入試不正???

私立大学医学部の入試の合否判定が不適切だと、文科省が次々と指摘しています。

全国81大学を対象に調査して10校が引っかかったそうです。
各大学は謝罪コメントを出しています。

さて、この一連の報道で一番の問題は何なのでしょう?
・合否判定が不正だった?
・女性軽視??
・多浪生軽視?
・医学界の闇???

どうも世間やマスコミ各社の論調を見ているとこの辺りを問題視しているようですが、根本に迫る報道は皆無です。


一番問題にして欲しい部分・・・
『なぜどの大学も男子を確保したがっているのか?』
『なぜ多浪生は避けられるのか?』
を検討していません。

 

おそらく入試成績だけで選別すれば、男子より女子の方が多くなるのは目に見えています。
女子が増えると医療界は若干困るのです。(私、院長は喜びますが・・)

女子が医学界から嫌われる理由の第一は継続性でしょう。
仕方ないことなのですが、生理周期に伴って仕事の効率が変化してしまう。

あるいは結婚退職、長期育児休暇・・・女性には仕事に打ち込むには多くの障壁があります。
もちろん環境を整えれば解決可能な部分もありますが、日本がそうなるにはまだ10年以上必要です。

 

多浪生が嫌われる理由は単に勉強しないから・・・もしくは努力が足りないから・・と見なされているせいでしょう。要領が悪そう・・というのもあるかも知れません。

 

ただでさえ医師数が不足している日本。
厚労省が発表している医師数というのは、『医師免許を所持している人の数』であり、『実働医の数』ではありません。
その中にはリタイヤした高齢の医師やママになって子育ての傍ら、週に1回だけどこかの病院でバイトしている女医さんも含まれています。
実働の医師数を長期にわたって増やすには、男性医師が必要なのです。

 

国は医療費を削減したくて仕方ありません。
そして医療費削減の決め手は、医師を減らす・・なのだそうです。
今回の騒動も、女子学生を増やして、将来の医師数を減少させるための方策の一つではないかとさえ思えてきます。
結果、医療を受けられない国民が増えることで、医療費は頭打ちになる・・という国策ですかね。

 

なんで医学界はそうなんだ???という疑問はあるでしょうが、そういう世界だから・・としか答えようがありません。
あまりに環境が特異すぎるので、一般社会の常識は通用しません。
だって国が統制してる世界ですから・・・無尽蔵に人がいる中でのお話とは違います。

プロ野球のドラフトと同じと考えると理解しやすいかも・・・

その中で少しでも良い環境を作るためには仕方ないのでしょう。

 

 

そもそも医師の労働環境をきちんと見直してれば、わざわざ男子に限らなくても良かったんです。

私が研修医時代から、『医師は労働基準法の範囲外だ』とよく言われてきました。

時間外労働も月200時間程度はこなしていました。

すべて人(医師数)がいないからです。

 

文科省や厚労省の政治家や役人達に言いたい。

『何を今更言ってやがんだ!

 

 

0 コメント

9月の北海道地震

9月に北海道胆振東部地震が発生しました。

マグニチュード6.7という大きな地震でした。

幸い、都市部には大きな被害が及びませんでしたが、多くの家屋が倒壊しました。

川越救急クリニックでは、救急救命士を1名現地に派遣し、むかわ町で3週間のボランティア活動を行ってきました。

 

お隣の厚真町はニュースで繰り返し報道されていたため、ボランティアも多く集まっていたようですが、むかわ町は大きな被害だった割には人が少ない状態だったようです。

写真は倒壊家屋と家の中が散乱した様子。

 

医療的なニーズはあまり無かったため、各家屋を巡り、片付けやゴミ出しなど、肉体労働だったようです。

 

日本という国に住んでいる以上、自然災害は避けることが出来ません。

忘れた頃にどこかで発生します。

『自分なんかが行っても何もできない』とか思わずに、一度行ってみてください。

たとえ今回力になれなくても、次の災害の時にはその経験や知識を生かせる可能性が高いのです。

 

