが『ルヴァンカップ(去年までのナビスコ杯)』に優勝しましたね。

この勢いで年間シーズンも勝って優勝してほしいものです。

さらに明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップで優勝すれば、『浦和レッズ優勝セール』しますよ!!

みんな赤い服を着てきてね❤️

 

それにしても・・・日ハム、優勝おめでとう!

来年こそは、首を洗って待ってろよ!

 

 

0 コメント

ああ・・・大輔 パート2  そして雅人

ついに3500日あまり経過し、あの怪物が日本球界の1軍マウンドに上がりました。

VS 楽天戦 8回頭から・・・

『ピッチャー松坂』というアナウンスに、敵地仙台のお客さんからも拍手がたくさん起きたそうです。

ところが・・・

いきなり、四球、死球、死球、四球で押し出し・・・

さらに2本のヒットやらパスボール、暴投と。。。。

 

期待はずれの打者一巡5失点でした。

 

ああ、これはクライマックスシリーズでは使えないね。。。

大輔は2016年も助っ人にはなれませんでした。悲しい・・・

 

さて、当院にも助っ人がやって来ました。

中村 雅人(なかむら まさと)先生です。

大宮にある自治医科大学埼玉医療センターの救急部から、3ケ月間の実地研修であります。

こちらは大輔とは違って、勉強熱心、努力満載、やる気に満ち溢れる若者です。

ぜひ、この忙しい年末の助っ人になってほしいと願っています。

 

 

ああ、ホークス・・・ああ、大輔・・・

ついに、日ハムがマジック1を消しました。

大谷君が1安打完封・・・あっぱれです。

やはりあの天王山での2連敗・・そりゃ厳しいわな。

その後もハムは勝つのにホークス負ける日が2日も・・

 

ま、気をとりなおして、クライマックスシリーズで頑張りましょう!

とは言うものの、今の調子では日ハムどころかロッテにも危ない。

おいおい、そろそろ松坂大輔あたりを中継ぎで使うとかしないと、投手がやばいな〜

クライマックスシリーズで優勝しないと、今年のホークス割引はありません・・・皆さん、応援しましょう!!

 

さて、同じ大輔・・・浜の番長が引退です。

また一人、プロ野球界から侍がいなくなるようで寂しいですね。

弱小、横浜大洋ホエールズからベイスターズへ・・・そしてチームで、同僚だった内川、村田、谷繁、佐々木、小宮山らが次々と去っていく中、ずっと横浜一筋を貫きましたね。

25年間、お疲れ様でした。

 

 

 

3 コメント

パラリンピックもすげえな・・・

オリンピックが終わって、さあパラリンックも頑張れ!と思ってTV放映を期待していたら・・・

なんだ民放は、高畑だの広島優勝だの国内の話ばかりで、パラリンピックの話はあんまりしない。

当然のように中継もない。

かろうじてNHKがダイジェストを流すだけだ。

なんなんだこの国のマスコミは????

 

と憤りながらも、NHKダイジェストを観ると、なかなか感動的である。

車椅子バスケも『今年はやるんじゃないか?』と言われていたにもかかわらず、自分たちのバスケができず、ここまで予選3連敗。

ようやく本日、ロンドン優勝のカナダに初勝利。

いやあ、格好いいね。

 

そしてカーリングっぽいルールの、ボッチャでは格上のポルトガルを破り決勝進出。金か銀が決定!!!と。。。。

でも、どこのTVにも速報出ないし・・・・

 

まだあと1週間残っています。

みなさん、日本から熱い声援送ろうじゃないですか!!!!

 

 

 

0 コメント

民進党代表選挙??

私、この人、嫌いじゃありません。

でも、政治家として見た時、やっぱり思い出すんです。。。

 

『1番じゃなきゃダメなんですか?2番ではダメなんでしょうか?』

 

いや、あの発言、わかりますよ。

口から出てしまった発言ですよね。

あの方の政治理念として2番を目指すべきだ・・とは思ってないでしょうけど、だからこそその場の感情的な発言したことが気になるんですね。

明らかに売りことばに買いことば的な発言でしたから・・・

よく、世の中の男どもで語られる都市伝説(??)で、『女性は感情的だから・・・』というのがあります。

実は私もそう思っています。

だいたいヒステリックに文句やクレームを言うのは女性です。(ま、最近は男も多くなってきましたが・・・)

そもそもヒステリックという言葉自体が、Hysteriaという語源でして、これ、ギリシャ語の『子宮』っていう意味なんですね。

太古の昔から、感情的な態度をとるのは女性だったのでしょう・・・

 

でも政治家ってそれじゃあダメな場面が多々あるじゃないですか。

むしろ石破さんのようにブスッとしながらも台詞が重い方が政治家っぽい。

自民党でも口の軽い人ほど問題発言して、大臣辞任につながったりしている。

 

今回の民進党の代表選挙・・・どうも私は素直にこの人を応援できません。

まあ、そもそも応援する立場にもないのですが・・・(笑)

 

