6月10日

そうだ!

今日は6月10日ではないですか!

故 上原 勝さん(私の父です)の誕生日でした。

私は父が晩年(53歳)に出来た子供だったので、私が小学校に上がる頃にはすでに還暦・・・

周りの友人のおじいちゃんと近い年代でした。

私が一人っ子なもので、まあ、本の配達やら店番やらで毎日懸命に働いてましたね。

それでも小さな街の書籍店の売上げなんて日に3万円程度。

利益はその15%くらいなので毎日5000円無い程度です。

なので数千円の本を1冊万引きされると利益無し状態・・・

「定価の決まっている物を売るなんて儲からないわ」とよくぼやいてました。

 

にもかかわらず、息子である私は、お国が決めた保険診療という定価の中で生きる道を選んでしまっているのですが・・・

やっぱり息子&娘には、「国策として医療費削減してるんだから、うちは貧乏から抜け出せないよ」「医学だけは目指すな!」と言いきかせてきました。

おかげで息子はコンピューター関係の仕事に、娘はレジャー産業に就職しました。

 

そうかぁ、おやじの誕生日だわ。

もう40年くらい経過したら、息子や娘が9月4日に「ああ、ジュンちゃん(我が家では私のことをこう呼ばせています)の誕生日だわ」って思い出してくれるかな〜・・・

 

ん?40年後は私、まだ生きてるかもしれないぞ。