インフルエンザが猛威をふるっています

 A型インフルエンザが猛威をふるっています。

なぜこんなに流行ってしまったのでしょう?

 

例年に比べて今年は大人の流行が多い気がします。

今年のインフルエンザの症状がわかりにくいというのが一つあるように思えます。

 

37℃台の発熱しかない状態が2−3日。この時点で簡易検査をしても陰性になるので、「風邪ですね」と言われて仕事に行き続ける。

その後一旦平熱になったりするのですが、翌日には38℃近い発熱。

そこで再度検査するとインフルエンザ陽性に・・・

そんな人達が街中にたくさんいるのです。

そりゃ流行します。

 

さらに悪いことに、インフルエンザの診断が付いても、ゾフルーザやイナビルといった、新しい薬を使用すると2日めには解熱します。

そこで5日間の休業を守らずに仕事に出かける人が!!

 

この時期、38℃の発熱があればほぼ間違いなくインフルエンザですよ。

37℃台でも可能性は高いです。

みなさん。他人のたくさんいる場所に行く場合は、予防を忘れずに。

ちなみにマスク装着は予防にはなりませんのであしからず・・・・(院長のブログ参照)

 

 

 


2月/3月の診療予定

 

2月・3月の診療予定を掲載致しました。

「受診のご案内」をクリックしてください。

 

休診の日や時間にご注意ください。

 

2月26日(火)の診療開始時間は17時からです。ご注意下さい。



職員募集開始のお知らせ

 

各種職員を募集いたします。

我々と一緒に働いてみたいという方、ご連絡ください。 

 

最上段の【職員の採用情報】よりお進みください。


循環器内科医(心カテ出来るor上手なDr.)

数年以内にクリニックを拡張し、心カテを始める計画です。

心カテに自信のある循環器内科Dr.をもう2名募集します。

常勤でも非常勤でも構いません。

条件は一つだけ。。。。

夜間の緊急にも対応していただける方・・です。

 

当院は給与は微妙ですが、勤務日数が少ない上に副業OKです。(なんせ院長も行ってるので・・)

 

詳しくはメールまたは電話ください。

kerc99@sky.bbexcite.jp

049-293-5877  ウエハラ まで

 

現在、1名Doctor交渉中です。


「在宅医療・往診」実施中です!

 

 当院の強みは何と言っても「夜間に営業している」ことです。

 夜間の救急対応を得意としていますので、往診を必要とされている方の不安を軽減できると考えております。

 夜間に営業していることを最大限の売りにした新しい在宅医療を当院から世界に発信したいと思っております。

 

 2018年8月23日現在、往診日に当てられるのは月曜日と火曜日だけですが、対応する病状やエリアに関しましてはご相談いただきたいと存じます。

 

 往診をご希望されていらっしゃる方、ご家族の方、ケアマネージャーの方、看護師の方、まずはご連絡いただければ、検討いたしますので、よろしくお願いいたします。

 

 TEL:049-293-5877(16-22時の間で対応いたします)

 FAX:049-293-5878

文責:副院長・在宅医療部 木川 英



日本救急クリニック協会

救急クリニックをもっといろいろな街にも・・・

そのためにNPO法人を設立しました。

趣旨に賛同していただける方は会員に登録を御願い致します。

会報誌を年に1回(本当は2回くらい出したのですが・・)配布いたします。

また、上原や他の医師への講演の依頼、あるいはイベントへの参加要請なども受け付けます。


もちろん、寄付などのご支援も、今後の活動のために有効利用させていただきます。


ご興味ある方は、下記HPまで・・・(画像をクリックすると飛びます!)