0 コメント

オリンピック ゴルフ競技

今回のリオからゴルフがオリンピック競技に加えられている。

ここ数日TVで観ているが、卓球、バドミントン、陸上、レスリングなど他の競技に比べると、イマイチ緊張感が盛り上がらない。

人vs人、あるいは国を背負った戦い・・という印象にも欠ける。

いつものツアーがオリンピック会場で行われている・・という感じなのだ。

まあ、面白いのは、普段のツアーでは使用しないコースで、海からの強い風や池のワニやカピバラがアクセントになっているくらいか・・・・

 

オリンピックの時だけでも普段と違う方式で戦うとか考えたほうが良い。

4日間ダラダラやるのではなく、国対抗で5ホールくらいのマッチプレーをやるとか。

 

それにしても東京では、川越市のゴルフ場がコースとして選ばれたようだが、今回のコースのようなフェアウェイの起伏や強風など、自然との戦いをどこまで演出できるだろうか?

今年から3年間コースをシャットアウトして造成するようだが・・・中途半端な造成では世界から集まるプレーヤーに失礼というものだ。

オリンピックという場にふさわしいコースとなることを期待して止まない。

 

 

0 コメント

リオ・オリンピック

リオ・オリンピックで今回も日本勢の大健闘が光っている。

 

サッカー・・・・最後まで諦めずに点を取りに立ち向かっていく姿勢は素晴らしかった

柔道・・・・・・ロンドンの金0に比べれば上出来!もはや柔道という武道ではなく、JUDO

        というスポーツなのだという意識の変換が必要だろう。

水泳・・・・・・今も驚くべき記録ラッシュだ。若手の頑張りが目立っている。

体操・・・・・・内村だけでなく、加藤や白井が東京に期待を持たせる。

カヌー・・・・・俄然、東京で見に行きたい競技になった

フェンシング・・太田が2回戦負けは厳しかったなあ

ウェイトリフティング・・・三宅が良く頑張った!!

テニス・・・・・錦織頑張れ!

ゴルフ・・・・・選手より東京のコース、霞が関で大丈夫?コースを造り変えるくらいの改革

        が欲しいな

とにかく、熱いアスリートたちの技に、毎晩感動しつつ、寝不足な毎日を送っているのでした・・・・

 

頑張れ!日本!

 

おっと、卓球を忘れてた。水谷選手の銅メダルおめでとう!女子も団体戦で打倒中国!

 

1 コメント

ポケモンGO・・お断り

ポケモンGOなるスマホのゲームに夢中になって、事故が多発したり、迷惑行為を平気で行っている大人が多いそうです。

まだ未成年のガキなら少しは理解するし、『ああ、親がアホなんだろうな』で済みますが、大の大人が一体何を考えているのでしょうか・・・

まあ、飲酒運転が無くならない国ですから、多少はそういう奴もいるんだろうなとは思っていましたが、現在の風潮を見るに、『開いた口が塞がらない』状況ですね。

 

しかも本日の新聞には、知事が『ポケモンGOの有効活用を指示』だそうです。

まずは規制することが先だろう・・と思いますが。

 

まあ、とりあえず、我がクリニックでは(少なくとも私の診療日には)、ポケモンGOに夢中になって受傷した事故、外傷は基本的に診ない・・・たとえ受け入れても冷たい態度で接することを宣言しておきます。

 

あくまでも自己責任で皆さん対処してください。

 

あと、任天堂という会社に社会モラルが存在するのか・・・疑います。

 

1 コメント

夏バテ・・・

先週は気持ち的に夏バテ・・・やる気が無くなってしまいました。

ソフトバンクがオールスター明けに弱小オリックスに連敗してしまったせいなのか?

はたまた永六輔、大橋巨泉と、私の幼少時代からTVの世界を築き上げてきた方々が亡くなってしまったせいか・・・

私の気持ちは落ち込み、ついには22日金曜日には、夕方で診療を打ち切り、ビヤガーデンに行きました。

金曜の夜に当院に来られた方々には、深く陳謝致します・・が、やる気のない医師に診察されるのも嫌でしょう?

で、結局、ビアガーデンに行っても、連日の疲労と寝不足により、ビールを飲むと同時に爆睡・・・

3500円の入場料は、『2時間御休憩』で終わったのでした。

そしてその事実に、再び気持ちが落ち込む。

 

24日日曜日、ニューヨークで人気のある JAZZサックスプレーヤーのお二人が、なぜかこの川越でライブをしました。

MILKY WAVEというCAFEでわずか数十人の贅沢な時間があったので、当日券は500円高いけどなんとか行きたいな・・と考えておりました。

日曜ですので、金曜のようにお休みにはできず、ドクヘリ当番医師に行った木川副院長が戻り次第、交代して行こう!と企んでいました。

でもドクヘリは日没まで・・・日没時間は18時45分。ライブは19時から・・・ん〜、ギリだな。

ワクワクしながら、16時の診療開始前に会場のMILKY WAVEに電話。

『ギリギリになりそうなのですが、何時までに入れば??』『あ、すみません!今回は前売りだけで満席になってしまいました!』

 

昨夜も気分は夏バテで、さっぱり上がりませんでした。

でも、夏男、松田くんの3ランで逆転勝利したのを心の支えに、今日も頑張ろう・・・・

 

あ・・そういえば土用のうなぎ食べてなかった。。。。。

 

 

 

1 コメント

TV放映のお知らせ

6月中旬から7月初めまで、BSフジの撮影が入っていました。

ようやく一昨日に終了となったのですが・・・

 

番組は毎週土曜日22時〜の『一滴の向こう側』という番組です。

いろいろな方々の夢を追う姿を描く!みたいな内容です。

さて、私、院長はどんな夢を語ったのでしょうか?

