院長(上原 淳 うえはら じゅん)

院長 2010.10
院長 2010.10

夜間の発熱、急なめまい、鼻血、子供が怪我をした、やけどをした、交通事故・・・病気や怪我は昼夜関係なく襲ってきます。

 

現在、埼玉県は日本国内で最も医師の数が少ない県です(対人口10万人比)。

最近、マスコミでも取り上げられて有名になってきましたが、夜間の突然の病気や怪我に対応してくれる医療機関も、かなり限られており、「救急患者の受け入れ」も埼玉県は全国で1、2を争うほど悪い県なのです。

 

私はこの医療過疎の埼玉県で、県民の皆様の夜間の安心を健康面からサポートしたい。そんな思いでこの「川越救急クリニック」を立ち上げました。

 

9月から当院の趣旨に賛同してくれた、木川先生が加わり、ようやく365日体制が確立できる様になりました。

今後も皆様のニーズに合致するような医療体制を確立して行きたいと考えております。

 

夜間、突然体調が悪くなったら・・・・川越救急クリニックを思い出してくださいね!

 


木川 英(きがわ あきら)

 赴任して4年が過ぎました。

 あっという間にここまで来ました。

 川越地区の救急医療は改善した!と言える段階まで来ました。

 当院のスタッフも徐々に拡充中です。

 2017年も「川越救急クリニック」の動向に注目して下さいね。

 

【宣伝】

 今年も木川英の「救急クリニック24時」も日経メディカルOnline上で連載していきます(下記のURL)。

 会員登録が必要(医療従事者じゃなくても大丈夫のようです)なのですが、是非閲覧していただき、感想や批判をいただければ幸いに存じます。
 月に1回くらいのペースで更新しますので、よろしくお願い申し上げます。

 http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/series/kigawa/


籾山 直子(もみやま なおこ)

耳鼻咽喉科領域のスペシャリスト

丁寧な医療を実行し、かつ環境保全に尽力する若き力

未来を担う川越救急クリニックの宝です。

 

(木川記載)