くそ野郎!

オミクロンが流行しておりますね。

埼玉県でも毎日2000人以上のPCR陽性者が出ています。

軽症の方が多いので、通常の感冒薬の処方で自宅経過観察の方が多いのですが、ご高齢の方、持病をお持ちの方は入院になっているケースもそこそこあるようです。

 

毎日当院でも問い合わせ電話が鳴り止まない状態です。

でも、中にはひどい電話があります。

 

「今から診てくれる?」

「今は診療時間外なんです・・」

「そういうことを聞いてんじゃねえんだよ!診ねえのかよ!」ガチャン!

 

ほんとクソ野郎です。

そういう方は診療時間内でも診たくないですね。

 

皆さん、勘違いしてますが、医師ー患者関係って契約なんです。

お互いに納得の上で診療が成り立っているので、態度の悪い患者を診る義務は無いわけです。

もちろん逆もあります。

感じの悪い医師にかかる必要もありません。

 

それにしても他人に罵声を浴びせて傷つけるような輩には傷害罪を適応しても良いんじゃ無いか?とも思いますね。

そんな方は当院には来ないでいただきたい!

と、今日は職員が傷ついたことにお怒りモードの院長です・・・

 

 

 

 

0 コメント

新装開店!

いよいよ今週土曜日夕方から、新クリニックでの診療開始です。

 

じつは院長の友人らには、新規開業に付きものの生花を贈る・・をお断りし、目の前のパチンコ屋さんに対抗して、「新装開業」の花輪をお願いしました。

当初、新装開店」でお願いしたのですが、造花屋さんから「医療機関で開店はおかしいです・・」とやんわりと指摘されたので、「新装開業」にしました。

なので、22日〜31日に、当院前にはあたかもパチンコ屋さんの様な花輪がズラッと並ぶ予定です(笑)。

 

きっとインスタ映えするんじゃ無いでしょうかね?

 

どうせなら16時から軍艦マーチ鳴らそうかしら?

 

小仙波の皆さん、変な集団ですがどうぞよろしくお願い致します。

 

0 コメント

いよいよ引っ越しです

いよいよ明日の診療で終了。

明後日からバタバタ引っ越しです。

古谷上のみなさん、12年間お世話になりました。

ちょうど干支一周しました。

新クリニックもさほど遠くないので、是非お越し下さい。

 

さて、院長は最終の調整に大わらわです・・・

購入品が多々あって、すべて明後日から1週間中に届く様に手配しなければいけないし、電話、電気、ガス、水道の手続きやら、いろんな所への周知も必要だし、ご近所さんへご挨拶回りしなきゃだし・・・・・

 

新しいクリニックの近隣には、ラブホが建ち並び、正面はパチンコ屋さん、少し離れると火葬場、さらに川越警察という、非常に環境の良い(?)立地です。

そういうとこにもご近所さん回りするのかなぁ????

 

まだ中古本があります。

みなさん今日、明日中に買いに来て下さい。

 

ここだけの話ですけど・・・

銀河英雄伝説(文庫版) 全巻 + 外伝 全巻  とかも持ってます。

3000円でお譲りします。

受付で聞いてみて下さい。

 

あとは、銀の匙(漫画)全巻 1000円 とか、「どれでも適当で良いから・・・」と言ってくれれば1冊100円、11冊1000円(笑)

 

よろしくです

0 コメント

川越市成人式

1月9日日曜に川越市の成人式がウェスタ川越で開催されました。

院長の娘も20歳になったので会場に行ったのですが・・・

ご覧の通り。

 

この日、埼玉県のコロナ感染者数は400人を越え、全国で8000人を数えました。

親としても医師としても・・・「もう少し市はなんとか対策を打てないものかな〜と考えてしまいました。

会場でも、密にならない様に・・とか距離を保って・・とかの案内も無く(あったのかも知れませんが、少なくとも会場前の広場には全く届いてませんでした)、この中に1人でもオミクロン感染者がいたら今週末には、「川越市新成人オミクロン大流行!」っていうニュースの見出しが??

 

確かに川越市は対策として、3部に分けて式の人数を制限したりしてましたが・・・デルタ株とは異なるオミクロンの出現に対応出来ていたとは思えないし、その対策って1年前に考えた対策でしょう?

感染症対策に「これで良い!」って言うものは無いんです。

常に「ほかに出来ることは無いだろうか?」って考えることが必要。

まず大人達が率先して考える必要がありそうですね。

0 コメント

1月9日読売新聞記事

オミクロン株「会食でマスク外せば、ほぼ全員感染」予防策は従来と変わらず 

 変異株「オミクロン株」が広がり、感染が急拡大している。予防策など注意点は何か。広島大の坂口剛正教授(ウイルス学)に聞いた。

 急拡大の背景には、オミクロン株の特徴がある。鼻から喉までの気道上部でウイルスが増殖し、くしゃみなどで広範囲に広がり、短期間で発症するので、爆発的に感染する可能性がある。「デルタ株の約6倍の感染力を持つ」と指摘する論文もある。

 医療従事者が、マスクなど対策をしながら感染した事例もある。会食などでマスクを外した場合は、ほぼ全員が感染してしまう。

 一方、肺の奥で増えるウイルスは少なく、重症化しにくい。ハムスターを使った実験でも、肺炎が起きにくいことが確認されている。

 ワクチンの効果について、英国の研究が報告されている。2回目接種の5か月後だと、オミクロン株の感染を防ぐ効果は5%を切るが、3回目接種の直後なら8割に高まる。入院率も9割近く下がるデータが出ており、重症化を防ぐ効果もある。

 予防策は従来と変わらず、会食などを控え、マスク着用や手洗いを励行することだ。過度に恐れたり、混乱したりせず、冷静に日頃の対策を徹底し、積極的にワクチン接種を受けてほしい。

0 コメント