ぜひ番組をご覧ください。

 

ちなみに語りはあの、竹内結子さんなのですが・・・会うことはかないませんでした・・・・(笑)

 

 

4 コメント

参議員選挙

本日、参議院議員選挙が公示されました。

最初に言っておきますが、我がクリニックは政治的中立の立場です。

職員もみんな勝手に自分で決めた候補者に投票しています。

 

にもかかわらず、我がクリニックには公明党のポスターが掲示されています。

まあ、その下には言い訳を貼ってるんですけど・・・

 

理由は以下の通り。

1. 知人に頼まれた(笑)

2. 我がクリニックの救急告示獲得に公明党の議員さんのご尽力をいただいた

3. 現在の連立与党内で、医療費削減を掲げる自民党に唯一有効な抵抗ができる党である

 

で、公示前の昨日、衆議院議員である輿水さんが来訪されまして40分ほど会談させていただきました。

4月から総務省政務官になられたそうで、救急医療の現場を視察しに来た・・というのが主目的でした。

いろいろお話ししましたが、国としてIT化を医療や介護に進めて行きたいそうです。

将来はTV電話的な画像で視診&問診する、患者さんのデーターは自宅から伝送されてくる、AI(人工知能)がそれを判断して異常があれば医師が問診する・・・

 

40兆円規模のビジネスになるそうです。

国内でシステムを作って、その成果を持って海外に売る・・・というのが次代の国家戦略だそうです。

いろいろ考えてますね。

 

それが実現できるか、あるいは実現した時に国民(爺ちゃん&婆ちゃん等)は幸せなのか・・など問題は多々ありますが、少なくとも現連立与党は、日本の30年後のビジョンを持っているんだな・・と感じました。

ん〜・・・やるなあ!

 

さて、野合っぽい野党連合は、20年、30年後の日本の姿が描けているのでしょうかね?

そこが信頼おけないんだよな〜・・・ということが当の本人たちが分かっていない気がします。

アベノミクス、憲法改正、TPPやらいろんな問題点はあるのでしょうが、政治は日本の未来を示せないとダメでしょう。

そういう意味では、現連立政権を見直しました。

 

でも・・・院長は保守嫌いです。(笑)

選挙に行かない国民はもっと嫌いです。

みなさん、選挙には行きましょうね。

入れたい人がいない場合は『該当者なし』って書いてくればいいさ。。。。

 

 

2 コメント

忙しい!忙しい!!忙しい!!!

ドイツ人のヨハンネス・フッガー司教が神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の戴冠式のためにローマへ旅行した際の出来事。

フッガー司教は彼の従者を先行させ、現地のワインの味見をしてどれが「良いワインである」(ラテン語でVinum est bonum)のか報告するよう指示した。従者は良いワインの印として入口にチョークで「エスト」(Est)と書いて報告したが、大いに感銘を受けたモンテフィアスコーネのワインについては、彼の記述を強調して「エスト! エスト!! エスト!!!」と繰り返した。フッガー司教もこのワインに感銘を受け、旅行を取りやめにしてモンテフィアスコーネに留まり、そこで一生を終えた。

と言う言い伝えのあるワイン、『EST! EST!! EST!!! di Montefiascone』。

あまりの美味しさに従者が興奮して書き記した・・とされています。

ま、私はイタリアの白は『Soave』の方が好きですが・・・

 

さて、それにしても今月は忙しい日々を送っています。

18日土曜から19日日曜にかけて、新潟市に行き、19日に講演をしてきました。

 

7月4日にも川越市内で講演をする(?)予定で、こちらの資料も作らなきゃ・・・

で、同日夜は当院の6周年記念で休診です。ご注意ください。

 

 

0 コメント

5月5日

4月が終わり、私の中では一つ仕事が終了しました。

朝日新聞の埼玉版に2年間連載した、『診療室から』というコーナーが終わりまして、肩の荷を一つ下ろした感じです。

 

いろいろ救急の場で起こっている困った事例や何とかして欲しい事柄を、できるだけ皆さんに分かりやすく出していこうと思っていましたが・・・・

いやあ、一流紙は制限が多くて・・・なかなかOK出なかったり、記載したデータの根拠を求められたり・・・結構大変でした。

ま、このブログと違って、新聞は記載した内容の責任を問われるので仕方ないですよね。

 

さて、今日は5月5日、こどもの日・・・そして立夏です。

はい、今日から夏が始まりました。

早いなあ・・・

ついこの前まで寒かったのに、ちょうどいい時期はあっという間に過ぎ去って、すでに30度。

こりゃ今年の7月、8月は猛暑だな・・きっと。

みなさん、熱中症は5月・6月から起こります。

無理せず、疲れたら日陰に入ってゆっくりしてくださいね。

水分摂取を忘れずに!

