そろそろ熱中症にご注意を・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年ニュースになる熱中症・・・じつは5月あたりから発生してるのです。

特に6月の梅雨の時期に、患者数が急増してきます。

もちろん7月の梅雨明けから激増するのですが・・・

 

熱中症は環境温はもちろんですが、湿度にも大きく左右されると言われています。

湿度の高い時に運動をしたりすると、気温はそれほど高くなくても熱中症症状を来すことはあるのです。

 

熱中症のベースには脱水症状があります。

ひとの体温コントロール、特に体温を下げるためには

皮膚の発汗が非常に重要です。

ところが脱水症状が出てくると、汗をかくことが難しくなり、体温が上昇してきます。

息が荒くなり、頭がぼーっとして、ふらふらしてきます。

また、筋肉や皮膚の血流が減るため、筋肉の痙攣(いわゆる『つる』という状態)が起こります。

 

さらに悪化すれば意識を失ったり、重要臓器の障害が発生してきます。

 

高温環境や高湿度で過ごす場合は、できるだけ頻繁に水分摂取をすることが必要です。

また、水分だけで無く、適度な塩分もとった方が良いでしょう。

経口補水液などが適しています。

少しでも体調がおかしかったら、早めに涼しい日陰などで休みましょう。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    きー (金曜日, 25 5月 2018 11:39)

    先日、熱中症で運ばれた方の数が新聞に載っていて驚きました。
    そこまで暑くないのに、と。
    でも暑い方が水分補給に気をつけるし、寒ければ温かいもの飲むしで、季節の変わり目が1番気を抜くタイミングなのかもしれないですね。
    わたしは水分が足りていないと、頭痛になり、水分を取ると楽になります。
    これもやはり脱水症状の1つなのですかね。
    気をつけていきたいところです。