大雪

数年ぶりの大雪が関東に降りました。

その影響で公共交通機関が麻痺・・・弱いですね都会は。

 

私も茨城の病院に行くのに、圏央道が通行止め・・・下道でも通常なら2時間で行ける距離なのに、圏央道を走れないトラックなどがすべて下道に降りてきている・・・

しかも渋滞の中には、ノーマルタイヤで立ち往生しそうな車がノロノロ、ノロノロ・・・

結局、先方の病院に着いたのは4時間後でした。

 

雪で怪我をする方が非常に多くなっています。

川越をはじめとして、埼玉県全域で病院のベッドが満床になっています。

特に整形外科。。。どこも受入困難な状況になっています。

救急搬送も外傷系は大変なようです。

みなさん、雪が降った日より、その後の数日間の路面凍結の方が怪我につながりやすいので、十分注意してください。

そして、もし動けるようなら、救急車ではなくご自分で病院へ。

その方が診てくれる病院は多いはずです。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    きー (月曜日, 29 1月 2018 21:56)

    関東での雪は大変だったみたいですね。
    こちらは北海道なので、日常となっていて、雪が降るだけではほとんど交通の混乱もなく、こけても小さい頃から鍛えられているのか、受け身ができて怪我することもなく。
    交通が混乱していると、自分の車が、救急車がスタッドレスであってもほとんど意味を成しませんね…。
    関東の雪は水分が多くて余計滑りやすそうなので、気をつけないといけないですね。

  • #2

    のりちゃん (土曜日, 10 2月 2018 08:21)

    初めまして。先生のことと病院のことは かなり前にテレビで見て知ってしました。その後もテレビで取り上げられる度 欠かさず見ております。患者にとってはとてもとてもありがたい存在だと 心から思っています。
    昨日私はとある病院に行きました。 セカンド的な感じて訪れたその病院のドクターに とてつもない言葉の数々を受けました。世間でいうところのドクハラってやつなんでしょうか。心に大きく傷が残り 気持ちもへし折れました。身体の不調で訪れましたけど 心の病も発症しちゃうよ な予想外のおまけをもらって帰宅しました。悲しい気分になったら ふと頭の中に先生のことが浮かびまして HPあるのかな?って検索して このブログにたどり着きました。初めて訪れて愚痴ってごめんなさい です。
    以前テレビで先生が「これは救急ではないって患者さんも多いのでしょ?」というインタビューに「患者さんが救急だと思ったら 救急なんですよ」って言ったことが忘れられません。我が家の近くにも先生のような方がいてくれたらいいのにって 心の底から思います。
    大きな機材を病院に入れたいから 休日は他の病院でお仕事されてるとか。
    日ごろも十分睡眠も取れないでしょう。ご自分のお体も大切にしてくださいね。
    ブログは読み続けます。またおじゃまさせてください。