最低でも1日1リットルくらいは飲んでくださいね。

 

 

 

 

0 コメント

タクシーに乗って・・・

我がクリニックは駅から遠いので、川越駅からはバスかタクシーというのが一般的です。

開業当初は、

『古谷上の川越救急クリニックまで』

『えーっと、どの辺りでしょうか?』

と言った会話で、道順や近くの目印になるような建物を伝えなければわからなかった。

 

TV放映の結果か、今では川越駅にいるタクシーの運転手さんのほぼ全員が、

『川越救急クリニックってわかりますか?』

『はい、大丈夫です』

って・・・・私にとっては非常に嬉しい瞬間なのです。

中には、

『あれ?先生じゃないですか?』

と話しかけてきてくれる運転手さんも・・・

いやあ、石の上にも3年とはよく言ったものだ。

開業当初、まさかこんなに知られるようになるとは思ってもいなかった。。。

 

夜中に救急車で受診した患者さんが帰宅するときにもタクシーをお願いすることが多い。

ほとんどのタクシー会社は、夜中にもかかわらず、丁寧な対応をしていただける。

 

今後、川越市は観光を疎かにしては厳しい。

初めての土地に行ったときに、観光客が情報を得る手段として、タクシーの運転手さんは重要だ。

観光案内所や掲示の整備ももちろん大切だが、公共機関の職員の接遇にも力を入れていって欲しい。

どうも川越市ってそういう視点が弱い気がするんだよね〜

 

タクシー会社の皆様、これからもお世話になりますのでよろしくお願いいたします。

 

最近、ブログが月1になってるなあ・・・がんばろ。

 

 

0 コメント

新年度・・・

4月になりました。

新年度の始まりです。

 

新しい希望を胸に学校や新たな職場に通い始めた方もいらっしゃるでしょう。

そして街には桜が、皆さんの春を祝福するように咲いています。

 

我がクリニックでも、救急救命士の一人が、新たに医療について勉強するために看護学校に進学しました。

しっかり勉強して知識を付けて、未来の日本の医療の一端を背負って行って欲しいと思います。

 

 

毎年、この時期に思いふけるのですが、もう50回以上も桜を見てきているんですね。

そして後、何回桜の花に会えるのか???

そろそろ人生の終わり方を考え始めても良いのかな?と思っています。

 

以前も書きましたが、皆さんは自分の人生をどのように終わりたいでしょうか?

そして残りの人生とそのゴールまでに仕上げておくべき仕事・・・

逆算していくと、もうゆっくりしている時間が少ないことに気づきます。

 

ああ、今年度も遊んでいる暇はないなあ・・・と自分に言い聞かせつつ、日々、通勤のハンドルを握りながら桜を眺めています。

 

 

3 コメント

ああ・・・ソフトバンクホークスよ・・・お前もか!

と、とりあえず嘆いておいて・・・

 

ソフトバンクが挙げられたから言う訳ではありませんが・・・

プロの彼らが内々で報酬を決めて何かの結果に対してそれを与える・・・まったく問題ない話だと思っています。


同じレベルの話で、

『今夜、救急車が10台超えたら、明日の朝マック代は俺が出す!』
っていう院長訓示は問題があるのでしょうか??

 

仕事のモチベーションを上げるために、どこの職場でもこういうやりとりってあると思ってました。
確かにそれをお客さんが知ったら不快でしょうが、普通は知らないで済むはずです。
それを騒いで公にしたのはマスコミです。

そういうマスコミだって職場内では、『お昼ご飯かける??』っていうやりとりは普通にあるでしょうに・・・・

 

プロであるから仕事に影響してはいけない。

でも逆にやる気を出すために何かの報酬をかける・・・だめですかね?

恣意的な操作(いわゆる八百長)が加わらなければ構わないと思ってるのですが。。。。。

 

オフレコ・・っていう言葉・・・死語になったのでしょうか?

 

 

0 コメント

久しぶりに本の紹介です

続きを読む 0 コメント

A型インフルエンザに罹りました!

私事ですが・・・2月3日朝から具合が悪く、薬を服用して茨城県の病院へ麻酔をしに行きました。

昼になっても状態変わらず・・・へろへろ状態で帰宅途中に我がクリニックに寄り、Ns.に鼻をほじってもらったところ・・・『先生!A出ました〜!!』

で、4日〜8日まで強制的に休まされ、若い先生方に代診して頂きました。

開業後、初めて5日間もお休みを頂き、生活リズムもすっかり普通の人に戻りました。

 

それにしても今冬もワクチンを3回も自分で接種したにもかかわらず・・・

まあ、現在のワクチンって発症率を下げるだけなので、感染はしてしまうんですがね・・

この5年間、これだけ多くの患者さんに接しても罹らなかったので、まあ今年は仕方ないか。。。

 

おかげでインフルエンザに罹った方の気持ちがよく分かるようになりました。

あれは本人は辛いよね。

 

まだ、A型もB型も毎日たくさん患者さんがいらっしゃっています。

手洗い、うがいを励行してくださいね。

 

 

5 コメント

おお!2000円札!

