恒例の本のご紹介

続きを読む

インフルエンザワクチン

やってきましたインフルエンザの季節。

すでに東京の一部ではインフルエンザが出ているとか・・・

そもそも医者は夏の発熱・咽頭痛・関節痛でもインフルエンザはまず疑いませんので、検査はなかなかしません。

もしかすると、「夏風邪」と言われていたのが実はインフルエンザだったのかも・・・??なんてことも。

 

さて、当院では恒例通り、10月1日からワクチン接種を開始する予定です。

価格も昨年同様に抑えようと思っています。

 

さらにプロ野球パリーグでは、ソフトバンクホークスが首位を走り始めました。

もし優勝すれば、今年もやりまっせ! 優勝セール!!(クリニックの院長以外の職員はみんな嫌がってるけど・・・)

さあ、みんなでホークスを応援しましょう!!

 

お盆

いよいよ今年もお盆期間になりました。

なぜか、お盆期間は医療機関もお休みのところが多いんです。

当院は休まず診療していますので、困ったらお越しください。

 

さて、お盆・・・日本では8世紀の頃から行われていた記載があるそうです。

8世紀というと、小学校で習った、「大化の改新」とか「平城京」が行われた時代ですね。

その頃から脈々と引き継がれている風習・・・なんだか素敵ですね。

こういう風習が時代の中で風化していかないように、後世に伝えるのも我々の役目なのだと思います。

 

新しいもの、グローバル化も良いけど・・・やっぱり日本人としての心は持ち続けたいですよね。

 

 

 

水被害

九州で記録的な豪雨により、水害が広がったニュースが記憶に残っています。

最近は東北から北海道あたりに大雨被害が移ったようです。

 

さて、一方で関東は逆に水不足で取水制限がかかっています。

このままでは夏の生活用水の確保も危機状態だそうです。

 

そういえば、東日本大震災後に、東電の発電量が不足した時、東北や中部辺りから送電線を経由して、電気を分けてもらう・・・という案が浮上していました。

あれ、水道ではできないのかしら?

 

調べてみましたが、水道管は全国でつながっているわけではなく、水の融通は難しいようで・・・

でも、これこそライフライン。

新幹線の高架の下とかに水道管をつなげておけば、融通可能になるんじゃ??

 

本当に必要?と思うような公共投資が多い中、「ああ、それいいね」と思えるようなものがあってもいいなあ・・・

とニュースをみながら考えてみました・・

 

 

7周年です

7月7日に我がクリニックは開業7周年を迎えました。

 

この間、いろいろなことがありましたが、まあ、無事に7年間続いたのは、皆様のおかげと感謝いたします。

 

最近、ちょっとクリニックが手狭に感じるようになってきたので、もう少し規模を広げようかと考えております。

現在、土地とか建物とか医療機器とか・・いろいろなことを画策中です。

またまた多額の借金しないといけないので、ローンの総額&返済期間、そして私の寿命と相談しつつ・・・

 

また8周年を迎えられるよう、職員一同頑張っていきたいと思います。

 

今後もよろしくお願いいたします。