熱中症

今年の気温は尋常では無いですね・・・って毎年言ってる気がしますが・・・

 

昨日、日本救急医学会が熱中症アラートを出しました。

重症度の分類は今まで軽症、中等症、重症の3段階だったのが、重症の中でもすぐに冷却しなければ命が危険である、最重症を追加しました。

そして、日中の不要不急の外出は控えてください・・とコロナの時のような言い回しで注意を喚起しました。

実際、7月に入ってから我がクリニックにも熱中症症状で来る方が後を絶ちません。

そしてその方々の多くが口をそろえて言うこと・・・「水分は結構摂ってましたけどね〜」

 

ヒトが普通に生きていく上で必要な水分量は1日2Lと言われています。

ご飯をちゃんと食べられれば半分程度は食事から摂取出来るので、毎日500mlのペットボトル2本を飲めば足りていることになります。

でも、ご高齢の方の多くが 「おしっこしたくなっちゃうから・・」 という理由で水分摂取量を控えています。

また高血圧をお持ちの方は医者から、「塩分を控えるように」 と言われるので、どんなに汗をかいても塩分を摂りたがりません。

 

ここ数日は気温35℃を超える日が続きました。

ヒトの体温調節って、外気との熱のやりとりで調節する部分が大きいので、外気が体温ほども暑いと調節も難しくなってしまうのです。

そうすると発汗で体表から水分が蒸発するときに冷えるのを利用するしか無くなってしまいます。

結果、脱水、塩分不足が起きます。

発汗は最大で1日10L以上することがあります。

そうなると12Lの水分摂取が必要になるのです。(もちろんナトリウム摂取も・・)

500mlのペットボトルを数本じゃ足りませんよね。

 

まずは暑い環境を避けることが第一です。

次に水分摂取。

 

皆さん、灼熱の夏はこれからです。

ご自愛くださいね・・・

 

0 コメント

東京都知事選挙に群がる馬〇ども

 

 

 

 

 

いつから日本はこんな〇鹿が横行する国になってしまったんだろう?

知事は心から東京都を良くしたい人になってほしいな。

ただ有名だからとかじゃなくて・・・

でも歴代都知事見ると、都民は有名人を選ぶ傾向にありますね・・

埼玉県や川越市はきちんと政策を語れる人を選びたいですね〜

 

 

0 コメント

6月10日

そうだ!

今日は6月10日ではないですか!

故 上原 勝さん(私の父です)の誕生日でした。

私は父が晩年(53歳)に出来た子供だったので、私が小学校に上がる頃にはすでに還暦・・・

周りの友人のおじいちゃんと近い年代でした。

私が一人っ子なもので、まあ、本の配達やら店番やらで毎日懸命に働いてましたね。

それでも小さな街の書籍店の売上げなんて日に3万円程度。

利益はその15%くらいなので毎日5000円無い程度です。

なので数千円の本を1冊万引きされると利益無し状態・・・

「定価の決まっている物を売るなんて儲からないわ」とよくぼやいてました。

 

にもかかわらず、息子である私は、お国が決めた保険診療という定価の中で生きる道を選んでしまっているのですが・・・

やっぱり息子&娘には、「国策として医療費削減してるんだから、うちは貧乏から抜け出せないよ」「医学だけは目指すな!」と言いきかせてきました。

おかげで息子はコンピューター関係の仕事に、娘はレジャー産業に就職しました。

 

そうかぁ、おやじの誕生日だわ。

もう40年くらい経過したら、息子や娘が9月4日に「ああ、ジュンちゃん(我が家では私のことをこう呼ばせています)の誕生日だわ」って思い出してくれるかな〜・・・

 

ん?40年後は私、まだ生きてるかもしれないぞ。

 

 

 

1 コメント

尿路感染症の発症リスク?

東北大学の赤石先生が以下のような研究論文を出されました。

 

40~59歳の中年女性においてUTI(下部尿路感染症)と排泄後の肛門部の拭き方との有意な関連が認められ、両足の間に前から手を入れて後ろから前に向かって拭く習慣を有する者で生涯UTIイベント数が有意に増加していた(P=0.0011、ANCOVA)。一方、40歳未満の女性では同様のイベント増加は認められず、長期にわたる排泄後の衛生習慣がUTI発症に影響する可能性が示唆された。

 以上の結果から、赤石氏は「UTI発症率は男性と比べて女性で有意に高く、女性の約半数が排泄後に両足の間に前から手を入れて後ろから前に向かって拭いていた。この拭き方は中年女性においてUTIの危険因子になる可能性があり、後ろに手を回して前から後ろに向かって拭く習慣に改めた方がよいだろう」と結論している。 また、研究の限界として「温水洗浄便座の使用については検討していない」と指摘。「温水洗浄便座のノズルはさまざまな細菌で汚染されていることが多く、UTIのリスクを高めると考えられている。今後の研究では温水洗浄便座の使用がUTI発症に及ぼす影響も加味すべき」と説明している。

膀胱炎や腎盂腎炎に罹りやすい方はご注意です。

本日は真面目な医学的話題でした・・・・

 

 

0 コメント

6月6日

6月6日は友人の命日です。

もう40+数年前に、今となってはつまらない理由で自ら人生を放棄してしまいました。

以来、毎年6月6日には酒を飲んで酔っ払いつつ彼を忍んできました。

もう60才を超えた院長には、彼の死の理由はつまらない事だったなぁとしか思えなくなっています。

でも20才前の彼には人生を賭けるような出来事だったのでしょう。

 

今の若い方は私たちの若い頃よりも多くのストレスの中で生きていかなければならないのだと思います。

でも、きっと生きていくうちに「ああ、つまんないことに悩んでたなぁ」と思える日が来ます。

中島みゆきの「時代」の歌詞どおりですね。(知らない人はwebで探してね)

 

生きることを諦めないで。

生きてて良かったなぁと思える日がきっと来ます。

 

なので院長は今年も6日は酔っ払います・・

 

0 コメント