本日、クリニックの会計に、懐かしの2000円札がありました。

へえ、まだ流通してるんだ・・・

 

当時のことを思い起こしてみましたが・・・・

企画は小渕内閣が、バブル崩壊後に停滞している日本の景気を上げる目的(流通貨幣を増やそうと・・)、発行は2000年に森内閣の時に行われました。

確か、当時は森総理が『多くの外国では20ドルとか20セントという通貨が流通していて、最も

使用量が多い。2000円札を世の中に出すことで日本経済が立ち直るきっかけにしたい』旨のコメントをしていたなあ。

 

ご存知の通り、2000円札は政府の目論見に反して、全く機能しませんでした。

いっとき公務員の給与には積極的に使用されたようですが、それさえも終了し、今や新たな増刷は行われていません。

さて、この導入のために不況下の日本は一体いくらの支出を使用したのだろう?

そしてそれは明らかにされたのだろうか?

さらに誰かが責任を取ったのかしら?

 

小渕首相はお亡くなりになったけど、その娘は政界に出てきて、秘書の不正(ま、よくあるやつ)で静観中。

森さんは未だに東京オリンピックやらラグビー協会やらで出てきていますな〜。。。

 

日本の無責任体制・・・誰か何とかしてほしいなあ。

小保方さんとかベッキーとか個人に対しては大騒ぎするマスコミが、政治家に対しても責任を追及する姿勢はないんでしょうかね??(睨まれると怖いのかな・・・今の自民党)

 

 

 

2 コメント

サッカーを観て思う・・

リオオリンピック最終予選のアジア大会決勝をTVで観ました。

開始当初は動きも良く、若干の期待を寄せましたが、時間経過とともに、こりゃ完全に韓国にやられるか・・と覚悟しながらの観戦となりました。

一番目立ったのは、韓国選手はペナルティエリア付近でボールを受けた時にすぐゴールを狙ってくる・・・日本選手はどこまでも次のパス相手を、あるいは決定的なスペースを探しているようでした。

 

今、世界のサッカーは変わってきています。

いわゆる日本の良さと言われている『For the Team』を求められます。

どんなに絶対的なストライカーでさえ、献身的な守備を求められるのです。

しかし、絶対的なストライカーが不在なチームは強くありません。

世界で強いと言われているチームにはストライカーがいるのです。

 

今回のUー23は得点を取った選手が10選手に上がるそうです。

要するに絶対的なストライカーがいない状況・・・

まあ、考えてみれば日本に絶対的なストライカーがいた記憶がほとんど無いんですが・・・

 

貪欲に恥も外聞もなくゴールを奪いに行く・・・そういう選手が育ってこないのは、アンダーやユースの指導者の意識が遅れているせいなのでしょうか?

小学生、中学生から、ストライカーを育成していく環境を整える、それが日本サッカーの将来に必要なことではないでしょうか?

 

さらに言えば、一般の若者の中にも、『俺が日本を変えてやる!』という奴が出てこないかな〜??

ゆとり教育とかに責任押し付けていると間違うことになりそうだけど。。。

問題は大人、特に若い世代を指導する人にありそうですけど・・・

 

U23日本、優勝おめでとう! そして日本万歳!!!

 

 

0 コメント

消防出初式

10日日曜日に川越地区消防組合の消防出初式が川越市役所駐車場で行われました。

私も『川越市内救急病院院長』の一人として出席してきました。

 

来賓席・・というのに初めて座りましたが、目の前の最前列には、国会議員、県議会議員の面々が座り、我々院長は2列目。

ま、病院院長って言っても、院長先生が出席していたのは、私と赤心堂病院の関谷先生のみ・・埼玉医大総合医療センターの事務長さんが代理で出席されており、市内10救急病院中わずか3病院しか出席していませんでした。

 

議員さんたちのご挨拶に始まり、挨拶、挨拶、挨拶・・・・

ようやく開始。

木遣り&ハシゴ乗り、災害時の傷病者救助のシミュレーション、消防車両パレード、一斉放水・・・初めて出席しましたので、非常に興味ふかく見させていただきました。

ぜひ、皆さんも来年は・・・

 

ここでCM。

3月6日日曜14時半から、川越駅西口ウェスタ川越大ホールにて、消防音楽隊第11回定期演奏会が開催されます。

入場無料です。

お時間ある方は、見に行ってあげてね!

 

1 コメント

緊急自動車に道を譲れ!