私、院長も神戸の震災、東日本大震災と医療ボランティアに行きました。

そういう経験が次の時代を担う人達に、『行ってこい』と言える原動力なのです。

 

是非、皆さんも一度ボランティアに行ってください。

現場を見て実感するだけでも違います。(観光的に行かれると迷惑ですが・・・)

 

 

 

0 コメント

日本救急医学会で発表してきました

11月19日〜21日に横浜で日本救急医学会が開催されました。

国内の救急では一番権威のある学会で、全国から救急専門医が集まって来て、各種議題について議論をします。

 

今回は私、院長がランチョンセミナーと『地域包括ケアシステムの中の救急医の役割』というセッションで発表してきました。

 

ランチョンセミナーというのは、学会会場内で昼ご飯が食べれるように、各医療機器メーカーや製薬会社などの協賛各社が、それぞれ独自の話題とお弁当を提供するセミナーです。

聴衆は準備されたお弁当を食べながら、各社の依頼を受けたDr.がお話をするのです。

今回、私は、日本光電というモニターの会社の依頼で、モニターの未来像』というお題で

講演しました。

TOYOTAやmicrosoft社、さらには日本光電のライバルに当たる、PhilipsやDragerの方針なども紹介しつつAI 化の必要性を説明しました。

 

地域包括のセッションでは、かかりつけ医があるにもかかわらず、当院に搬送されてくる患者さんの背景を検証し、地域包括ケアシステムが機能していないことを示しました。

 

当院は医学会の中では、風が吹けば飛ばされるような小さな存在です。

機会あるたびに当院の活動をPRし続けて、皆さんから『あそこ頑張ってるなあ』と思わせなければ・・・と院長は考えているのです。

学会のたびに、診療日に影響が出てしまうことをお許しください。

 

2018年の学会もこれで終了です。

いよいよ年末に突入ですね・・・

 

インフルエンザが流行ってきました。

ご注意くださいね。

 

 

 

 

 

0 コメント

ワクチン行政の失政

HP表紙にも書きましたが、今年もインフルエンザワクチンの入荷が難渋しています。

夏過ぎに、厚労省は『今年は十分なワクチンを準備している』と発表したのですが、ふたを開ければ、何のことは無い・・・昨年同様、不足です。

 

インフルエンザワクチンは、ワンシーズンしか使えない(来年の流行予想株は今年のウィルスとは異なります)ので、製薬会社としてもできるだけ売り切りたいのでしょう。

今年の製造本数は昨年の出荷数をベースに決めているそうです。

覚えていますか?昨年は厚労省が一旦ウィルスの方を決定した後に変更したため、製造が遅れて、11月、12月には全く不足していました。

にもかかわらず、製薬会社はその不足した数をベースに今年の製造本数を決めたらしいので、今年も不足しています。

 

さて、現在国内で猛威を振るっている風疹。

WHO(世界保健機構)では、『妊婦が日本を訪問することは推奨しないとしています。

国内の妊婦さんは毎日、大変なリスクにさらされている状況です。

連日TVなどのマスコミが報道するので、風疹ワクチンの需要が沸騰しています。

そうなることは1ヶ月以上前からわかっていたはずなのに、行政は全く手を打っていなかったのかしら?

現在、風疹ワクチンは入手出来ません。

 

こういう現状に対して、もっと市民の皆さんが声を上げても良いのではないかと思いますが・・・

明らかに失政ですよ。。。

 

 

1 コメント

祝!!! ホークス2年連続日本一!

やった!

やりました!!

ソフトバンクホークス、パリーグでは2位だったけど、クライマックスで下克上!

そして日本シリーズで勝ちました!!!

 

おめでとう、ホークス!

おめでとう、工藤監督!!!

 

そして、11月5日月曜日に、工藤監督の背番号にちなんで・・先着81番の方まで。(友達同士、家族で、同僚と・・・1つの番号で2人までOK)

インフルエンザワクチン2500円/人で出します!

何時まで残ってるかは不明です。

お早めに・・・

 

1 コメント