10周年

この7月7日をもって、川越救急クリニックは開院10年を迎えます。

 

最初は不安の中で、0から手探りでの開業になりました。

医師会にも入れず、救急指定も受けられず、患者さんも2−3人/日でした。

10月になって、雑誌の取材があり、少し存在が認識されました。

その雑誌を見たTV局の方がやってきて報道していただき、大きな反響をいただきました。

同雑誌を見た木川先生が開業後4年目に来てくれて、360日/年の診療が可能になりました。

衆議院議員だった公明党の輿水恵一さんのご協力により、当院が念願の救急告示医療機関になれました。

救急車の受入が1600台/年の年もありました。

外来受診患者さんは15000人/年来院されました。

救急車を購入し(ヤフオクで・・)、救急救命士を雇いました。

毎年、救急医学会や臨床救急医学会で演題を発表してきました。

全国から医師、看護師、救急救命士ほか、各職種の方々が見学に来られ、中には当院同様の救急クリニックを開業した方もいらっしゃいます。

全国の一般の方々から沢山の応援のお手紙や各地の特産物、手作りの物などをいただきました。

 

本当に皆様には感謝、感謝の10年間でした。

 

そして10年目、コロナが流行しました。

帰国者接触者外来としてPCR検査を始めました。

再度、医師会入会を申請しました。

クリニック移転計画を画策しています。

 

さて、これからどんな未来が待ち受けているんだろう?

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ミュウママ (火曜日, 23 6月 2020 07:31)

    ずいぶん前に テレビで初めてクリニックと先生のこと 知りました。
    まだおひとりで診察されていた頃でした。
    おひとりで夜間の診察 患者さんを断らないということに とても驚いたし 感動もしました。
    我が家の近くにも そういう先生がいたらなぁ・・・・・と思ったものです。
    それからも何度かテレビで拝見しました。
    スタッフさんが増えたようで 先生も少し楽に動けるように なったでしょうか。

    10年目に 予想もしなかった コロナという厄介者? が現れて 大変な日々だと思いますが。
    先生ご自身もお体に気をつけて。
    これからも頑張ってくださいね。

    あ。救急車 ヤフオクで買えちゃうんですね?
    それにもちょっと 驚き(笑)