救急車の走行を妨げる人、自転車、車の話は良くあるのですが・・・

そんなことをするのは、ほんの一部の馬鹿者だけで、一般の人はちゃんと停止すると信じていました。。。今日までは・・・

 

でも、私は見てしまったのです。

国道16号線を、さいたま市から走行してきた救急車が、254号線を右折(おそらく埼玉医大方向に向かっていたと思います・・・すなわち重症か子供・・)しようとして、赤信号をサイレン鳴らして徐行しようとしていたのですが・・・

254号線を走行してきた車は全く停止するそぶりを見せません!

トラック5台、乗用車4台が救急車の目の前を普通に通過。

 

見ていて頭にきたから、救急車の横を通って、254に突っ込んでみようか・とも考えましたが、それじゃあ同じ穴のムジナ。

大人の対応でやめました。。。。

 

それにしても馬鹿者の多いこと!

もういちど小学校からやり直させたい・・・

 

 

5 コメント

明けましておめでとうございます

2016年が始まりました。

オリンピックイヤーです。

今年もたくさんの感動と熱狂を提供してくれるでしょう・・・

 

さて、我がクリニックも皆様にたくさんの、『いやあ!助かったぁ〜』を提供したいと思っています。

まずは1月8日から・・・いよいよ内視鏡検査を始めとする、消化器外来が始まります。

もちろん消化器以外も診ます。

 

今年も川越救急クリニックをよろしくお願いいたします。

 

1 コメント

電子化と情報管理

マイナンバー番号漏洩、大手企業7割が懸念 本社調査 2015/12/18 2:00      日本経済新聞 電子版

続きを読む 2 コメント

広報 川越

川越市民の生活に有用な情報を広報する、『広報川越』。

最終ページには休日夜間診療をしてくれる医療機関が掲載されています。

 

でも、我がクリニックは掲載されません。

市役所に『掲載してください』って言いに行ったのですが、『医師会に入会していない』という理由でお断りされました。

 

『ああ、あのページは医師会の広報ページなのですね?』

『いや・・そういう訳ではないのですが・・・』と煮え切りません。

 

ここはやはり、市民の声を伝えないと変わりませんね。

川越市民の皆さん、市役所に『川越救急クリニックが年末年始も休日夜間もやってるけど・・・』って伝えてくださいな。

あるいは、お近くの議員さんがいらっしゃれば、議会で上げていただく・・とか。

 

我がクリニックは、年末年始も休みなく診療いたしております。

 

あ・・・31日は20時で閉店しますが・・・・すみません。

 

4 コメント

院長、警察にお怒り!!!

先日、高齢女性がバイクで交通事故。

救急車で搬送されてきた。

 

事故発生からすでに1時間が経過しているらしい・・・

なんじゃ?そりゃ?

 

独步可能?意識清明・・

なんで救急車要請?

 

警察が要請したあ??????

 

院長激怒!

おい、現場の警察官!

現場で現場検証を優先させるなら救急車要請の必要ないだろ?

それを救急車の不適切利用というのを知らんのか?

どれだけ世間知らずなんだ???

しかも川越警察だ。。。

ほかの警察の大部分が信用に足らないことは理解している。

だけど川越やさいたまはきちんとしていると信じたかったんだけどな〜

 

99人がちゃんとしてても、1人が変なことをすれば、警察全体の印象が悪くなるのだ。

 

日曜だから救急車っていう理屈もおかしいだろ?

ちゃんと市の広報誌で日曜診療の医療機関は書いてあるし、事故現場は医師会の日曜診療所のすぐ近くじゃないか。

まして、川越警察、どんだけ我がクリニックで拘留前診察やら検視やらしてると思ってるんだ?

うちが日曜も診療してることくらい職員全員知っとけ!

 

いつか川越警察のお偉いさんと話す機会があったら言ってやる!

『現場検証より命を優先させてください!』

 

現場検証を優先させても大丈夫かどうかを決めるのは警察官でも本人でもなく、医師だぞ!

幸い今回の患者さんは軽傷で済んだが、外見だけでは医師でも見間違うことがあるんだからな。

 

反省しろ!警察官!

 

5 コメント

今年の漢字・・・安??

ラジオを聞いていたら、今年の漢字・・ってやってました。

毎年、清水寺の住職さんが大きな筆で書くやつです。

そもそもあれは、日本漢字能力検定協会が毎年、その年の漢字を選ぶのですが。

 

『「安」は応募12万9647通のうち最多の5632通(4.3%)。安倍政権のもとで安全保障関連法案の採否をめぐり国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、マンションの杭打ちデータ流用などで人々が不安になったことなどが理由に挙げられた。』

                               朝日新聞digitalより

 

ま、要するに「不安」の「安」なんですね・・・
それなら、写真の人の以下の発言もうなずける。

 

『今年の漢字「私も『安』。倍増で『安倍』になる」 首相』   朝日新聞digitalより

 

不安も倍増ということか・・・・・

 

 

1 コメント

危険!川越マラソン!

先月行われた、川越マラソンで60台の男性が心肺停止で死亡されたそうです。

以前から川越マラソンの救護態勢は不備だらけな印象があったのですが、今回、ついに死者を出してしまった感が否めませんね。


そもそも、救護班が少なすぎます。

東京マラソンやさいたまシティマラソンに比べても、AEDの配置や台数が圧倒的に少ないのです。


例えば東京マラソンでは国士舘大学体育学部スポーツ医科学科の学生、同学科及び大学院の卒業生、教員など総勢200名が参加し、大会をサポートしているそうです。

実際には、ママチャリにAEDを搭載してランナーたちの間を付いて走行し、倒れた人がいれば、すぐにAEDでショックをかける・・・


今回の亡くなった方は、倒れてから、周囲のランナーたちが自主的に心臓マッサージ等行ったようですが、AED装着までに20分以上かかっている・・・・

もしかしたら、5分以内に装着&解析できていれば、早期のショックをかけて助けられたかもしれない・・・

救急に携わっている身としては、非常に残念な結果でした。


コース図を見ても、途中、AED設置場所はわずか5ヶ所のみです。


だからと言って、運営側から医療サイドに応援を要請したとか、大学にボランティアを要請したという話は聞きません。(うちが医師会に入ってないからか、話は全くなかった)


このままでは、川越マラソンは危険!と言わざるをえません。

さて、来年以降、どう運営するのでしょうか?


わがクリニックに要請くれば、総出で応援行くのに・・・・






6 コメント

TV東京・・取材中

現在、我がクリニックにはTV東京の取材陣がおります。

毎週土曜日の22時半から放映されている、「クロスロード」という番組の取材です。

今回我がクリニックの特集は、12月26日という年末押し迫った土曜日に放映予定です。

お暇な方はご覧下さい・・・



8 コメント

サンデー毎日

12月8日(火曜日)発売のサンデー毎日の中・・・阿木燿子『艶もたけなわ』というコーナーに私との対談が載ります。


☜ちなみにこの表紙ではありませんのであしからず・・・・


売り切れ続出!にしたいので、みなさん購入してね!

12 コメント

とある会議に出席しました・・・

昨日、川越保健所で行われた、とある会議に出席してきました。

各医療機関の看護師さんやソーシャル・ワーカーさん、はたまた川越警察の方や川越消防の救急課の方々まで出席されました。

熱い議論が話し合われたのですが、いやあ、みなさん真面目でいい人ばかりでした。

やはり救急医療はこういう熱意のある方々に支えられているのだなあ・・と実感しました。

話の中で、『救急で困ったこと』などを話したのですが、夜間、患者さんから電話がかかってきて、延々・・2時間話した・・とか。。。。

その間、他の救急業務ができず困った・・・と。

そりゃそうだ。

そいう輩は、業務妨害で警察にご厄介になれば良いのですが・・・残念ながらどこの誰かは不明なまま。。。

これを119(電話代無料だから・・)でやられると、夜間の緊急回線が1つ塞がれる・・・

このような反社会的行動を法で規制できないものですかね〜???



3 コメント

突然ですが・・・

本日、10月31日、午前11時からBSーTBSに生出演してきます。

お暇な方は観てね・・・

5 コメント

福岡ソフトバンクホークス  V2!

続きを読む 7 コメント

270人?!

この10月中は、我がクリニックはインフルエンザワクチンが格安で、連日大量の方が接種に来られています。

ついに昨日は、274人!!


気が狂うくらいずっとワクチン打ってました・・・(笑)

 

インフルエンザワクチンについての正しい知識を得たい方は、上のastellasのバナーをクリックして下さい。


さてそんな中、クリニック周囲には無秩序な車の列が・・・・

まあ、路駐で並ぶのは仕方ないけど、他人の家の前とか、畑の中でUターンするとか、他の商店の駐車場に入れるとか・・・常識の無いご家族がたくさんいらっしゃるようで・・・・

我が子の前で非常識な振る舞いは慎みましょうよ。


クリニックの駐車場にもゴミ、ゴミ、ゴミ・・・

道ばたの砂利は駐車場にかき出され・・・

そこら中にタバコの吸い殻が残されている・・・

クリニック待合にも泥やら土やら・・・


ああ、日本をダメにしているのはこういう親達なんだなあ、と考えてしまいました。

我が子の躾ぐらいしっかりやれ!

あ、その前に・・・

てめえの常識を付けてから来やがれ!


はあ、すっきりした!


さて・・・また今夜も、戦争だな。



10 コメント

現代の医療は・・

あるお医者さんから伺ったお話しです。


以前は、患者さんやご家族から、

『すこしでも可能性があるなら、それに賭けてみたいと思います。先生を信じて手術を受けたいと思います』

『わかりました、全力を尽くします』

がっちり、信頼感!!!


っていうのがありました。

医師、患者関係を深くつなぐ瞬間でした。


でも、そんなのは今の社会は許さないのです。

現代の医療を取り巻く環境が許す光景は・・・

『すこしでも可能性があるなら、それに賭けてみたいと思います。ダメでも仕方ありません。手術を受けたいと思うのですが・・』

『いえ、それは医学的に根拠が薄いです。このケースでは抗がん剤投与がスタンダードで、それ以外の治療を行うのであれば、病院の倫理委員会の審査を経てから行う必要があります。さらに倫理委員会の審査を通るためには執刀医が私では難しいので、大学病院からこの手術に詳しい先生を招かねばなりません。しかも保険適応の手術ではないので10割負担となります』


はたして良い医療ってなんなのでしょう?

科学的に正しいのは後者ですが、人対人である医療を『科学』と割り切って良いのでしょうか?

特に日本人は、『納得できる』ということを重視する国民です。

欧米のように『正しい』ことだけが正義ではないはずです。


正しい医療を求めるのか、納得できる医療を求めるのか・・・もっと社会的にきちんと議論してほしいところです。


また、医療職の医師、看護師、救命士は、患者さんやご家族のニーズを把握し、説明できる知識や判断力、会話力などが問われますね。。。。

精進、精進・・・



1 コメント

こんな政府で良いのか?

ま、予想通りだったね。

強行採決・・・


院長は、この安保関連法案のような内容の法律は羞悪来滴に必要だと思いますよ。

戦争ができない国・・なんておかしいもの。

それって喧嘩できない男と同義語だと思うし・・・

喧嘩できない男は格好良くないし、情けないし・・・

やっぱり喧嘩強いんだけど、しない・・っていうのが男だよね。

同じように戦争出来るし、強い軍隊がいるんだけど・・しない。そんな国になって欲しいと思います。

スイスなんて、まさにそうでしょ。

軍は強いけど『我々は戦争はしません』って言ってる。格好良いよね。


さて、自衛隊ってなんだ?

誰が見ても軍隊じゃないか・・・

それを自衛隊という言葉でごまかして存在させているのが日本。

諸外国に対してごまかしているのだな。


今回も憲法違反な法律を解釈の変更と閣議決定で通してしまった。

諸外国には、日本は戦争を放棄したのです、自衛以外はしませんよ・・と言っときながら、アメリカには海外で協力するわけだ。

これまた日本お得意のごまかしだ。


結局自衛隊は、海外の国々や国民を騙し続けて存続していく集団になってしまうのだな。

やはり、きちんと憲法改正して、自衛隊は軍隊です、海外にも派兵します・・で法整備しなければおかしいよ。


いつまでも世界を騙し続けるような政府を選んでて良いのかな?

いや、問題は与党だけじゃないな・・政治家そのもののレベルが低すぎるのか。


投票率が低い・・というのが、毎回選挙の度に問題になるが・・・院長の腹案で、投票率を上げる方法があるのだ!

それはね・・・該当者なし・・っていう投票を可能にするのさ。

んで、該当者なしがトップだったら、立候補した候補全員落選。

全員の候補を入れ替えて再選挙する。

楽しそうじゃない?


ま、とにかく、今回の強行採決を次回参議院だけで無く、衆議院選挙まで覚えておかなきゃな〜



4 コメント

県立大宮高校で講演してきました・・・

本日、大宮高校の1年生に講演してきました。主に私の生い立ちや医学部の勉強や医師になってからの話を中心にお話ししましたが・・・

社会の出来事に精通して時分の意見を持つべし・・とも言いました。

本日のニュースとして、ソフトバンクホークスのマジック1。こんや優勝決まるよ!というのと、参議院強行採決のお話しをしてきました。

大宮高校にお子さんを通学させているお父さん、お母さん・・今日はもしかすると質問や議論があるかも知れません。お覚悟を!


上記記事は今日の講演を聴いた人にはピンとくるかもしれませんが・・・



3 コメント

ソフトバンクホークスV2!やったー!!!

パ・リーグ史上最速優勝達成!


今晩はSoftbank Hawksのユニフォームで診察させていただきます!


恒例のインフルエンザ値引きは、9月中に決まったので、10月1日。

初日のワクチンを300円引きで打ちまっせ!!



1 コメント

こんな日もあるんです

9月1日、勤務じゃない人を集めて西武ドームに応援に行ってきました。

私以外の連中は皆、西武を応援していましたが、私は西武ファンで埋まる3塁側で、一人ソフトバンクホークスを応援してきました。

5回始まる前にスコアボードに我がクリニックの名前が!Welcome!


結果・・・13−3で西武に負けました!


次は福岡ヤフードームのバックスクリーンに名前出すぞ!


1 コメント

今年のインフルエンザワクチン・・・

昨年までA型2種類、B型1種類のワクチンが含まれていたそうですが、ワクチン接種者でもB型に無効なケースが多かったため、今年から4種類・・・A型2種類、B型2種類が含まれるそうです。

まあ、効きは強くなるのかな・・??

 

ところが当然ながらコストが高くなるため、今年のワクチン価格が高騰しそうなのです。

 

昨年の1.5倍から2倍程度の価格になる可能性があるそうです。

さて、仕入れはいくらになるのだろう???

できるだけ昨年までと近い価格で提供したいのですが・・


インフルエンザの情報に注意していてくださいね!


ソフトバンクホークスは、インフルエンザ予防接種開始前に優勝しそうだな・・・

初日を300円引きにしようか・・・

 

 

1 コメント

こんなに溜まっちゃった!

続きを読む 1 コメント